ハワイにおすすめWiFiレンタル6選!初めてでも安心な選び方

もうすぐハワイ旅行の予定のあなた。

旅行の準備は色々あるとは思いますが、ネット環境の準備はできてますか?

ハワイでも日本と同じようにスマホを活用するために、WiFiはレンタルした方がいいと聞いたことがあるのではないでしょうか。

ところが、WiFiレンタルを探してみると、各社様々なプランがあって、自分にはどのサービスが良いのか選べない!と迷ってしまう人も。

ハワイ旅行で初めてWiFiを借りる人にとっては、「この容量で足りるかな?」「つながらなかったらどうすればいいの?」と不安に思われる人もいるでしょう。

そこで、実際にハワイ旅行で何度もWiFiレンタルした経験がある私が、レンタルする時にここは確認しておきたいというポイントや、おすすめのWiFiレンタル会社を、色々調べましたのでご紹介します。

これで、あなたにピッタリのWiFiレンタルが見つかるはず。

WiFiレンタルがあれば、どこにいても、Instagram投稿、LINEで連絡をとりあったり、バス、トロリー、お天気のアプリや、GoogleMapが使えて、ハワイ旅行が便利になること間違い無しで、本当におすすめ。

ハワイ旅行をスマホで快適に楽しんでくださいね。

ハワイのWiFi状況

free wifi

それでは、ハワイのWiFiの状況を見ていきましょう。

まず参考にハワイの無料WiFiスポットについて説明していきます。

ハワイの無料WiFiスポットについて

多くの観光客が訪れるハワイでは、ワイキキ周辺には無料で使えるWiFiスポット(フリー・ワイファイ)は以下のような場所にあります。

  • ショッピングセンター
  • カフェやレストラン
  • 観光用トロリー内
  • ホテル
  • 空港
  • ハワイ州観光局のフリーWiFi(主な道路)

ワイキキの街中で利用できて便利です。

無料WiFiに接続するには、IDとパスワードが必要になりますが、それらは建物内ならば壁のステッカー、カフェやレストランならテーブルにWiFiの案内が。

ホテルではチェックインの時にフロントでスタッフから説明があるか、お部屋に案内があります。

しかし、WiFiが有料のホテルもありますし、オアフ島の中でもワイキキから離れた地域や、ネイバーアイランド(離島)には、建物が集中しているところが少ないので、WiFiスポット自体を見つけることが難しく、限られたところにしかありません

無料WiFiでは、スピードが遅くてなかなかつながらない、つながってもいきなり切断されたりと接続が不安定だったり、スポットによっては1時間以内だけは無料など時間制限が設けられていることもあります。

Googleマップを利用する、友達と連絡をとりあう、SNSやアプリをどこでも使いたい場合は、やはり、WiFiをレンタルする方が安心です。

ハワイでのWiFiレンタルの使い勝手

ビーチでスマホ

オアフ島では

ハワイ旅行の中心となるオアフ島では、ホノルル、ワイキキとどこでもWiFiレンタルは利用できます。

ワイキキから離れても、観光客が訪れる場所はほぼカバー。

ワイキキの街中はもちろん、ビーチでも、山の中のトレッキングでも、障害物がなければつながりました。

とはいえ、つながりづらい場所もあります。

ショッピングセンター内の店などは、WiFiが複数飛び交って干渉し合うせいなのか、建物自体の影響なのか、つながらない所もあります。

しかし、建物の外に出たり、数メートル場所を移動するとつながります。

これは、日本でも同じようなことがありますね。

ネイバーアイランド(離島)では

ハワイ島のビーチ

では、ネイバーアイランドのハワイ島、マウイ島、カウアイ島でもWiFiレンタルは使えるのか。

結論として、各社とも4GのWiFiは利用できます。

実際に私もハワイ島、マウイ島、カウアイ島で、何度もWiFiレンタルしたことがあり、利用できました。

利用したことがないサービス会社の状況はどうなのか、問い合わせをしてみましたが、ネイバーアイランドも利用可能エリアであることを確認しました。

しかし、以下の注意点があります。

・地形の影響(各島とも海に囲まれ標高の高い山がある)
・天気(雨)

