大人がときめく幸せハワイ

ハワイ女ひとり旅!ツアーそれとも個人手配?おすすめホテルは?

海外での一人旅なんて大丈夫かなぁ、滞在中話す相手がいないのも寂しいなと、思っていたのですが、ふつふつと一人旅もいいのではないかと思うのようになりました。

一緒に行く人を探す必要もなく、スケジュールを合わせる必要もなく、自分のしたいことだけ、すべて自分で決まられる。

誰にも気兼ねすることがない自由な一人旅もいいんじゃない?

そしてアラフィフにして、はじめてハワイ女性一人旅を体験しました。

自分のしたいことだけを気ままに楽しめる一人旅はオススメです。

旅行の予約方法からホテルの選び方、ハワイでの過ごし方、気をつけなければならないことなど、何回かにわたってお伝えしますね。

ハワイに行きたいけど一緒に行ける友達がいないし、一人旅でも大丈夫かなぁ」と迷われている方の参考になればうれしいです。

ハワイ一人旅のプランニング

ワイキキビーチ

ここ数年はすっかりハワイマニアになり、年に2回のペースでハワイを訪れています。羽田空港からはじまり、ダニエル・K・イノウエ空港、ワイキキと何がどこにあるのか、地図もおおよそ頭にインプットされています。

はじめての場所ではないので、この点不安はありません。

ハワイの中でもワイキキは日本語がわかる人も多く、お店のメニューやいたるところに日本語表示があり、英語が話せなくてもなんとかなります。

そんな私でも、一人で海外となると、やはり慎重になります。

ハワイといってもアメリカですから、行き当たりばったりは避け、安心安全を第一にハワイを楽しむことだけに集中したい。

不安要素は徹底的に排除して、楽しむことだけに集中できるハワイ旅行プランを組みました。

一人旅はツアーそれとも個人手配?

ツアーが安い時期は一人旅には特にオススメ

今回の一人旅は5月末です。なぜこの時期を選んだのかというと、

花々が咲きそろい気候が良くて
ゴールデンウイーク後で空いていて
パッケージツアーが安い時期
これは最高でしょー!

ハワイ旅行が安い時期はいつ?データから確認してみると意外な時期が狙い目だった【2018年】

この時期に行ってみたいという気持ちが、4月に入ってからどんどん高まり「よし!行こう」と、4泊6日のオアフ島ツアーを探してみることにしました。

JTBパンフレットで一人旅のパッケージツアーを調べる

出発間近となると、通常のパンフレットとは別にセール用のパンフレットが出ます。

2色づかいでスーパーのチラシのような1枚ものパンフレットです。

ハワイのセールパンフレット

ネットで確認
直前予約のツアー

セール用のパンフレットを見てみると、安い!たしかに安い!

5月下旬 出発 4泊6日

・羽田発着(羽田発のツアーは高いのです)
・シェラトン プリンセス カイウラニ ホテル泊(JTBハワイのホテルグレード:Bグレード)
・空港とホテルの往復送迎付き
・滞在中オリオリカー(JTBトロリー)乗り放題

出発日によって多少の違いはありますが、上記の内容のツアーで約13万円

同時期のハワイアン航空で、羽田↔ホノルル往復の航空券の値段を調べると12万円前後です。

ツアーだと、通常の航空券にプラス1万円するだけで、ホテル、送迎、トロリー乗り放題が含まれてくるのです。

これって、安くないですか?

・羽田空港以外の空港を利用する
・韓国経由など直行便でないフライトにする
・ホテルのランクを下げる
をすれば、旅行代をもっと安くすることもできますが、値段よりも安心・安全を最優先します。

パッケージツアーは一人参加もできる?

