大人がときめく幸せハワイ

ハワイ旅行に持っていくと便利なものはコレ!おすすめの持ち物をご紹介

便利な持ち物

ハワイ旅行では大抵のものが現地で調達はできますが、これは日本から持っていく方が便利!という持ち物をピックアップしました。

「普通持っていかないでしょうー」という以外なものが重宝したり、実際に便利だと感じた持ち物をご紹介します。

その他のハワイ旅行の持ち物チェックリストはこちらの記事を参照下さいね。
ハワイ旅行の持ち物チェックリスト[女子バッグ別のPDF版ダウンロード付]

持ち物で便利だったもの

スマートフォン

スマートフォン

お持ちの方はみなさん持っていくと思われますが、一番便利なものと言えばやっぱりスマートフォン!

インスタなどSNSにアップするためとスマホを写メだけで使うのはもったいないです。

通話やメールは使わないとしても、アプリが便利です。

・お店や道路や現地のことを何でもすぐに調べられる。
・お店予約アプリが使える。電話無しにアプリからレストランが予約できます。
Open Table
・Google Mapがナビ代わりに使える。今、自分がどこにいてどう動いているかわかります。レンタカーでナビが無い場合などにも活躍します。
Google Map

とくにGoogleMapは便利!迷子になったときにすぐに自分の位置が把握でき、どっちに向かって歩いているのかも確認できるナビ代わりです。

晴れている日は太陽の位置で、海が見えるなら海の位置で、自分の位置が把握できますが、曇の日の街中だと、見知らぬ土地では方向感覚ゼロに。

初めてのハワイ旅行の時は、私はガラケーだったので、一緒に行った友達のスマホが大活躍して、なんて便利なんだろう!って感動しました。

ハワイでは無料Wi-Fiの場所も多いですが、いつでもどこでも使うには現地用のWi-Fiルーターのレンタルをオススメします。1台あれば数台で共有できます。

おすすめな理由はこちらの記事を参照下さいね。
ハワイ旅行にWi-Fiルーターのレンタルは必要?無料Wi-Fiではダメ?

お茶のもと(粉末タイプか麦茶のパックみたいなタイプ)

粉末のお茶

メイドインジャパンのお茶はABCストアーやスーパーマーケットにも置いてますが、日本の値段と比べると高いこと高いこと!

日本のお茶をわざわざハワイ価格で買う気になれなくて。

ハワイでミネラルウォーターはとても安いので、それを買って、ペットボトルの中に粉末茶を入れてシェイクすれば、お茶の出来上がりです。

粉末茶なら荷物にもならずに、安心して飲めるので便利です。

「Green TEA」と書いてある現地のお茶缶もあります。

green tea

缶には「Green TEA」と書いてありますが、味は「午後の紅茶」だ。甘いのです。

緑茶に蜂蜜やジンジャーやいろんなものが入っており、色もグリーンではなくて茶色。なぜ「Green TEA」なのか?

現地では人気の飲み物だそうですが、日本のお茶とは別物です。

ジプロックみたいな密封ビニール袋

機内で使うもの

↑ 機内で使うネッククッションや靴下などをジプロックに入れて圧縮してます。

機内でバッグからスリッパどこだ?靴下どこだ?とごそごそと探さなくても、この袋1つを出せばOKです。

このように日本からパッキングの時にも使いますが、お土産にシャンプーやリンス、液体調味料を買ったときにたまに漏れることがあるのでジプロックに入れたり、スーツケース中が香りに包まれてしまうような香りの強い石鹸を入れたり、食品を日本に持ち帰るときにも使っています。

ジャム

パン

その他にも、濡れた折りたたみ傘をジプロックの中に入れれば、バッグの中に入れて持ち歩けるなど、5,6枚予備に持っていくとなにかと重宝しますので、オススメです。

ジプロック
箱ごと持っていきます。

ハワイ現地でもジプロックは種類が豊富で購入できますが、日本の100均で購入したもので十分でないかと思います。

コーヒー軽量スプーンとペーパーフィルター

コーヒーフィルターとスプーン

ほとんどのホテルにはコーヒーメーカーがあります。そして、人数分の1回ごとにパックされているコーヒーパックもある。

だけど、もっとコーヒーが飲みたい!

ハワイには美味しいコーヒーがたくさん売られているのに、現地で好きに飲めないのは勿体ないですよね。

そこで、ペーパーフィルターとコーヒー豆軽量スプーンを日本から持って行き、コーヒーは現地で購入。

こうすればいつでもお部屋で美味しいコーヒーが飲めます。

ペーパーフィルターのサイズは大きめの方がいいと思います(大は小を兼ねる)。

ささやかなことですが、普通のスプーンで代用せずに、このコーヒー軽量スプーンをもっていくことで量が明確にわかるのでとっても便利。100均でも売ってますね。

タッパ(密封容器)

用意周到

現地でお土産に、コロンなど割れ物や壊れ物を買った時に、このタッパに入れて持ち帰ります。

貝殻を買ったときにどうやって持って帰ろうかと思いつきました。

現地で山の中のトレッキングなどをする場合、サンドイッチやハンバーガーをお店で買ってもっていくのですが、このタッパの中に入れれば、汁がこぼれることも、ぺっちゃんこにつぶれることもなく、お弁当箱代わりに持ち歩くことができます。