WiFi利用は自然の影響をとても受けやすく、その影響でつながりにくくなることがあります。

参考:アロハデータのハワイ諸島カバーエリア

ネイバーアイランドの接続状況
引用:アロハデータ

いくら圏内のエリアであっても、山の中、山のふもと、谷間、障害物の無い海岸沿い等は、電波が不安定になり、つながりにくかったり、つながらないということもありました。

ワイキキと比較すると、接続の安定性は下がりますが、よほど自然の中に入りこまない限り、ほとんどの観光スポットではつながります。

それでも、つながらない場合はサポートに連絡です。

また、WiFiレンタル申し込み時に、「ハワイ」のどこの島で利用するかを伝えておくと、その島に一番適した機器をレンタルしてくれます

申し込みフォームに「島」を選択する箇所が出てくる場合は、必ず島を指定しておきましょう。

WiFiレンタルの選び方のポイント

レンタルしたWiFiルーター

では次に、選び方の6ポイントとコツをご紹介します。

自分にとって重要なポイントは何か、そのポイントを満たしてくれるサービス会社を選びましょう。

速度は4Gが主流

WiFiレンタル各社の主流は「速度4G(高速)」です。

日本で使っている時と同じくらいの速さを求めるなら、「4G」を選べばストレス無く使えます。

そして、2021年から登場したのが超高速の「5G(超高速)」。

WiFiレンタルで5Gプランがある会社は、「GLOBAL WiFi」だけです。

速度というのは、環境に左右され、常に一定というわけではありません。

例えば、都市部以外のエリアや山間部、または建物の中、地下など電波をさえぎる物がある場所など、4Gが3Gに切り替わったり、圏外になる場合もあります。

1日に使えるデータ量

いったい自分はどれくらいのデータ量を使うのか?と、一番迷ってしまうのはこれではないでしょうか。

結論から言うと、一人で利用するならば「600~700M」、何人かで利用するなら「無制限」のデータ使用量プランがおすすめです。

ほとんどのホテルには、ホテル内で宿泊客だけが利用できる無料WiFi設備がありますので、ホテル内ではホテルの無料WiFiを利用し、外出時のみレンタルWiFiを利用するといいでしょう。

また、1日に使える容量を使い切ってしまった時でも、簡単に容量を追加購入できるサービスもあります。

受取返却の方法

WiFiルーターの「受取」はハワイ旅行の前日か当日、「返却」は帰国日か翌日と、期間が限られますので、一番利用しやすい方法を選ぶといいです。

受取方法

受取方法は以下の方法があります。

  • 宅配
  • 出発空港のカウンターやロッカーサービス
  • コンビニ
  • WiFiレンタル業社に取りに行く
  • 現地(ワイキキのデスク)

出発のときに、空港で時間をとられたくない場合は、宅配か、コンビニ受取にしましょう。

空港カウンター(WiFiレンタル事業者のカウンター)での受取は、出発便は時間が集中して混み合うので、混雑を避けたい人は空港のロッカー受取サービスがおすすめです。

現地受取の場合は、ワイキキのデスクに限られます。

現地受取ですと、ハワイ到着後、ホノルル空港からワイキキデスクで受け取るまでの間、WiFiレンタルが利用できないのはネックかもしれません。

返却方法

返却方法は以下の方法があります。

  • ポストに投函
  • 宅配
  • 到着空港のカウンターか返却BOX
  • WiFiレンタル業社に返却に行く
  • 現地(ワイキキデスクかホノルル空港)

ポストに投函は「アロハデータ」だけのサービスです。

WiFiレンタル機器が送られてきたときに、返却用の宛名が印字された封筒が同封されており、その封筒に機器一式を入れてポストに投函するだけというお手軽さ。

返却封筒をハワイ旅行に持っていけば、帰りの便でWiFiレンタル一式と封筒を手荷物にし、日本到着後、封筒に機器一式を入れて、自宅に到着する前に投函すれば返却がスピーディーです。

宅配の場合は、送料は自己負担になります。

到着空港の返却BOXは、WiFiレンタル機器一式をボックスに投函するだけですので、返却忘れも無くこちらもお手軽です。

WiFiレンタル機器は貴重品です。
ハワイ便に搭乗する際に、預けたスーツケースの中に入れておいたものが、紛失することもあります。
預けた荷物は安全ということはありません。
スーツケースに入れて預けずに、手荷物として機内持ち込みをおすすめします。
また、手荷物にしておけばハワイ到着と同時にすぐに利用できますね。

困ったときのサポート対応

万が一、せっかくレンタルしたWi-Fルーターが、現地でつながらないとなったらショック!