パンフレットに記載されている料金は、2名1室利用の料金なので、1名使用の場合は別途「一人部屋追加料金」が必要になります。追加料金を払えば1人でもツアーに参加できます。

ほとんどの旅行会社のパッケージツアーには「一人部屋追加料金」が設定されていますので、1名参加でも大丈夫です(相部屋は不可)。

追加料金はツアーの内容によって幅があり、追加料金3万円から、中には10万円以上というツアーもありました。

さきほどのJTBの13万円のツアーは、一人部屋追加料金は6万円。
一人参加の場合は、合計19万円になります。

19万円となると、けっして安いとは感じられません。普通の料金かな。

あ~、誰か一緒に行ってくれる人がいれば、この6万円は払わなくてもすむのですが、一人で部屋を独占するのですから仕方ないか。

まとめ
一般ツアーは一人でも参加できるが、お一人部屋追加代金が必要

一人旅専門のツアー

旅行会社によっては、一人旅専用のパッケージツアーもあるので、内容と料金を調べてみました。

一人旅特集

H.I.S一人旅特集
近畿日本ツーリスト「ハワイ一人旅ツアーへ行こう!」 
旅工房「自由気ままに一人旅」 
STW「ひとり旅ハワイ」 

一人旅専用ツアーなので一人部屋追加料金はありませんが、その分、最初から値段設定が高い。一人部屋追加料金が含まれたJTBツアーと金額は変わらないか、むしろ高いかも。

しかも、旅行会社のトロリーや、空港とホテル間の送迎は、別料金なので、割高にも感じられてしまいます。

一人旅専用ツアーよりも、普通のツアーに一人部屋追加料金を払ったほうが、ツアーの選択肢が広がりますし、含まれるサービスも充実しています。

まとめ
選択肢が限られ料金が安くはない。特に羽田発着が少ない。

一人旅は個人手配の方が安いか?

ツアーではなく、航空券、ホテルを自分で手配した方が安くなったりする?と計算をしてみると・・・

・ハワイアン航空 羽田ーホノルル往復:12万円前後
・ホテルはJTBツアーと同じ「シェラトンプリンセス・カイウラニのプリンセス」の「プールビュー」タイプで算出:1泊あたりの最安料金¥22,490~×4泊+リゾートフィー:約10万円

航空券とホテル代で、22万円突破!

他のホテルでも計算してみましたが、ホテルのランクをかなり下げるか、その時のセールになっているホテルにしない限り、料金に大きな違いはありません。

日中はほとんど外出しているので、ホテルには寝に帰るだけといっても、ホテルでは気持ちとからだがくつろげないと、旅行の気分が台無しになってしまいます。

オーシャンビューのラグジュアリーホテルでなくてもいいので、清潔、安心、安全は重視です(ホテルの選び方については後述します)。

まとめ
一人旅は個人手配はホテルのランクを下げないと割高

結論:JTBツアーに決定

「サービス内容」「料金面(1名利用の追加料金を払っても)」どちらをとっても、JTBツアーがベストでした。

また、JTBは私が一番使い慣れている旅行会社という安心感もあり、JTBのツアーに決定。

予約がとれるか確認すると、5月下旬の出発はちょうど1日だけ空きがあり「これはGOサイン!」と決めて即予約を入れました。

JTBツアーの場合は、キャンセル料は出発日の1ヶ月前まではかからないので、それ以前の場合はとにかく予約を入れておきます。

決してキャンセルを前提にはしていませんが、キャンセル料が1ヶ月前までかからないので、安心して申し込めるというのもツアーの魅力ですね。

補足
JTBツアー代金には海外空港税は含まれていません。「海外空港税」とは世界各国の空港を利用する場合に、航空券購入者が支払わなければならない税金です。旅行会社によっては予め航空券やツアーに含まれていることがあります。
▼ツアー代金以外に支払ったもの
・羽田空港使用料:2,570円
・海外空港税:6,890円

一人旅のホテルは何をポイントに選ぶ?

ツアーでは、ホテルはいくつかのホテルの中から選べました。

さて、一人旅のときはどこのホテルにしようか?

電子レンジはあると便利だが・・・

おそらく食事は、テイクアウトで部屋食が多くなると思うので、食事の温め直しができる、電子レンジがあると便利。

電子レンジ付の部屋となると、コンドミニアムタイプか、小さなホテルになります。

選べるホテルの中には、コンドミニアムタイプは無く、電子レンジ付のホテルの場合はホテルランクを下げないとありませんでした。

ホテルに電子レンジがあるかどうかはこちらのサイトでホテルを検索して設備を調べます。
ホテルの設備はここでチェック

ホテルランクを下げると、外階段だったり、大きな通りから一本裏通りだったり、セキュリティ面がいまひとつ不安。ホテルの口コミもあまりよくありません。

今回は、電子レンジよりも、安心・安全を選びました。一人旅に慣れたら電子レンジも選びたいです。

1階の部屋は落ち着かない

以前、1階の部屋に宿泊したことがありますが、たぶん・・・窓を上手に壊されたら侵入可能です(アラームが作動するのかもしれませんが不明)。

その部屋はカーテンではなくブラインドだったので、ブラインドを完全に降ろさない限り、部屋内が外から見えてしまうような開放感があって、なんだか落ち着きません。ブラインドを降ろすと部屋は暗くなってしまいますし。

