ハワイ旅行の準備

ハワイ旅行にWi-Fiルーターのレンタルは必要?無料Wi-Fiではダメ?

ハワイ旅行にWi-Fiルーターはレンタルして持っていった方がいいか、それとも無料Wi-Fiで間に合うかと迷う人もいるのではないでしょうか?

ハワイ旅行にWiFiルーターがあれば、どこにいても、Instagram投稿、LINEで連絡をとりあったり、バスやトロリーの時刻表、お天気アプリや、GoogleMapが使えて、ハワイ旅行が快適になることは間違い無し

旅行会社やオプショナルツアー会社でレンタルを勧められるケースもあるでしょう。

一方「ハワイではホテルやカフェなどで無料Wi-Fiが使える場所が多いから、わざわざWi-Fiルーターをレンタルする必要は無いよ。」という意見もあります。

ハワイ島などネイバーアイランドは、ワイキキとはWiFi事情も違いますよね。

ハワイの無料Wi-Fi事情についてご紹介します。

誰でも無料で使えるWi-Fiは便利ですが、そうとも言えない面もあります

今回のあなたのハワイ旅行にWi-Fiをレンタルするべきかどうか判断の参考にして下さいね。

ハワイの無料Wi-Fi状況

free wifi

たくさんの観光客が訪れるハワイでは、ワイキキ周辺には無料で使えるWiFiスポット(フリー・ワイファイ)は以下のような場所にあります。

  • ショッピングセンター
  • カフェやレストラン
  • 観光用トロリー内
  • ホテル
  • 空港
  • ハワイ州観光局のフリーWiFi(主な道路)

ワイキキの街中で利用できて便利です。

その他に、航空会社やクレジットカード会社の専用ラウンジにも、無料Wi-Fiのサービスがあり、会員は利用できます。

free-wifi

これだけいたるところに無料Wi-Fiがあるならば、わざわざWi-Fiルータを用意する必要ないのでは?と思うことでしょう。

しかし、無料WiFiでは混雑する時間帯など人が集まってアクセスが集中すると、通信速度が遅くなったり、なかなかつながらない、つながっても突然切断されたりと接続が不安定になります。

Wi-Fiスポットによっては、1時間以内だけは無料でそれ以降は有料など、時間制限が設けられている場合もあります。

この他にも無料Wi-Fiのデメリットや注意点がありますので、見ていきましょう。

その無料Wi-Fi接続して大丈夫?セキュリティについて

スマホのセキュリティ

「ここ無料Wi-Fiがつながる!」と安易に接続していませんか?

無料Wi-Fiは安全な回線であるという保証はありません。

誰でもWi-Fiスポットを作ることはできるので、悪意がある人がそこのネットワーク名にとてもよく似た偽SSIDを作り、間違えて接続させることだって可能。

スマートフォンのネットワークの選択画面に、正式なフリーWi-Fiに並んでよく似た名前で偽物のフリーWi-Fiが表示したり、どれが正式なのか偽物なのかを見極めるのが難しかったりするのです。

Wi-Fi接続時は提供されているSSIDかどうか必ずチェックしましょう。

提供元が不明な悪意のあるWi-Fiスポットに接続してしまうと、データを盗み取られたり、ウィルスに感染させられることもあります。

無料Wi-Fiは誰でも利用できる回線なので、クレジットカード情報やSNSにログインするためのパスワードなど、セキュリティにかかわる情報を入力することはやめた方が懸命です。

ネットワーク・セキュリティ

また、鍵マークがついているスポットであっても、悪意があれば無線区間の先で情報をのぞきみすることが可能!

鍵マークがあれば安心と判断するのは危険です。

自動接続にしてしまうと、悪意のあるWi-Fiに自動的に接続し続けてしまう可能性があるので、面倒でもできるだけ手動で接続をしたほうがいいです。

悪意のある人はネットのセキュリティに無防備な人を狙ってます。

無料Wi-Fiで注意すること

無料Wi-Fiではリスクがあることを前提に使いましょう。
・クレジットカードは使わない
・SNSのIDやパスワードを入力しない
・自動接続にしない

無料Wi-Fiだけにたよるデメリット

カフェでスマホ

無料Wi-Fiへの接続方法

無料WiFiに接続するには、SSIDとパスワードが必要になりますが、それらは建物内ならば壁のステッカー、カフェやレストランならテーブルにWiFiの案内が。

ホテルではチェックインの時にフロントでスタッフから説明があるか、お部屋に案内があります。(WiFi利用が有料のホテルもあり)

無料Wi-Fiへの接続は、該当のSSIDを見つけて手動で接続するのがちょっと面倒ですよね。

毎回手動で接続するのが面倒だからと、自動接続にしてしまうのは危険!

