ハワイでのルールとマナーを確認!お酒・たばこ・交通ルール・観光での注意点は?

ダイアモンドヘッド頂上からの景色

ハワイには、日本では馴染みのないルールや法律がたくさんあります。

日本では何気ない行動でも、ハワイでは、罪にとわれて罰金になることも。

「知らなかった」からトラブルにつながらないように、お酒、たばこ、交通規則等、ハワイのマナーやルールをまとめましたので、旅行前に、チェックしておきましょう。

スポンサーリンク

チップについて覚えておこう

クレジットカード画面

チップは何かサービスを受けたときに対するお礼で、れっきとした給料の一部。プラスαのお小遣いではありません。

日本にはチップの習慣がないので、この風習に慣れるまでは、悪気なしにチップを渡すことを忘れてしまいがち。

とはいえ、チップは絶対に渡さないとならないか、というとそうではなく、サービスに対する報酬なので、あまりにもサービスがお粗末なときは、チップを渡さなくても罰せられることはありません。

すごくいいサービスをしてくれたときは、チップを多めに渡したりと、サービスをうけて感謝の気持ちをお金で表したようなもの

どういうときにチップを渡したらいいかというと、

・部屋のタオルを交換、ベッドメイキング、掃除してもらった
・スーツケースを部屋まで運んでもらった
・タクシーを運転して荷物をトランクに入れてもらった
・観光ガイドをしてもらった
・料理のオーダーをとってテーブルに運んでもらった

など、自分の代わりに人に動いてもらったら、お礼にチップを渡すという感じですね。

チップを渡す相手が日本人の場合でも、チップは必要ですよ。

チップ用に1ドル札、5ドル札は多めに準備しておきましょう。

クレジットカードでチップを払うには?
ハワイでチップの払い方と相場や金額は?
チップ制度は日本にはない習慣なので、「この場合ってチップは要るの?要らないの?」と迷うこともたびたび。 悪気はまっ...

飲食店向けのレジでは、カード支払いの時にチップを選ぶ画面が表示されることがほとんど。フードコートや、トラックの屋台の店、飲食店で食事はせずにグッズだけ買うなどの場合はチップは不要ですので、チップは0%を選んでOK

詳しくはこちら
チップ不要のフードコートでチップをとられた?!カード支払いには要注意
フードコートでクレジットカードで支払ったときにチップをとられたという経験はありませんか?この記事ではフードコートでチップを払うことになってしまった理由とその仕組について解説しています。チップ不要の飲食店でカード払いをする人は必見。
スポンサーリンク

お酒のルール

ハワイのビール

飲酒に関する法律は日本とは違いますので、知っておかないと、違反して罰金になりかねません。しっかりと確認しておきましょう。

飲酒ができる年齢

ハワイ州で飲酒が許可されている年齢は21歳以上。日本と1歳違います。

お酒を買う時やお店で注文する時に、明らかに21歳以上という場合を除き、年齢が疑わしい場合は、写真付き身分証明書(パスポート)の提示を求められることがあります。

飲酒できない場所

ビーチでビールは飲めません!

ハワイでは、お酒を飲んではいけない場所が決まっています。ここはしっかりとおさえておきましょう。

  • 公園、ビーチ、路上など公共の場での禁酒は禁止。
  • ショッピングセンター、スーパーマーケット、ホテルなどでも、お酒の提供が許されているレストランやバー以外の場所でお酒を飲むことはできません。
  • フタの開いたアルコールを持ち歩くことも禁止.袋に入れて持ち歩く
  • 日本同様、飲酒運転禁止!同乗者も乗車中は飲酒が禁止なので、フタが空いたお酒は車内におかないように。

スーパーで買ったお酒を飲みたいなら、ホテルのお部屋で飲みましょう。

海を見ながらお酒を飲みたいなら、オーシャンフロントの部屋に宿泊するか、海の見えるレストランで飲みましょう。

ビールやワインは安い!
ハワイで飲酒ができる年齢は?お酒に関するきまりを知っておこう
ハワイはビールやワインが安くて種類も豊富。ビーチを眺めながらリゾート気分でいただきたいところですが、日本とは違うお酒に関する様々な法律が。ハワイの飲酒に関する法律を知らずに、違反にならないよう、お酒に関するルールを知って守りましょう。

たばこのルール

禁煙

喫煙ができる年齢

ハワイ州の喫煙年齢は21歳以上です。2016年に18歳から引き上げられました。

電子タバコも対象です。

購入者だけでなく販売者にも多額の罰金が科せられますので、年齢が疑わしい場合は、販売者から写真付き身分証明書(パスポート)の提示を求められることがあります。

禁煙場所

場所をわきまえず吸ったり、歩きたばこ、ポイ捨てはダメ!