1階のお部屋はエレベーターで移動する手間がないというのが最大の利点なのですが、一人旅の場合は安全面から避けたほうが無難です。

大通りに面した便利で立地の良いホテル

ビーチからの距離に比例してホテルの値段は下がり、アラ・ワイ運河に沿った通りまでくるとホテルの値段はぐっと下がります。

そして、人通りもぐっと減りますので、運河沿いは治安がよくありません。

まとめ
・外から侵入できそうな、外階段の建物や1階の部屋は避ける。
・人通りの多い通りに面した建物にする。

シェラトン・プリンセス・カイウラニホテルに決定

部屋からの風景

選んだ理由は、

・シェラトン系なので、信頼はあるし、この規模のホテルなら従業員も多く、セキュリティも大丈夫だろうと思う。
・ワイキキの中心にほど近く、どこに行くにも便利で立地がよい。
・大きな2つの道路に面しているので常に人通りがある。
・敷地は道路に面していても、ホテルの建物自体は道路から少し離れているので、低層階の部屋に泊まったとしても外がうるさくないはず。
・宿泊客に日本人観光客も多く、フロントに日本語スタッフのデスクがある。

さらに・・・

・ハワイ王女「プリンセス・カイウラニ」がかつて暮らしていた王室の領地に建てられたホテルということで、感慨深いものがあった。
・井戸から汲みあげられた水の「ウォーターサーバー」が1階に設置してあり(知る人ぞ知る)、マイボトルを持っていけばワイキキの天然水が汲めるのはシェラトン プリンセス カイウラニだけ。

プリンセス・カイウラニって?という人はこちらの記事を参照下さい。
プリンセス・カイウラニプリンセス・カイウラニ「Princess Kaiurani」

フライト決定

羽田空港搭乗口

フライトは予約時点では航空会社が未定でした。とはいっても、羽田発着は「ANA」か「ハワイアン航空」しかありませんので、そのどちらかになります。

案の定、ハワイアン航空になりました。ANAはANAマイラーで人気ですからね。

ツアーはセールのツアーなので、当然エコノミーの席です。

出発当日、チェックインのときにカウンターで、15,000円追加で「エクストラコンフォート」にグレードアップをしました。一度あの快適さを味わうともうエコノミーには戻れません。

エクストラ・コンフォート席って何?という方はこちらの記事を参照下さい。
エクストラコンフォート席ハワイアンエアラインのエクストラ・コンフォート席にアップグレード!感想と価値は?

エクストラコンフォートへのグレードアップも、これも一人旅だからこそ、気兼ねなく自由にできるのだ。お友達と一緒だと余計なお金を使わせてしまうので気をつかってしまいますよね。

飛行機のどの席が良い?

ここで私は席のチョイスに失敗!!

エクストラコンフォートの中でも、足が一番伸ばせる最前列の席を選びました。

2人席は満席だったので、中央の4人席の通路側を。

選んだ席

これで足が伸ばせてリラックスできそうです。

ハワイ到着までしっかり寝ようと思っていたら、私の隣3席にやってきたのは、なんと小さな子供2人連れの若いパパとママ。

赤ちゃんはお母さんが抱っこなので4人で3席。

隣席のファミリー

さらに通路をはさんでその隣の2席はじいじとばあばで、横一列ファミリー。エクストラコンフォートにも赤ちゃんやこんな小さな子供が座るんですね。

「エクストラコンフォートは静か」というのは、これで「幻想」にかわりました。

ファミリーはたいてい中央の4人席をとります。

一人旅のときは2人席の通路側、B列かH列がオススメ。

オススメ席

ツアーを上手に使ってハワイを楽しむ

olioliカー

移動手段のトロリーが便利

レンタカーがあればどこにでも自由に行けますが、旅行会社のトロリー(JTBの`OLI`OLIウォーカー・トロリー)のルートは、観光客が行くスポットはおさえられています。

ショッピング、観光、レストランと、十分色々なところに行かれます。

・アラモアナセンターを中心に
・ダイアモンドヘッドに登山
・カハラモールでショッピング
・出雲大社でお参り
・ダウンタウン散策
・カカアコ車内見学

今回の一人旅はトロリーで行かれる範囲で楽しむ!と決めました。タクシーやThe BUSは使いません。

OLIOLIウォーカーJTBツアー参加じゃなくてもJTBの`OLI`OLIウォーカー・トロリーに乗れる!

