JTB HAWAII のホテル予約サイトを見る

ハワイ旅行に持っていくだけでお得なクレジットカードは?年会費無料のオススメ3選はこれ!

クレジットカード

ハワイ旅行をするのでクレジットカードを作ろうと思っている人に、持っているだけでハワイをお得に楽しめる年会費無料のクレジットカードを紹介します。

支払うためのクレジットカードとして使うことだけではなく、ついてくる特典がとっても便利!

ハワイでお得な特典付きオススメのクレジットカード3選

JCBブランドのクレジットカード

ハワイ旅行にオススメはJCBブランドのクレジットカードです。

「発行会社がJCBのクレジットカード」ではなく国際ブランドが「JCBブランドのクレジットカード」のこと。
「国際ブランド」というのは、クレジットカードの右下にロゴが描かれているものです。

JCBブランド

 

JCBのロゴが入ったクレジットカードを持っていると・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

特典1.トロリー乗り放題

ワイキキトロリー

ワイキキトロリー(ピンクライン)に無料で乗れます。ワイキキトロリーに乗車するには通常1回2ドルかかります。

別名「ショッピングライン」と呼ばれ、ワイキキ⇔アラモアナ間を走り、運行間隔は10分に1本なのでとても便利!
ワイキキにもアラモアナにもショッピングセンターやお店やレストランがらたくさんあるので、どちらにも毎日行き来したいもの。そんなときに気軽に何回でも乗れます。

しかも、自分だけではなく、同乗の家族大人1名+子供2名(11歳以下)まで無料で乗車できますから、ファミリーにはとってもお得。

ワイキキトロリーピンクライン

乗車のときにJCBのクレジットカードを見せるだけです。

※こちらの特典キャンペーンは2019年3月31日まで

特典2.ワイキキのラウンジが利用できる

ワイキキの中心地にある「JCBプラザ ラウンジ・ホノルル」が無料で利用できます。

こちらのラウンジでは、
-ドリンクのサービス
-レストランの予約
-ホテルやオプショナルツアーの予約
-JCBカードの紛失・盗難時の緊急サービス
-無料Wi-Fiが利用できる
-当日中のお荷物一時預かりサービス

などが利用でき、JCBクレジットカードを持っている人が1名いれば、同伴者全員利用できます。

ちょっとだけ休憩したい時など、ドリンクを飲みながら涼しくて安全なところで休めますし、買い物で荷物が多くなってしまったときも、一時荷物を預かってもらえばいちいちホテルの部屋まで戻らなくてもすみますね。

2nd Floor, Waikiki Shopping Plaza, 2250 Kalakaua Ave.,
Suite 207A, Honolulu, HI 96815, U.S.A.
カラカウア通り沿い、ワイキキ・ショッピング・プラザ2階。

JCBブランドのクレジットカードを持っていれば、ワイキキとアラモアナ間をトロリーで行ったり来たりでき、ちょっと一休みしたいと思ったらワイキキのラウンジで涼みドリンクがいただけるということです。

JCBブランドの中でオススメのクレジットカードはこの2枚!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

楽天カード(JCBブランドの)

楽天カード
カードのデザインは他にも選べます

クレジットカードの特徴
・ワイキキトロリー(ピンクライン)乗り放題
・ワイキキのラウンジが利用できる
年会費無料
・ワイキキにある楽天カードラウンジ楽天トラベルサポートデスクが利用できる
・ポイント還元率高い
・入会キャンペーンあり

おすすめポイント
JCBのラウンジの他に、楽天カードラウンジも利用できるようになるのは、心強いところ。どちらも同じようなサービスを提供してくれますので、もう1箇所ふえるのはありがたいですね。

楽天カードは入会キャンペーンを開催しているので、入会すると楽天スーパーポイントがもらえるというのも嬉しい。年会費がずっと無料ですから、もっていて損はないでしょう。

楽天市場で買い物をするときにもポイントが溜まりやすくなります。

楽天パンダハワイ・ワイキキの楽天カードラウンジが便利!楽天カードは持っていて損が無いクレジットカード

楽天カードはJCB以外のブランドも作成できてしまうので、カードをつくるときはブランドを間違えないように確認してくださいね。(私は間違えてしまいました(-_-;))

楽天カード楽天カードをお得につくる方法は?ポイントサイトとキャンペーンを上手に使おう

他に国内・海外の空港ラウンジを無料で楽天カードも

ハワイラブカード

ハワイラブカード

クレジットカードの特徴
・ワイキキトロリー(ピンクライン)乗り放題
・ワイキキのラウンジが利用できる
・初年度年会費無料
海外旅行保険自動付帯
・ハワイでも日本でも使える加盟店の多さ
空港ラウンジが利用できる

おすすめポイント
まさにハワイ好きのためのクレジットカード。このクレジットカードをお店で提示するだけで、特典やプレゼント、サービスが受けられるという加盟店数百店舗という多さには驚き!ハワイだけでなく日本の加盟店もたくさんあります。

このクレジットカードを持っているだけで、海外旅行傷害保険が付くので便利です。

羽田空港など国内空港のラウンジや、ダニエル・K・イノウエ国際空港の空港ラウンジ「IASS HAWAII LOUNGE」も利用できます。搭乗まで空港でリラックスできる場所があるのは助かりますね。

