ハワイ好きなおとな女子へ

ハワイの一人旅はツアー?それとも個人旅行?

パイナップル

ハワイ一人旅の場合、
「パッケージツアー(以下「ツアー」)」と自分ですべて手配をする「個人旅行」とどちらがオススメなんだろう?
そもそもツアーって一人で参加できるの?
予算がおさえられるのはどっち?

ツアーよりも個人旅行の方が安いとは限りません。実際に一人旅をした時に、いろいろ悩んだ疑問にお答えします。

一人旅はツアーそれとも個人旅行がおすすめ?

ハワイ初めて

結論から書くと、「ハワイ旅行は初めて」「海外旅行に慣れていない」「英語力に自信が無い」人は諸々がセットになっているツアーをオススメします。ハワイ渡航10回以上の経験がある私でも一人旅の時はツアーで良かったと思いました。

理由は3つあります。

・理由①:楽(らく)!
・理由②:安心
・理由③:トラブル対応

私ははじめてのハワイ一人旅の時に「JTBのツアー」を利用しました。そのときの実例をまじえて解説していきます。

理由①:楽(らく)

ツアーを申込みするだけで、「往復の航空券」+「ホテル」+「空港とホテルの間の送迎」+オアフ島ならば「現地でのトロリー付」とすべてセットで手配できます。(※トロリーが運行されているのはオアフ島のみ)

ハワイは、ホテルと観光地が分散しているので、トロリー付きのパッケージツアーが便利です。

手配はツアーにまかせて、現地での楽しみ方のプランニングに集中できますね。

移動手段のトロリーが便利

olioliカー

各旅行会社のトロリー(JTBの`OLI`OLIウォーカー・トロリー)のルートは、観光、ショッピング、レストランと観光客が行くスポットはきっちりとおさえられています。

・アラモアナセンターを中心に
・ダイアモンドヘッドに登山
・カハラモールでショッピング
・出雲大社でお参り
・ダウンタウン散策
・カカアコ車内見学

このようにトロリーでまわれる範囲内でも観光スポットがたくさん!

JTBツアー参加じゃなくてもJTBのトロリー・HiBus(ハイバス)に乗れる!

スマートフォンからトロリーのページにからアクセスすれば、トロリーがどこを走っているのかリアルタイムで確認できます。

オリオリカールートアラモアナルートはトロリーが何台も走ってます。

まるで日本のように運行時間が正確なことに驚き(走行途中で時間調整しているので時間に正確で、時刻表の予定時刻より早く出発することはないとのこと)。

理由②:安心

ツアーでは「安心」という付加価値が得られます。一人旅の場合はなおさらではないでしょうか。

デスクがあるので安心

JTBはワイキキ5箇所にデスクがあるので、現地でのサポートがしっかりしているので、ハワイを楽しむことに集中できます。

例えば「最終日の荷物はどうすればいいんだっけ?」など、忘れちゃったり、迷うことがあっても、デスクに行けばすぐに確認ができます。また日本語で確実に確認ができるので安心です。英語だと「ちゃんと通じたかな?」と不安になることも。

ホテルチェックインサービス

「アラモアナセンター」内のJTBサポートデスクでは、特定のホテル(シェラトン、マリオット系)は、ここでホテルのチェックインができます。これは便利だ!

空港からホテルへの移動の途中で、アラモアナセンターのデスクに立ち寄るので、そのときにチェックインができました。

お掃除も終わっていますのですぐにお部屋に入れます。」とキーカードを受け取り、ホテルに到着する前にここでチェックインが完了。

キーカードも受け取ったので、ホテルのフロントに立ち寄る必要なく部屋に直行可能。スーツケースも部屋に届けられているらしいです。なんて楽チンなんでしょ~。チェックイン時刻は気にせず、このまま自由に出かけられます。

空港からホテルの部屋まで、スーツケースを持って歩かなくていいのもツアーだからこそですね。

帰国日のスケジューリング

帰国日、ホテルからダニエル・K・イノウエ空港までは、JTBバスで移動でした。

途中、高速道路が大渋滞して、通常なら空港まで20~30分くらいで着くところを、ホテルを出発してもうすぐ1時間経つというのに空港はまだ先。間に合うのだろうか?