トラブル時には、今すぐに対応してほしい。

  • 24時間対応してくれるのか
  • 対応手段は電話か、メールか、SNSか
  • 現地にデスクがあるか

サポート体制がどれくらい整っているかは、初めてWiFiを借りる人にとっては大事な安心材料でもあります。

初めてレンタルWiFiを利用する人や、ネットや機器に詳しくない人は、日本との時差に関係なく、24時間365日対応で対応してもらえること大事なポイントです。

何も起きなければ、利用することがないサポートデスクではありますが、トラブルが起きる確率は決してゼロではありません。

《私のサポート体験談》

「サポート」といっても、トラブルを解決するには、サポートに操作方法を聞きながら、自分で機器を操作して対応することになります。

すぐに解決できればラッキーですが、解決できるまで、この方法はどうか、それが駄目なら、この方法はどうかと、色々操作することになります。

私は、過去に初期設定ミスのWi-Fルーターが送られてきて、現地でまったくつながらないトラブルに遭いました。

そのときはSkypeでサポートをしてもらい、つながるまでにあれこれ操作して約1時間、Wi-Fルーターが正常につながった時はもう、ぐったりです。

そして、滞在中の貴重な時間をトラブル対応に使ってしまったことも残念。

幸いにも現地の知人宅で、WiFiが借りられたからSkypeでサポート出来たのですが、電話だったら電話代はいくらかかったかわかりません。

カフェの無料WiFiでは接続が不安定で、サポートにつながりませんでした。

機器やネットに比較的強い私でもこれだけ時間がかかったのですから、自分では絶対に対応は無理!と感じる人は、ワイキキ滞在ならば現地デスクがあるサービスを選んだ方が安心です

WiFiレンタルのトラブルということは、レンタルしたWiFiが使えない状況なので、無料WiFiにつなげてメールやSNSを利用してサポートを受けるか、もしくは電話で対応になります。

自分で対応が苦手な方は、ワイキキのデスクを利用するのがおすすめです。

補償やオプションも必見

レンタルしたWiFiルーターを壊してしまったり、紛失してしまうこともありえるので、補償には加入しておきましょう

万が一、紛失や破損してしまったときは高額の弁償になります。

加入する補償料金は1日に数百円のものがほとんどですので、ここは安心を買うと割り切って加入をおすすめします。

サービス会社によっては「補償」と「バッテリー」がセットになったお得なプランもあります。

WiFiルーターの連続使用時間は、約3~5時間のため、バッテリーの消費が早いです。

特に何人かで利用する場合や、ナビ代わりにスマホでGoogleMapを利用する場合など、通常よりバッテリー消耗が激しくなりますので、モバイルバッテリーも一緒に持ち歩きましょう

自分のモバイルバッテリーがあれば、日本から持っていけばいいですが、WiFi機器と一緒にレンタルすることもできます。

他にも、レンタル備品は、ポケトーク、イリーなどの自動翻訳機、GoPro、BOSEイヤホン、ミニフォトプリンター、iPad、軽量折りたたみ傘など充実しているサービス会社が多いので、今回の旅行しか使わないとか、一度試してみたいものは、一緒にレンタルしてもいいですね。

料金の違いは?

各社で差があるのが料金。

料金が安いところは、WiFi機器が貧弱とか、そういうことではなく、受取返却のパターンが少ないサポート力が弱いなど、理由があります。

受取返却にこだわらない、トラブル頻度は低いだろうからサポートはそこそこで良いという場合は、料金の安さで選んでもいいでしょう。

24時間365日のサポートがあれば安心、空港で返却したい、クレジットカードを持っていないなど、料金以外にも、自分で重要視するポイントがあれば、それをもとに選びましょう。

各社とも、その時々に、サマーキャンペーンなど不定期なキャンペーンも開催されます。

  • 早割(出発1ヶ月以上前に申し込み)
  • リピーター割引(レンタル2回目以上)
  • 長期割引(15日以上)

キャンペーン割引が適用されると、10~20%と、かなり安くなる場合もありますので、ハワイ旅行が決まったら、出発1ヶ月以上前に申し込みをする「早割」利用をおすすめします。

ハワイWiFiレンタルおすすめ6社比較表

おすすめの6社の比較表がこちらです。

2021年10月調査

アロハデータ4トラベルグローバルWiFi楽天トラベルイモトのWiFiWi-Ho!
料金
受取
返却
サポート

各社のセールスポイントが何か、大まかにわかると思います。

それでは、各社のサービスを詳しく見ていきましょう。

ハワイWiFiレンタルおすすめ6選

会社ごとに、料金やサポートなど特徴があるので、あなたにとって納得できるものを選びましょう。

アロハデータ

アロハデータHP出典:ALOHA DATA

コスパで選ぶなら、断然アロハデータがおすすめ!