クッキーやせんべいなど割れ物お菓子を入れて持ち歩いてもOKです。

私は日本からは、タッパの中にコーヒーフィルターとコーヒー計量スプーンを入れて持っていきます。

仕分けケース

仕分けケース

スーツケースの中で物がごちゃごちゃにならないように、仕分けケースに入れて持っていく人も多いことと思います。

それプラス、帰りにお土産を入れる分の仕分けケースを持っていくと、帰りのパッキングがとても楽です。

お土産

チョコレートやコーヒーなど現地で買ったお菓子類のお土産って、とかくスーツケースの中でごちゃごちゃとちらかりがちですが、仕分けケースにいれると、とってもコンパクトにまとまる。

当たり前といえば当たり前ですが、余分に数枚仕分けケースをもっていくと使えますよ。

浮き輪

浮き輪

浮き輪は現地調達できますが、メイドインジャパンの浮き輪製品は素材からすばらしいです!ちょっとやそっとのことでは破けない。

空気を抜いてぺったんこにすれば、荷物としてはまったくかさばらないし。

浮き輪を膨らませての穴の上に座ってプッカプッカ海に浮かんでハワイの景色を眺めるとなんとも幸せな気持になりますよー。

日本で浮き輪など一度も使ったことありませんが、ハワイには持っていきます。

レインコート

ハワイ島、カウアイ島など、山の中を歩く時は手があくことが基本なのでレインコートは必需品。

1日のうちに1回は雨が降る地域が多いので、私はいつも持ち歩きます。

ワイキキなど街の場合はレインコートはいりませんが、山の中で濡れるのを防ぐにはレインコートしかありません。リュックが背負えるタイプのものを購入しました。

オプショナルツアーに参加すると、レインコートは貸してもらえますが、お手入れが行き届いていないことがあり、ビニールの匂いと湿った匂いがきつくて、私はダメでした。

それ以来、マイレインコートを持ち歩くことにしています。

ホテル(キッチンが無い)の場合

使い捨てのスプーンとフォークと箸と紙皿

スプーン、フォーク、箸

明日の朝食にはヨーグルトを食べようと部屋の冷蔵庫に入れておき、朝、ヨーグルトを食べる時、スプーンが無いことに気づく・・・オーマイガー!!日本でヨーグルトを買うと「スプーンはおつけしますか?」って店員さんが聞いても聞かなくてもついてるけど、ハワイでは自分で持ち物として用意しなくちゃ。

使い捨てスプーンとフォーク

ABCストアーやスーパーでもスプーン、フォーク、ナイフセットはアウトドアー用っぽいものが購入できますが、なんせ量が多い。上の写真の袋に数本入っているのが、まさしく2年前にABCストアーで買ったもので、買った時はそれぞれ24本ずつ入ってました。何度もハワイ旅行に持っていって残り数本になりました。

ハワイの食べ物は箸で食べられるものも多いので、箸も持っていくと便利です。フォークとスプーンはおいてあっても、箸は売っていないお店もあるので日本から持っていきましょう。

紙皿

紙皿もパンをのせたり、ちょっと取り分けるのにあると便利です。ハワイの食べ物って1つが大きいので、1つを分けて食べること多いです。

コンドミニアム(キッチン付)の場合

コンドミニアムの場合は、キッチンにキッチン用品から食器まで、我が家よりもあるのではないかというほど揃っています。持ち物としては下記の通り。

そうめんなど麺類

乾麺です。

調味料

しょうゆ、塩・さとう、ステーキソース、そばつゆ、お茶漬けの素

調理器具類

包丁(ハワイの包丁は切れない)、ザル(ハワイのザルは目が荒くてそうめんがザルの目からスルスルと)、はし、しゃもじ、おたま、カン切り

その他雑貨

ジップロック、輪ゴム、サランラップ、薄いビニール袋、セロテープ、ホチキス、ハサミ、小さい定規

ローソク

何回か停電に見舞われた

少し長めのコンドミニアム滞在なら、さらに・・・

衣類洗剤系

洗濯ネットも

食器洗い用のスポンジなど

食洗機だけで大丈夫な人はいらない

注意点

食品の持ち込み

ちなみにハワイに持ち込んだ食べ物は、全部入国時の税関申告書に書きます。
米、味噌、梅干し、海苔なども書いて持ち込めば大丈夫。
但し、牛・豚系のエキスが入っているソースやカレー粉みたいなものは持ち込み禁止されていますのでNGです。

申告書の記入はこちらの記事を参照

包丁をどうやって持っていく?

包丁は普通にキッチンペーパー巻いて、スーパーのビニール袋に入れ、スーツケースの背側に貼り付けるみたいにして持っていきます。

番外編

折り紙

一時、日本の折り紙が海外では喜ばれると聞いたので、それ以来、折り紙とチップと一緒にお部屋においてます。ベッドメインキングの方に「日本人はみんなこうするー!」って今では捨てられちゃうかもしれないけどね。
子供の頃にあんなに折り紙で遊んだのに、今や「鶴」しか折り方を覚えていない。こんなに記憶ってどこかに飛んでしまうんだと驚くくらい忘れており、「最初三角に折る?」「あれ四角から?」と、ネットで折り方を調べながら、「やっこさん」「かぶと」「手裏剣」など折っています。

友達同士、どこかにとんでいった記憶をたぐりよせながらの折り紙大会も楽しいものです。
「こりゃなんだー?」ってものがたまに出来上がる。

折り紙