やっと空港に到着すると、今度は航空会社のチェックインとその後のセキュリティチェックの長蛇。すっごーっ!ざっと数えても300人以上は並んでいますね。

搭乗に間に合うのかなぁ?と不安にはなりましたが、バスから同乗の人たちも同じ便で帰国だし、ツアーが用意した送迎で全員が飛行機に間に合わなくなることはまずないでしょ。

JTBのスタッフも慌てる様子はまったくなく、いつも通りという感じです。

列に並びはじめて約1時間でようやくセキュリティーチェックを抜けて、空港内に入れました。はぁ~、やれやれ。空港内をプラプラ見る時間はほとんどありませんでしたが、搭乗時刻には間に合いました。

これが、一人だったらすごく心細く不安になっていたと思います。帰りの飛行機を逃してしまったらそりゃもうパニックですわ。

ツアーならば、フライトに関しての安心感があります。

トイレ事情

大きなショッピングモールなどのトイレは自由に使えますが、ホテルやお店のトイレは不審者の侵入を防ぐために、トイレの鍵が無いと利用できないことがあります。特にホテルの場合は宿泊者しか利用できないこともよくあります。

そのホテルにJTBデスクがあれば、宿泊客でなくても、JTBデスクに行きツアー参加者であることを伝えて確認がとれたら、トイレの鍵を貸してもらうことができました。ささやかながら、JTBで良かった~と感じましたわ。

理由③:トラブル対応

滞在中に何も起きないことが何よりですが、アクシデント発生時にタウアー会社に対応してもらえることは心強いです。

例えば、台風で帰国の飛行機が遅延になってしまった場合、飛行機や延泊の手配など。

ツアーではなく個人旅行だとこのように自力でなんとかしなければなりません。
出発掲示板 台風でハワイからの飛行機が遅延!注意すべきことや保険補償は?
台風シーズンのハワイ!台風を意識し過ぎると台風をひきよせそうなので、無事日本を逸れて通過してくれるでしょうという読みは甘かった。 台風は日本を直撃、ダニエル・K・イノウエ空港から日本へ向かうフライトはほとんどが遅延という ...

一人旅でツアー

そもそもツアーって一人でも申込みは可能なの?はい、一人参加できるツアーもあります。

パンフレットに記載されている料金は、2名1室利用の料金なので、1名利用の場合は追加代金が必要になります。追加料金を払えば1人でもツアーに参加できます。

2名料金表示

ほとんどの旅行会社のパッケージツアーには「一人部屋追加料金」が設定されていますので、1名でも大丈夫です(相部屋は不可)。

ツアーの場合は、部屋が2人以上で利用できるようになっているので1名だと割高。

「1名参加」マークとカレンダー 

例:2名1室の1人料金:83,600円→1名1室の1人料金:134,000円

追加料金はツアーの内容によって幅があり、追加料金3万円から、中には10万円以上というツアーもありました。

まとめ
一般ツアーは一人でも参加できるが、お一人部屋追加代金が必要

関連記事ハワイ女性一人旅にホテルの選び方とおすすめのホテル

一人旅専門のツアー

一人旅専用のツアーもあります。

» H.I.S一人旅特集
» 近畿日本ツーリスト「ハワイ一人旅ツアーへ行こう!」
» 旅工房「自由気ままに一人旅」
» STW「ひとり旅ハワイ」

一人旅専用ツアーなので、追加料金はありませんが、その分、最初から価格設定がやや高い気がします。トロリーや、空港とホテル間の送迎は別料金なので、そう考えると、一人部屋追加料金が含まれたJTBツアーの方がお得かもしれません。

一人旅専門ツアー自体が少なく、ホテルも限られているので、普通のツアーに一人部屋追加料金を払ったほうが、選択肢が広がります。

まとめ
選択肢が限られ料金が安くはない。特に羽田発着が少ない。

実例:JTBツアーを申し込み

出発が近くなると、通常のパンフレットとは別にセール用のパンフレットが出ます。

2色づかいでスーパーのチラシのような1枚ものパンフレットです。出発直前のセール用のパンフレットを見てみると、安い!たしかに安い!

ハワイのセールパンフレット

» 直前予約のツアー

パンフレットで見つけた内容は以下の通り。

・5月下旬 出発 4泊6日
・羽田発着(羽田発のツアーは高い)
・シェラトン プリンセス カイウラニ ホテル泊(JTBハワイのホテルグレード:Bグレード)
・空港とホテルの往復送迎付き
・滞在中オリオリカー(JTBトロリー)乗り放題

出発日によって多少の違いはありますが、上記の内容が含まれたツアーで約13万円。(ちなみに、関西空港発着だと約10万円でした。)

同時期のハワイアン航空で航空券の値段を調べると、羽田↔ホノルル往復は10~12万円です。

つまり、航空券に1、2万円をプラスすれば、「ホテル」+「送迎」+「トロリー乗り放題」が含まれてくるのです。ホテルの料金はどこにいってしまったのか?というくらいお得ではないですか?