年会費は初年度無料ですが、次年度以降10,000円+税になります。
まず1年間、クレジットカードの便利さをたしかめてみるのはいかがでしょうか。

 

クレジットカードのポイントやマイルがたまるオススメのクレジットカードというのもありますが、ここではハワイ滞在中の旅の快適度UPとしてのクレジットカードを選びました。

・無料でトロリーに乗れる
・ラウンジで自由に休める

これらが気兼ねなくできると旅の疲れを軽くしてくれるし、アクシデント発生時に日本語が通じる「かけこみ寺的存在」の現地のラウンジがあると精神的にもラクです。

ツアーで無い場合、ハワイに知り合い無し、英語はやっとこさっとこ、そして心配性の私には旅の相談ができるラウンジは強い味方です。飛行機遅延でパニクった時もお世話になりました。

ハワイに持っていくクレジットカードは複数枚がオススメ

JCBカードが使えない?

「JCB」は日本の企業。ワイキキやアラモアナ周辺は使えますが、離島やちょっと離れたローカルなところでは、残念ながら支払いにJCBカードが使えない店もあります。

もっとも利用できるの国際ブランドは「VISA」ついで「MasterCard」です。

VISAがあれば安心ということで、VISAカードを作りたいという人にオススメなのがエポスカード

エポスカード(VISA)

エポスカード

クレジットカードの特徴
年会費無料
海外旅行保険自動付帯
海外キャッシングができる
・緊急医療アシスタンスサービス
・即日発行対応
・入会キャンペーンあり

おすすめポイント
年会費無料にもかかわらず、損害、疾病治癒保障額が充実している海外旅行保険が付く、エポスカードはもっていて損はありませんね。

現地でキャッシュが必要になったときに、ATMから現金を引き出すことができるので便利。日本から現金を持ち出す必要がなく手数料不要です。

 

クレジットカードを複数もっているときに付帯する海外旅行保険は?

クレジットカードに付帯する海外旅行保険は、複数枚のカードをもっている場合、「死亡保険と後遺傷害保険」以外は補償額を合算できます。

(死亡保険と後遺傷害保険は、持っているクレジットカードの中で一番高額が補償対象に)

つまり、年会費無料のクレジットカードならば自己負担がないので、複数枚持っていてもいいですよね。

ワイキキトロリーやラウンジ利用にはJCBブランドの楽天カードハワイラブカードを利用し、
いざというときのためにエポスカード2枚持ちをオススメします。

カード特徴
楽天カード
(JCB)
楽天カード
・年会費永年無料
・ワイキキトロリー(ピンクライン)乗り放題
・ワイキキのJCBラウンジ利用可
・ワイキキの楽天カードラウンジ、楽天トラベルサポートデスク利用可
・入会キャンペーンあり

ハワイラブカード
(JCB)
ハワイラブカード
・ワイキキトロリー(ピンクライン)乗り放題
・ワイキキのJCBラウンジ利用可
・初年度年会費無料
・海外旅行保険自動付帯
・ハワイでも日本でも使える加盟店の多さ
・空港ラウンジ利用可

エポスカード
(VISA)
エポスカード
・年会費無料
・海外旅行保険自動付帯
・海外キャッシングができる
・緊急医療アシスタンスサービス
・即日発行対応
・入会キャンペーンあり

※ 2018年10月時点

また海外旅行など飛行機に乗る機会が多い方なら、飛行機をお得に利用するためにもマイルが貯まるクレジットカードもぜひ検討してみてくださいね。

クレジットカードを使うときの注意

・PIN忘れないように

スーパーなどでクレジットカード利用時には、サインではなく4桁の暗証番号の入力を求められることが多いです。

「PIN」と言われてなんだったっけ?とならないためにも事前に番号は確認しておいて、忘れないように。

・身分証明書必要な店も

2018年になってから、クレジットカードで支払う際に、身分証明書の提示が必要な店が数店舗ありました。
アラモアナセンター内のショップとカハラモール内のショップで身分証明書などIDの提示を求められ、そのときはパスポートを持参していなかったのでキャッシュで支払いました。金額は20ドル~30ドルくらいです。

写真付のIDとのことですので、日本人の場合は「パスポート」や「国際運転免許書」になります。

パスポートを持参していればクレジットカードは使えますが、パスポートを持ち歩きたくない場合は、買い物ができる程度のキャッシュを持っていたほうが安心です。

Tシャツ
パスポートを持参していなくてTシャツ1枚もクレジットカードでは買えなかった。

ハワイ旅行にオススメのクレジットカードの選び方まとめ

ポイントやマイルよりも、ハワイ現地での旅の快適度という観点から、
・トロリー乗車が無料
・ラウンジ利用可能
・自動付帯の海外旅行保険

ということで、オススメのクレジットカードをご紹介しました。

いくらお得なクレジットカードでも年会費が高額では本末転倒かなと思います。

持っているだけで自動的に付帯する海外旅行保険のクレジットカードも、年会費が無料なら持っていて損はありません。

これからハワイ旅行される方は、年会費無料のクレジットカードの利用を検討してみてはいかがでしょう。