たばこは、灰皿の喫煙エリアでのみ可能です。

  • 公共の場所
    ビーチ、空港内建物、The Bus内 トロリー内、バス停
  • レストラン、バー、クラブ
    屋外の席も禁煙、スタンドの店でも、食品を売る場所はすべて禁煙
  • スーパー、ショッピングセンター
  • 動物園、水族館、美術館などの施設
  • ホテルの客室とロビー、通路、エレベーター、プール
    ※ホテルやコンドミニアムにより異なり、喫煙室や喫煙エリアのあるホテルもあります。
  • カピオラニパークなど市営公園
    ダイヤモンドへどなど観光スポットの州立公園も
  • スタジアム
  • 建物の出入り口から約6メートル以内
  • レンタカーの車内
    ※補足:18歳以下の子供が載っている車内は禁煙(カウアイ島は13歳以下)レンタカーではなく、自分の車であっても、車内に子供がいたら喫煙できません。

ゴルフ場は喫煙法が適用されないので、各ゴルフ場のポリシーに従います。
ただし、ゴルフ場内のレストランやショップなど公共場所は、州法の範囲内なので禁煙です。

喫煙年齢100歳???
ハワイ州ではたばこの購入年齢が引き上げられる法案も挙がっており、段階的に引き上げていき、いずれは100歳にする法案さえ話し合われています。たばこを購入できる年齢が100歳以上ということは…本質的には全員禁煙ということでしょうか。
喫煙する人は確認!
ハワイの喫煙ルールとタバコに関するきまりを知っておこう
日本では喫煙に関する何気ない行動が、ハワイでは罰金の対象になることも。日本とハワイ州は喫煙に関するルールがだいぶ異なりますので、喫煙に関するきまりを知って、ルールを守りましょう。

観光での注意事項とマナー

日本ではOKのことでも、ハワイでは違反、罰金となることもあります。
どんなことが違反になるのか、目を通しておきましょう。

交差点で

ワイキキの交差点

ワイキキでは信号は押しボタン式が多い。

押しボタンに反応せずに、自動的に信号が変わるものもあるし、ボタンを押さないと変わらないものもあるので、どちらにせよ押してみるのがいいです。

  • 横断歩道以外の道路の横断禁止(Jウォーク)
  • 信号が点滅してから渡ってはいけない
  • 横断歩道を渡っているときの歩きスマホ禁止

オアフ島では、2019年7月から、歩行者の信号機がカウントダウン開始してから、横断することが禁止になりました。カウントダウンの数字が点滅し始めた後、横断歩道を渡りはじめるとJウォーク扱いになり、警察官に見つかると罰金130ドルです。

地元高校生の提案からはじまった
ホノルル市では「歩きスマホ」が禁止に。違反者には罰金も。
スマートフォンで地図を見ながらレストランやお店を探し、キョロキョロ歩いている歩きスマホの旅行者をワイキキでよくみかけます...

走らない!

「信号が点滅してから渡ってはいけない」の補足として、日本人はどこでもよく走るので、「ワイキキで走るのは泥棒と日本人だけ」という言葉もあるほど。

リゾート地で、走っている人は、まわりの人に不快感を与えます。

ジョギングや、信号が急に赤になったなど、緊急以外は走らずに、のんびり過ごしましょう。

レストランで

パンケーキ

レストランでオーダーする料理の1皿の量は日本よりも大抵多く、食べきれないことがほとんど。

レストランで食べきれずに残してしまったものは、ほとんどのお店で持って帰るこことができます。お客さんが食べきれずに残しているかは、テーブルの担当スタッフさんもチェックしているので「持って帰りますか?」と聞いてくれます。