この料金は2名1室利用の料金なので、一人で利用する場合は、1名1室利用の場合は追加料金が6万円。つまり、合計19万円になります。

19万円のツアーとなると、けっして安いとは感じられませんが、一人で部屋を独占するのですから仕方ない。

ちなみに、このツアーと同じ「シェラトンプリンセス・カイウラニホテル」の同じ部屋「キングベッド1台のプールビュー」タイプに、4泊した場合いくらになるかを計算すると、1泊¥22,490~×4泊+税=約10万円。

ツアーと同じホテルに泊まるならば、個人旅行よりもツアーの方が安いですね。

ツアー料金をもっと下げる方法は

  • 羽田空港以外の空港を利用する
  • 航空会社を変えたり、韓国経由など乗り継ぎ便にする
  • ホテルのランクを下げる

などです。

おすすめのツアー

急なハワイ旅行でもまだ間に合います!
» JTB出発直前・緊急販売のお得なツアー

WEB限定で、印刷されたパンフレットがありません。なので、料金が時々変更になりますので、時々チェック知てみてくださいね。
» JTB WEB専用商品(インターネット申込限定商品)

好みの予算とホテル重視なら個人旅行がおすすめ

夕日

予算が決まっている」「好みのホテルに泊まりたい」という場合は、ツアーではなく個人旅行がおすすめ。当たり前ですが自由度がぜんぜん違いします。

ホテルは、直接ホテルの公式サイトで予約してもいいし、ホテル予約サイトを利用すればホテルランクが2.5星~5星とピンからきりまで選べます。

ツアーでは泊まれないブティック風のこじんまりしたホテルに宿泊することもできますね。個人旅行の魅力は泊まりたいホテルに泊まるためともいえるのではないでしょうか。

ホテルの料金は一人分の料金ではなく一部屋分の料金です。

その時により、セールやキャンペーンで50%OFFなど、めちゃくちゃ安くなっていることもあります。

ホテル予約サイトを利用する

ホテル予約サイトを利用すると、「ホテル」と同時に「往復の航空券」も予約することができます。

そして「航空券とホテル」がセットは狙い目!

最初に見たときには「なんでこんなに安いの?」と驚くかも!超目玉セールなどは、航空券とホテルの同時予約で1泊相当額が無料などあります。「航空券だけ」と「航空券とホテルのセット」と料金があまり変わらないというケースもあります。

値段重視という場合は「航空券」と「ホテル」の同時予約がおすすめです。

しかし、この安さには要注意!

航空券とホテルをセットにした場合の最安値であって、航空会社や便を変更したり、ホテルの部屋を変更すると追加料金が発生

アジアの航空会社でアジア経由、乗り継ぎ2回、中には30時間フライトとか耐久レースみたいなフライトもあります。ホノルルまで直行便を選ぶと追加料金3万円など、航空券次第で値段が変わってくるのです。

おすすめ予約サイト

メールアドレスを登録しておくとシークレット価格の情報が届きます。ハワイ旅行に行こうかなと思ったら登録をおすすめ!
» Hotels.com(パッケージ&フライト)

JTB HAWAII のオンラインホテル予約サイト。JTBハワイのサイトだから、安心して予約&滞在。
» JTB HAWAII

一人旅こそお得な時期にハワイ旅行

ワイキキビーチ

今回の一人旅は5月末です。なぜこの時期を選んだのかというと、

花々が咲きそろい気候が良くて
ゴールデンウイーク後で空いていて
パッケージツアーが安い時期

最高ー!

現地では一人旅の女性にも何人か会いました。年齢的には40歳以上の女性二人組が多かったですね。中には毎年この時期に来るという70歳前後のグループの方もいました。いつものハワイよりも年齢が高く落ち着いているという感じです。

落ち着いたハワイが良い人にはおすすめの時期です。

一人旅だと自分のスケジュールで旅行が決められます。一人旅だからこそ、安い時期に、急に思い立った時に、いつでも好きなときにハワイ旅行ができるのは魅力です。
ハワイ旅行が安い時期はいつ?データから確認してみると意外な時期が狙い目!

滞在中の楽しみ方は、ツアーも個人旅行も差はありませんね。
ビーチの少女初めてのハワイ旅行で失敗しない現地オプショナルツアー会社の選び方

ツアーと個人旅行のメリットとデメリット
関連記事ハワイ旅行はツアーか個人旅行か?

アラフィフにして初めてのハワイひとり旅
関連記事ハワイ女ひとり旅!