オリオリウォーカー・トロリーのページにスマホからアクセスすれば、今、トロリーがそのルートのどこを走っているのかリアルタイムで確認できます。
 ↓ ↓ ↓
オリオリカールート
アラモアナルートは何台も走ってます。

日本のように運行時間が正確です(走行途中で時間調整しているので時間に正確で、時刻表の予定時刻より早く出発することはないそうです)。

ツアーで良かったこと

デスクがあるので安心

JTBはワイキキ5箇所にデスクがあるので、現地のサポートはしっかりしています。「あれどうだったけ?」と何かあればすぐに確認ができます。

滞在中に、帰国日の空港でチェックインをする建物(ハワイアンエアラインは国内線の建物から?)があやふやになり、近くのJTBデスクで確認しました。これで一安心。

ちょっとしたことでも、あれ?と思ったことは日本語ですぐに確認ができるのは安心材料です。ハワイを楽しむことに集中できますね。

ホテルチェックインサービス

「アラモアナセンター」にあるJTBサポートデスクでは、特定のホテルのみ、ここでホテルのチェックインができます。空港から移動のときに立ち寄ってくれます。

シェラトン系ホテルはチェックイン可能だったのでチェックインをお願いしました(たしか12:00頃)。

お掃除も終わっていますのですぐにお部屋に入れます。」とキーカードを受け取りました。

「え?もうお部屋に入れるんですか?」と、ホテルに行かずにここでチェックインが完了。

キーカードももらったので、フロントを通さずにお部屋に直行できます。スーツケースもお部屋に届けられているらしいです。

なんて楽チンなんでしょ~。チェックイン時刻は気にせず、このまま出かけられます。

スーツケースを持って歩かなくていいのもツアーだからこそですね。

トイレ事情

日本のようにどこのトイレでも自由に入れるということはありません。

大きなショッピングモールなどのトイレは自由に使えますが、不審者の侵入を防ぐために、ホテルやお店のトイレ利用する場合に、鍵が無いと利用できないことがあります。

大きなホテルならトイレが利用できるかなと思ったら、鍵がないとトイレに入ることができなくて、ちょうどそのホテルにJTBデスクがあったのでなんとかしてくれるかもと行きました。

名前を聞かれてJTBツアー参加者であることが確認できたら、トイレの鍵を貸してくれました。

JTBで良かった~と感じましたわ。

帰国日のスケジューリング

帰国日、ホテルからダニエル・K・イノウエ空港までは、JTBバスで移動でした。

途中、高速道路が大渋滞して、ホテルを出発してもうすぐ1時間経つというのにまだ空港に着かない。通常は20~30分くらいで着きます。

やっと空港に到着すると、今度はハワイアン航空のチェックインとセキュリティチェックの長蛇。
すっごーっ!
ざっと数えても300人以上は並んでいますね。

これで搭乗に間に合うのかなぁ?と不安にはなりましたが、バスから一緒の人たちも同じ便での帰国なので、全員が飛行機に間に合わなくなることはまずないでしょ。

JTBのスタッフも慌てふためかず、いつも通りと言わんばかりの様子。

列にならびはじめて約1時間でようやくセキュリティーチェックを抜けて、空港内に入れました。は~、やれやれ

空港内をプラプラ見て過ごす時間はあまりなかったのですが、しっかり搭乗時刻には間に合いました。

これが、一人だったらすごく心細く不安になっていたと思います。帰りの飛行機を逃してしまったらそりゃもう一騒動パニックですわ。

ツアーならば、フライトに関しての安心感はありますね。

楽天ラウンジ

楽天カードを持っている人が無料で利用できる「楽天カードラウンジ」がワイキキにあります。同伴者全員も利用できますので、カードをお持ちの方はハワイに楽天カードを持っていってくださいね。