その都度手動で接続するのが面倒だなぁ。

自動接続にしてしまうと、万が一悪意のある無料Wi-Fiだったりしたら、エリアに入っただけで自動で接続にいってしまいます。

面倒でも、手動で無料Wi-Fiには接続しましょう。

無料Wi-Fiが利用できない地域

ハワイ島のコハラ

オアフ島の中でもワイキキから離れた地域や、ネイバーアイランド(離島)には、建物が集中しているところが少ないので、WiFiスポット自体を見つけることは難しいです。

ワイキキ以外では、限られたところにしか無料Wi-Fiスポットはありません

ネイバーアイランド(離島)に行くなら、Wi-Fiルーターをレンタルすることをおすすめします。

ホテルの無料Wi-Fiをオススメできない理由

ヒルトンホテル

ほとんどのホテルがリゾートフィーの中にWi-Fi利用が含まれているので、Wi-Fiが無料で使えますが、ホテルによっては有料な場合もあります。

ホテル内にいるときしかネットは使わないので、ホテルで使えるならそれだけでいいという選択もありですが、個人的にはホテルの無料Wi-Fiに期待し過ぎない方がいいと思います。

それは、下記のような経験からです。

ホテルの無料Wi-Fiのデメリット
  • ホテルによって無料WiFiの精度(速度、つながりやすさ)に差がある。
  • 無料Wi-Fiはホテルのロビーなど公共の場のみで部屋は有料ということも。
  • 多くの人が同時にWi-Fiに接続するために、回線速度が遅くなる時も。
  • 接続するまでに操作が複雑なことも。(英語の画面からパスワードを入れて何画面もクリアしてやっと接続など)

つまり、パーフェクトにWi-Fi環境が整ったホテルもあれば、とても使えないWi-Fi環境のホテルもあるからです。

決して安いホテルではなかったのですが、接続がめちゃくちゃ遅かったり、なかなかつながらない、接続しても不安定ですぐに切断されてしまうなど、これではとても使い物にならないというホテルもありました。

ホテルで無料でWi-Fiが利用できるとしても、Wi-Fiの当たり外れがあるので、安定していつでも繋がる回線としてWi-Fiルーターを持参してます

非常時にネット活用ができない

台風の影響で予定していた帰国のフライトが遅延になったことがありました。

飛行機が飛ぶのか飛ばないのか、航空会社からはメールで連絡がくるので、こういう時にいつでもネットにつながっていれば、どこにいても連絡をすぐに受け取ることができます。

このときは、WiFiをレンタルしていて良かったと心から感じました。

レンタルWi-Fiが必要な人、要らない人

ハワイで仕事

ハワイの無料Wi-Fi事情と無料Wi-Fiのリスクについてお話してきました。

Wi-Fiルーターをおすすめする人

いつでもどこでもネットに接続したいならば、具体的には外出時にGoogleMapなどのアプリ、SNS、周辺のお店などを調べたいならば、Wi-Fiルーターは持っていくことをおすすめします。

ワイキキから離れる、ネイバーアイランドへ行く場合は、無料Wi-Fiスポットは激減するのでWi-Fiルーターをおすすめします。

Wi-Fiルーターをおすすめする人
  • いつでもどこでもスマートフォンを使いたい
  • ワイキキ以外のエリアへ行く人
  • ネイバーアイランド(離島)へ行く人
  • 少しでも安全にネットに接続したい人

私が毎回レンタルするおすすめWi-Fiルーター

Wi-Fiルーターのメリット

ビーチでスマホを使う女性

レンタルするかしないか迷っているならば、Wi-Fiルーターをレンタルした方がより快適なハワイ旅行になるのでレンタルをおすすめします。

「やっぱり借りといて良かった」と思う場面のほうがきっと多いはず。

Wi-Fiルーターをレンタルするメリット
  • 複数人で1台を共有できる(人数分必要ない)
  • 海外パケットよりも安価
  • 高速通信ができる(とくに動画再生ではストレスフリーで快適!)
  • ハワイ諸島のほとんどの主要エリアでつながる
  • 最初に一度だけ、スマホとWi-Fiをつなげるだけでその他設定不要(初心者でも簡単設定)

私は友人とハワイ旅行するときはWi-Fiルーターを1台レンタルして、共有し、代金は割り勘にしています。

Wi-Fiルーターいらない人

一方、外出時はネットをまったく利用しないなら、ホテルのWi-Fiで間に合うでしょう。

Wi-Fiルーターをレンタルしなくてもいい人

普段からスマホのヘビーユーザーではない
使える場所は限られてもその範囲で使う程度でOK
朝と夜だけホテルでしかネットは使わなくても大丈夫そう

Wi-Fi無しでスマホをそのまま使うとどうなるの?

