ハワイで飲酒ができる年齢は?お酒に関するきまりを知っておこう

ハワイのビール

ハワイでは飲酒に関するルールが日本とは異なる点が多く、また法律が厳しいので注意が必要です。知らなかったではすまされませんよ。

お酒を買ったり、お店やバーで飲むときのきまり、飲酒が禁止されている場所など制限がありますので、違反にならないように、法律を知って守りましょう。

スポンサーリンク

飲酒年齢は21歳から

プールでカクテル

ハワイ州で飲酒が許可されている年齢は21歳以上。日本は20歳以上なので1歳違います。

また、アルコール類の購入も21歳以上ということになります。

アルコールの購入や、お店でのアルコールオーダー時に、あきらかに21歳以上であることがわかる場合を除き、パスポートなど写真付きの身分証明書の提示を求められることがあります。

ハワイのビール

私たちがカウアイ島のスーパーマーケットで、缶ビールを購入したときに、なんと年齢を聞かれました(身分証の提示は求められません)。

「えっ?誰がどこからどう見ても明らかに21歳以上だが・・・。」

なぜ年齢を聞かれたのかレジのスタッフに尋ねると、アルコール購入者には全員に年齢を確認(記録)しているとのことでした。なるほど。

スポンサーリンク

アルコールが購入できる時間帯

ハワイのビール

ハワイ州では、アルコール類の購入できる時間が限られます。

スーパーやコンビニでお酒が買える時間帯:朝6時~深夜0時

マウイ島、ラナイ島、モロカイ島では、お店やホテルでのアルコール販売に関する時間制限がありませんので、24時間購入が可能ということになります。

夜中にお酒を買いに外出することはとても物騒ですし、夜にお酒を飲みたいならば、購入可能な時間に買っておきましょう。

お酒を飲んではいけない場所

ここから先アルコールの持ち込み禁止

日本ではお酒を飲む場所は、あまり気にかけることがありませんが、ハワイではお酒を飲んではいけない禁酒場所があります。

禁酒場所

公園、ビーチ、路上など公共の場
ビーチや公園でバーベキューやピクニックをする時にも飲酒はできません。

ショッピングセンター、スーパーマーケット

ショッピングセンターなどの建物内でも、アルコールを提供できるライセンスを持った店ならば、その店の敷地内のみ飲酒はできます。

フードコート

ビーチでカクテル

酔ったまま、公共の場を歩くことも禁止されています。

行きの飛行機の中で、お酒をたくさん飲んで酔っ払いにならないようにしましょう。

その他の注意事項

アルコール飲料

路上で、ビールなどアルコールをむき出し状態で持ち歩くことや、フタの開いたアルコールを持ち歩くことは禁止されています。

アルコール類を街で持ち運ぶ場合は、必ず袋などに入れましょう

もちろん、お酒を歩きながら飲むのは論外!

海を眺めながらお酒を飲みたいなら

夕日にシャンパン

ハワイはビールやワインが日本よりも安く、地ビールの種類も豊富です。缶ビールのパッケージデザインもハワイっぽくてほんとに素敵。

スーパーやお店で買ったお酒を飲むならば、宿泊先の部屋で飲みましょう。

海を見ながらお酒を飲みたい場合は、オーシャンフロントの部屋がおすすめ。

バカンス気分で海を眺めながらビーチでお酒が飲みたい人は、海の見えるレストランや、ホテルのビーチサイドのバーを利用しましょう。

お酒持ち込みOKの店

カクテル

お店ではアルコールは提供してないが、「BYOB(Bring Your Own Bottle)」と記された店では、スーパーなどでお酒を購入して持ち込みが可能です。

Brung Your Own Bottle(アルコール持ち込み可)

「リカーライセンス」が無いと、お酒をお店で提供することができません。

リカーライセンスの取得は、手続きが複雑で取得まで長い時間を要するため、お酒の取り扱い許可がない飲食店もあります。

どこのお店がBYOBか探すには、yelpが便利。

The 10 Best Places near Waikiki, Honolulu, HI - Yelp
Browsing all of Waikiki, Honolulu, HI - Marukame Udon, Musubi Cafe Iyasume, Duke's Waikiki, Leonard's Bakery, Hula Grill Waikiki, Ono Seafood, Island Vintage Co...

エリアを指定して、「BYOB」で検索すると、該当のお店が表示されます。

レンタカーでのお酒取り扱いに注意

ハワイのドライブ

日本と同様、自動車、自転車での飲酒運転は禁止

同乗者も乗車中は飲酒が禁止です。

飲んでいなくても、フタが開いたアルコール類は車内におかないように注意してくださいね。

まとめ

・飲酒年齢は21歳以上

・お酒購入時に身分証明書(パスポート)が求められることも

・禁酒場所での飲酒に注意!

・お酒持ち込み可能なお店もある

ビーチで日光浴しながら冷たいビールを、というわけにはいきませんので、お酒に関するルール法律は確認しておきましょう。


タイトルとURLをコピーしました