楽天パンダハワイ・ワイキキの楽天カードラウンジが便利!楽天カードは持っていて損が無いクレジットカード

楽天カードは年会費無料です。私のようにハワイで楽天カードラウンジを利用したいがために楽天カードを作る人もいるのではないかと思います。

持っていて損の無いクレジットカードです。

楽天カード楽天カードをお得につくる方法は?ポイントサイトとキャンペーンを上手に使おう

ハワイ滞在中のスケジュールの大枠

ケジュールの概要
1日目:羽田からホノルル トロリーでダイアモンドヘッドやダウンタウン巡り

2日目:ジャングルハイキング、マノア渓谷ハイキング

3日目:ワイキキ歴史ツアー、ダウンタウン歴史ツアー

4日目:ダイアモンドヘッド、カハラモール、ワード、アラモアナ

5日目:出発までワイキキぶらぶら

6日目:羽田空港に到着

上記は実際のスケジュールです。
ははっ(^^)、予定していたスケジュールとは異なりました。

これこそ一人旅の醍醐味ですね。
気分で臨機応変にスケジュール変更可能!

あっちもこっちも行きたいとスケジュールをぎゅーぎゅー詰めにすることも、
逆にどこにも行かずにのんびりすることも、
好きなときに好きなところでご飯を食べたり、心のまま好きなようにできます。

オプショナルツアーを使う

トロリーや自力では行かれないガイドさんが必要なところは、オプショナルツアーを日本で予約しました。

今回参加したオプショナルツアー

  • ジャングルハイキング
  • マノア渓谷ハイキング(直前に現地で予約
  • ワイキキ歴史ツアー
  • ダウンタウン歴史ツアー

山の中歩くの大好きハワイの歴史大好き

と、けっこうマニアックなツアーでも、一人なので自分の好きなことに参加できます。

オプショナルツアーによっては、催行人数2名からというツアーもあるので、その場合は申し込みをしても、他に参加者が集まるまでは保留になるので待ちます。

マノア渓谷ハイキングは、現地で急に行きたくなったので直前で申し込みました。一人旅だから気のむくままに

ツアー会社
アロハアイナエコツアーズ(←ハイキングなら)
ワイキキ・ダウンタウン歴史街道ツアー(←ハワイの歴史なら)

今回使ったハワイのガイドブック

ハワイのガイドブックはすでに何十冊も持っているのですが、さすがにホノルルエリアに関しては最新版を購入しました。

変化が激しいホノルルは、数年前のガイドブックでは不確かで、最新の情報でないと役に立ちませんから。

ガイドブック
どうだ!最新版!!

タブレットを持っているのなら、ガイドブックはKindle版の方がいいです。本は重たいです・・・。

ホノルル本 2019
ハワイ本オアフ最新2019

アラフィフハワイ一人旅のまとめ

一人旅では、ハワイを楽しむことに集中したい人、ドキドキが嫌いな人は、現地のサポートがしっかりしているパッケージツアーをオススメします。

ツアーといっても滞在中は自由行動ですので、自分のしたいことだけ楽しんでくださいね。

ジャングルハイキング

一人旅だと緊張感は高まりますが、それを上回る自由度といったらありません。

この気ままな旅には、はまりそう。

お腹が本当にすいたときに食事をする、「行きたい」と感じたら予定を変更して行く。

心と体が感じていることを大事に過ごしました。

その結果、食事は朝ちょっとだけと夕方早めに夕食、日中はとにかく歩く歩く、動き回る。このスタイルを、どうも体が欲していたようです。

寝付きも目覚めもよく、深く眠り、からだがすこぶる快調で、体中の細胞がデトックスで入れ替わるのではないかと感じたほどです。

糖分も、ほとんどとることがなく(というか忘れてました)、好きなことをしていると食事も甘い物も欲しなくなるのかもなぁと感じました。6日間で心身ともに健康になったことは間違いないと思います。

まさに、からだが喜んでいるよー!って感じ。

この生活を1ヶ月間続けたら、きっと体が生まれ変わるだろうなぁと思い、プチ・ロングステイという野望が生まれました。

今回のハワイ6日間のスケジュール詳細については、後に記事としてアップしていきますね。

関連記事

女性のハワイ一人旅で気をつけること・危険なこと