同じ速度、通信量でも他社と比較すると料金が約半額
しかも、キャンペーンが多く、適用されるとさらにお得に。

受取は、宅配か4つの空港のカウンターになります。

返却はポストに投函のみ。

宛名が印刷された投函用の封筒も送られてくるので、その中にWiFiレンタルセットを入れて、ポストに投函するだけです。

サポートがメールしか手段がないことがネックですが、ワイキキに現地デスクがあるのは強み。

日本では予約しなかったけど、ワイキキのデスクでの申し込みも可能で、現地で受取返却も出来ます。

フォートラベル GLOBAL WiFi

フォートラベルHP出典:フォートラベルGLOBAL WiFi

サービス内容と料金と総合的に選ぶなら、フォートラベル GLOBAL WiFiがおすすめ。

旅行のクチコミ比較サイト「フォートラベル」のWiFiレンタルサービスです。

フォートラベルの無料の会員登録が必要ですが、会員になると大幅な割引や手数料無料など料金のサービスが受けられます。

受取返却は、宅配以外にも、国内17空港で可能。空港のカウンターに並ばずに受取ができるロッカーサービスも。

サポートが24時間365日、国内、海外からの専用電話とLINE。

また、ワイキキにはオフィスがあるので、さらに安心。

ANA系のクレジットカードで料金を支払うと、マイルが貯まるのも特徴です。

また、フォートラベルポイントが10%たまり、次回のWiFi割引クーポンやマイル等に交換できます。

\ 総合点でおすすめ /

GLOBAL WiFi

グローバルWiFi出典:GLOBAL WiFi

200以上の国と地域に対応しているWiFiの大手サービス会社。

受取空港は一番多い18空港、コンビニでも受け取りができ、さらに宅配、現地と多数受け取り方法が有ります

24時間365日サポートは、電話やメールだけでなく、LINEやSkypeでも問い合わせ可能。

現地ワイキキにオフィスがあることも安心です。

ハワイ滞在中に1日に使える容量を使い切ってしまっても、データの追加購入ができるので大丈夫。

追加購入して容量が余った場合は、翌日に繰越して利用できます。

さらに余ったときは、次回渡航に利用可能。

2021年に超高速の「5Gプラン」の提供を開始。

「5Gプラン」があるのはGLOBAL WiFiのみ。

5Gは都心部で利用可能となっており、5Gにつながらない場合は4G通信に切り替わります。

エリアによっては、4Gのみになりますが、ルーターが5G用の最新機器なので、従来の4Gよりも通信速度は早くなります。

5Gはデータ通信量無制限のプランで「早割」を利用すれば1日2,970円。

GLOBAL WiFiのデメリットは、料金が高いことですが、何人かで利用するならば、安心や利便性の面からおすすめです。

楽天トラベルグローバルWiFi

楽天トラベルグローバルWiFi出典:楽天トラベルグローバルWiFi

前記の「GLOBAL WiFi」の楽天会員向けサービスです。

楽天会員特典があり、楽天会員だと受取手数料が無料、また利用額に応じて楽天ポイントが貯まります。

楽天バンク決済や楽天Edyでの支払い可能と、楽天会員のためのWiFiレンタルです。

24時間365日電話サポート。

イモトのWiFi

イモトのWiFi出典:イモトのWiFi

24時間365日、固定電話からの連絡であれば、通話料のかからないフリーダイヤルあり。

他社のサポートは海外からの場合、サポートへの通話料はお客様負担がほとんど。

ネットにつながらないトラブル時に、無料で電話サポートがうけられるのはありがたいです。

1日のデータ量を使い切ってしまった場合、事前の申込みは一切不要でデータチャージ可能

返却は空港カウンターの返却BOXに、レンタルセットを入れるだけでOKなので楽チン。

渋谷の本社(渋谷駅隣接ビル)でも、レンタルセットの受取返却ができ、手数料は無料になります。

料金が高いのがネックなので、何人かで利用するならいいですね。

Wi-Ho!

Wi-Ho出典:Wi-Ho

総額3,000円以上の契約で、送料無料で自宅で受け取りができます。

羽田空港には、24時間受取返却可能カウンター有り。

24時間365日、電話とメールのサポートがあります。

長期滞在の場合は、「15日パック」「30日パック」「60日パック」「90日パック」とお得なパックあり。

楽天ペイで支払えば、楽天ポイントがたまります。

24時間サポートも必要だけど、料金をおさえたいという人におすすめ。

ネイバーアイランド(離島)のカバーエリアは下記の通り。

  • マウイ島: カフルイ、ラハイナ
  • ハワイ島: カイルア・コナ、ヒロ、ワイコロアビレッジ、ワイメア
  • カウアイ島: リフエ、ワイメア

上記以外のエリアに行かれる場合は、問い合わせいただければ、別途確認してもらえます。

さいごに

コスパで選ぶなら断然「アロハデータ」がおすすめ。

コスパ+24時間365日のサポート有りの総合面で選ぶなら「フォートラベルグローバルWiFi」がおすすめ。

ワイキキに滞在するならば、現地にデスクがある方がWiFi初心者には安心ですね。

その他には、コンビニ受取にしたい、現地受取返却にしたい、楽天ポイント貯めたいなど、自分にあった特徴を持つサービス会社を選ぶとよいでしょう。

各社ともWiFiの性能は年々アップして、機器が最新のものに変わっていたり、プランや料金が変更されていることがあります。

ハワイ旅行の際には、もう一度各社のプランやサービス内容をチェックしてみると、お得なサービスを見つけるかもしれません。

WiFiレンタルで快適なハワイ旅行をお楽しみください。