大人がときめく幸せハワイ

ホテルでのマナー

ホテルの部屋

ワイキキの街

日本では何気ない日常的な行動でもハワイではタブー!(場合によっては罰金)ということも。せっかくのハワイ旅行が「知らなかった!」というだけで嫌な思いはしたくないですよね。

チップをお忘れなく

チップは日本では慣れない習慣ですが、受けたサービスに対して払う謝礼です。ホテルで働く人たちにとって、お客さんから直接受け取るお給料ともいえるのです。
ホテルの場合は、スーツケースなど荷物を運んでもらった時は目安として1ドル×個数分。ベッドメイキングとして1ベッドにつき1日1ドルを枕元(枕の下でも)に置きましょう。また、部屋を汚してしまった時はチップは多めに。

ドル紙幣

ホテルでは洗濯物は外には干さない

ビーチで濡れた水着などついついベランダで干してしまいがちですが、洗濯物を干す時はバスルームか室内へ。ホテルのラナイ(ベランダ)に洗濯物を干すことは、景観を損ねるという理由で禁じられています。洗濯物は室内かバスルームに干すか、ホテルのランドリー・サービスやコインランドリーを利用しましょう。バスルームのロープに干す際には、100均で売っている下着や靴下用の小さなピンチ付き洗濯物干しハンガーを持参すると便利ですよ。
洗濯物を干す

使用済タオルはバスタブへ

ホテルに泊まっていて、タオルが何日も交換されていないという話を耳にします。ホテルによってもサービスが異なりますが、エコロジー対策として、タオルの交換はお客さまの希望がなければ、毎日はしないというホテルが多いです。

1回手を拭いただけのタオルなど、毎回全部のタオルを交換してもらう必要もありませんよね。

交換して欲しいタオル、バスタオルはバスタブの中、もしくは床のすみにまとめて起くと、「使用済なので交換してください」という合図になります。

ホテルによってはタオルの交換についてのインフォメーションが書かれた紙が部屋にありますのでご注意を。交換せずにこのままで良いタオルはハンガーにかけておきます。くれぐれもラナイ(ベランダ)に干さないように。
タオルの上の石鹸

禁煙マナー

新禁煙法により、州や郡が所有する建物、レストラン・バー、ショッピングセンター、空港、ホテルのロビーや通路などが禁煙区域に、その出入口より20フィート(約6メートル)圏内も禁煙区域です。
ホテルの総客室数の20%まで喫煙可能な部屋にできるそうですが、ほとんどのホテルは全室禁煙のホテルが多く、ホテル敷地内の屋外の一角のみ喫煙というところもあります。

喫煙可能な場所もありますのでマナーを守って喫煙下さいね。
禁煙

子供を一人にしない

ハワイ(アメリカ)では、12歳以下の子供を13歳以上の付添い人無しでひとりにすることが禁じられています。

近くでちょっとの時間だからと、ホテルの部屋に子どもを置いて近くのスーパーに買い物に出かけたり、駐車した車内に子どもをちょっとの間残しておくことも禁じられ、ここが日本とは違います、アメリカです。

子供を一人にすることは危険にさらすことになります。子供の一人歩きが成り立つの日本は安全な国だからということはお忘れなく。
子供と手をつなぐ