料理を一度キッチンに持っていって専用のパックにつめてくれるときもあれば、パックを渡されてテーブルで自分でつめたり。

食べきれなくても持って帰れると知ってからは、「これが食べたいけど食べきれないかなぁ」と料理の量を気にせず、食べたいものを注文するようになりました。食べきれなかったものは、持って帰ってホテルの冷蔵庫に入れておき、いただきます。

エスカレーターで

アラモアナショッピングセンター

エスカレーターは、左側に立ち、右側は急いでいる人が通れるようにあけておきます。
東京のルールと同じです。

自然の中で

アオウミガメに触ってはいけないという看板

鳥に餌をあげてはいけない

楽園ハワイはもとは鳥たちの島。

ホノルル市内では、街に生息する鳥が餌欲しさに近づいてくることが多々あります。餌をあげると違反で罰金はなんと500ドル!(←これは痛い(>_<))

生態系を変えてしまう恐れがあるためです。

ウミガメやハワイアンモンクシールなど、保護動物に触ってはダメ

絶滅危惧種として保護されている動物には、触ることは禁止されています。

アオウミガメやハワイアンモンクシール(あざらし)には、会えたらラッキーですが、アオウミガメは3m以上、ハワイアンモンクシールは15m以上離れなければなりません。

アオウミガメには触ってはいけない
ハワイでは、アオウミガメは人間を怖がることなく、のっそりと私たちの前に姿を現してくれるのです。

日焼け止め禁止

特定の成分が含まれた日焼け止めは、サンゴ礁の成長に有害である成分とされ、2021年1月1日から、ハワイでは販売、配布が禁止されます。

ハワイだけではなくオーストラリアなど世界のビーチリゾートでサンゴ礁保護の動きは広まっています。

ハワイで買えるおすすめの日焼け止めは?
ハワイ州での日焼け止めの規制|海と肌にやさしい日焼け止めを
ハワイでは日差しが強いので、日焼け止めを使わないと後でひどい目に。ハワイでは一瞬の油断で「しまったぁ・・・」っと日焼けに...

ホテルでのマナー

カウアイマリオットホテル

ホテルでも、日本では普段しているような行為が、ハワイ州では違反になることも。

  • ラナイ(ベランダ)に水着は干せない
  • 12歳以下のこどもを一人で置き去りにしない

など、確認しておきましょう。

ハワイのホテルでのマナーを知っておこう
日本のホテルでは何気ない行動でもハワイではタブー!(場合によっては罰金)ということも。 せっかくのハワイ旅行が「知...

交通関連の注意事項

ワイキキの道路

・The BUSの優先席
運転席寄りのバスの前席は、お年寄りや車椅子の方、障害者やからだの不自由な方、妊婦さんのための優先席です。基本的に座らないようにしましょう。

・自転車は車道を走る
歩道を走ってはいけません。

・駐車場では
障碍者用のパーキングには許可を受けた人しか停められません。

・スクールバス優先
スクールバスは黄色い車体のボンネットバスです。前方にスクールバスが停車している場合は、追い越さずに停車して、スクールバスの発車を待たなければなりません。

・車のシートベルト着用の義務
後部座席も全席シートベルト着用です。

・信号がない横断歩道
基本的には歩行者が優先で、とても良くマナーが守られ、車は停止してくれます。

まとめ

南国ムードでのんびりのハワイですが、イメージとは別に全米の中でも厳しい法律もあります。また、規制がすぐに発令される所でもあります。

日本では普段の何気ない行動で罰金100ドル以上払うことになったら、悲しいですよね。

「所変われば文化も変わる」ルールやマナーはチェックしておきましょう。

「知らなかったから」を隠れ蓑にすることは出来ません。

はじめてハワイに行ったときに、どこのお店に入っても、スタッフから「アロハ!」と声をかけられ、どう対応していいのやらと戸惑いました。

日本で言ったら「いらっしゃいませ」のような感じなのですが、ちょっとお店見ているだけだから、にっこりとほほ笑むだけでいいのかな?と、地味なリアクション。

「アロハ!」と声をかけられたら、「アロハ!」とかえすのがマナーですね。

タイトルとURLをコピーしました