スマホ画面

ハワイでもそのままスマホが使えるならば、わざわざルーターを持っていかなくてもいいですよね。

海外でのスマホの通信費

ハワイでも、無料Wi-Fiがなくてもスマホがそのまま日本にいるときのようにインターネットに接続はできます。

各キャリア(DoCoMo、au、SoftBankなど)が提携している現地の携帯会社の回線を借りて、通信できるようにするローミング通信機能があるからです。

ただし、データローミング通信は契約プランが適用されず従量制課金。

その分だけ利用料金がかかることを忘れてはいけません。

日本と同じ感覚で使ってしまうと、料金はあっという間に膨れ上がり高額使用料金を請求されることに。

「パケット定額」を利用している場合は、すぐにネット接続に制限がかかって思うように使えなくなってしまうでしょう。

高額のスマホ利用料金の請求が!

息子のスマホ利用料の請求金額がある月に2万円を越えていたので、携帯会社で明細を調べてもらったところ、6日間のハワイ旅行中に通信料が異常にかかっていることが発覚!これはやってしまったな~。

おそらく、ハワイで無料Wi-Fiに接続できないところで、自動的にパケット通信で接続してしまったと思われます。

本人は接続しているつもりはなくても、アプリがヴァージョンアップのため自動的に接続し、ダウンロードまでしている可能性もあるので、これは注意が必要です。スマホは知らないうちにデータ通信を実行してます。

そこで、自動接続を防ぐためにも、スマホは「機内モード」にしておくと安心です。

機内モードに!

機内モード

「機内モード」とはスマートフォンが電波を発しないように通信を遮断する機能。

機内モードにしてもWi-Fiは使えます。

通常の電話の発着信、SMSは電波を発するので使えませんが、機内モードでWi-Fiが利用できれば、メール、SNS、Youtube、LINEも利用可能です。

海外パケットサービスは?

ビーチでスマホ

各携帯電話会社には海外でスマホを利用するための「海外パケットサービス」があります。

ソフトバンクの「アメリカ放題」

「データローミング」をオンにするだけなので、ソフトバンクを利用していれば、そのままスマートフォンで日本と同じように使えます。

これは使えそうですが、ハワイでのつながり具合や速度については不明。

ドコモの「海外パケ・ホーダイ」

「1日2,980円で使い放題」の海外パケット定額サービス。

4日間滞在したら約1万円!海外滞在期間が長くなると料金がかさんんでしまいますよね。

それならば、Wi-Fiルーターをレンタルした方が安いです。

auの「 世界データ定額」

事前予約が「ある・なし」で利用料金が異なり、「ない」場合980/日。

音声通話、SMS(Cメール)/国際SMSは別途料金がかかります。

プリペイドSIMカード 

SIMカードは比較的安いし、自分のスマホがそのまま利用できるメリットはあります。

AmazonなどでプリペイドSIMカードは購入できますが、スマホの機種によって設定が異なり、まずSIMフリーの端末か?自分のスマホで利用できるSIMか?など設定にはある程度の知識が必要です。

SIMロット解除、現地でSIMの周波数帯に自分のスマホが適合しているか、カバーエリアーはどうかなど、用意したSIMが使えずに、現地で買ったという友達もいました。

SIMに関する専門知識に自信がない人は、やめておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ

ハワイのWi-Fi事情や無料Wi-Fiのデメリット、海外パケットサービス vs Wi-Fiレンタルと比較してきましたが、ハワイ旅行でスマホをちょっとでも活用するならばWi-Fiルーターのレンタルをおすすめします

無料Wi-Fiの手間とリスクを考えても、Wi-Fiルーターをレンタルするほうに軍配があがるでしょう。

いつでもどこでもネットに接続できるのは、なんといっても便利!

私は日本では外出中はあまりスマホは利用しませんが、ハワイ旅行中はGoogleMap、トロリーの運行アプリ、お天気レーダーアプリと、めちゃくちゃ頻繁に利用し、いまやWi-Fiルーター無しは考えられません。

私が毎度レンタルするWi-Fiルーター「アロハデータ」なら、1日690円からのプランや「早割」もあり、ハワイ旅行が決まったら即手配がお得ですよ。

あなたのハワイ旅行の中でスマホをどのように活用するかご検討くださいね。

楽しいハワイ旅を!