ハワイ好きなおとな女子へ

【動画あり】ナ・パリ・コースト上陸ツアー!世界の絶景にも選ばれた秘境へ

ナ・パリ・コースト

世界の絶景にも選ばれたナパリ・コースト。断崖絶壁の地形上の理由から陸続きで行くことができません。
海か空からしか行かれない秘境。

今回は海からナパリ・コーストへ上陸のツアーに参加しました。

ナ・パリ・コーストまでのルート

ナ・パリ・コースト

上からナ・パリ・コーストを見下ろすと断崖!「パリ」とはハワイ語で「崖」を意味するように、断崖絶壁で囲まれているため、海から上陸しないと行かれません。

ワイメアより少し西側のキキアオラ港から出港します。

キキアオラ港

キキアオラ港

朝早くから、ボートや船を待っている人々。ウクレレをひいて歌っている人がいる。気分いいねぇ~ハワイだ♪

当日の天気予報は「雨」だったので、決行するのか心配でしたが、さすがカウアイ島の天気予報!予報は予報でしかありません。

雨に降られることはなく、当日の天気は曇り時々晴れ。心配はなんのその。

それにも関わらず、脚は日焼けで真っ赤っか、かなり日焼けをしてしまいました…。
晴れていたらどうなったことでしょう?恐ろしい。。。

出航のときは縦の虹が出て、虹に向かってすすむというドラマチックな出航に。

私たちのツアーは人数が少なかったので、小さなボートになりました。

ボート

後ろのボートです。ラッキーなことに、小さなボートは船酔いしないそうです。

ボートに乗ってみて、その理由がよーくわかりました!乗り物酔いどころではありません、しっかりつかまっていないとボートから飛ばされそうで、エキサイティング過ぎて酔っている間がないのです!後の動画でその様子をご確認いただけます。

乗り物酔い止め薬

一応、日本から酔い止めを用意したが使わなかった。

船酔いは、船が波の上に「ふわっ!」と乗ると起きるそうで、ブランコに立ちこぎしてふわっと浮いた感じと同じとでもいいましょうか。ボートが大きくなるほど、ふわっとします。

小さなボートはふわっとどころか、波に体当たりするような衝撃。楽しい。

私たちの船の船長さんは、若くて健康的でキュートな女性!「えっ、キャプテン(船長さん)?」船長さんというとひげがはえたおやじのイメージでしたが、ぜんぜん違うのです。キュートな船長さんは動画でご覧くださいね。

彼女に命を預けることになるのです。

出航

ボートに乗ってゆらゆらしながら出航を待ちます。
出航とともにいきなり急加速!「きゃーーーー」最初っから、こんなスピードなんだ!!

しっかりつかまっていないとふり飛ばされるので、動画撮影もままならず、カメラは何度も違う方向を映す。なるほど、これは乗り物酔いどころではありません。

\ 虹だけは撮影しなきゃと必死の動画 /


ナ・パリ・コースト

この景色を海から観たかったのです。感動&迫力!!

ナ・パリ・コースト

素晴らしい青い洞窟の数々

海の洞窟

ナ・パリ・コーストには、自然に出来た海の洞窟がたくさんあります。マリンブルーとはこの海の色を言うのだろう。

洞窟

ナ・パリ・コーストへの海からツアーは「洞窟観光」として、もっとアピールしてもいいのではないかと思うほど、海の洞窟巡りは価値ありです!

観光用の地図では海の洞窟の存在はわからないので、現地でトレッキング用の地形がわかる地図を買い確認しました。

カウアイ島の地形地図

「Sea Cave」が海の洞窟のことです。海の洞窟載っています。黒の半円のマークは地図マークで洞窟なのでしょうか?

ナパリコーストの地形地図

ポツポツと海岸沿いにある半円の黒マークは海の洞窟?

海の洞窟

Kauai Open Ceiling Sea Cave
別名「プカラニ」とも呼ばれ、ハワイ語の「天国への穴」という意味です。天井がくりぬかれた溶岩チューブの洞窟です。

見上げると、ぽっかりと天井が空いており、海底に落ちちゃったのでしょうか?ボートにプカプカ揺られながら空を仰ぎ、静寂~。

GoogleMapで検索してみると、ちゃんと地図上に丸く存在していました。

waiahuakua sea cave
ナ・パリ・コースト最大の海の洞窟「ワイアフアクア」はハワイ語で「神聖な水」を意味します。
入口と出口が別々にあるだめ、二重扉洞窟としても知られてます。

穴があいた部分から豪快に水が流れ滝のようです。シャーーーッと、水の流れる滝のような音が心地よく癒やされます。

洞窟をでるときに冷たい霧のような水が降りてきます。下から雫を見上げるとゆっくりスローモーションの一コマのように見えるんですよ。

\ すばらしい洞窟ツアー動画はこちら /

小さなボートだから楽しめること!

それは、ボートの幅すれすれの海の洞窟をすごいスピードで通り抜けること。絶叫マシンなみの恐怖。いや、絶叫マシンは事故のないように安全につくられていますが、こちらは自然の洞窟、船長さんの腕にかかってるよー!。

\ リアルな音声で絶叫!(音量注意)/

イルカの群れ

イルカの群れ

あるポイントでイルカの群れに遭遇。

海中にはこんなにたくさんのイルカがいました。この写真はほんの一部で、あっちでもこっちでも子どものイルカがジャンプして宙返りをみせてくれて、私たちは「イルカ!イルカーーーー!」と興奮してパニック!

誰が芸を教えたわけでもないのに、楽しませてくれて愛らしすぎる。

ボートの周りには、いったい何十頭いたのでしょう?

シュノーケリング

シュノーケリング

上陸したのはヌアロロ・カイ・ビーチ(nualolo kai beach)。ここにボートを停めてシュノーケリング開始。

昨日までの雨で海水は濁り気味ですが、それでも魚がたくさん。ここはサンゴ礁なのでシュノーケリングにぴったりです。

シュノーケリング

ゆらゆらと気持ちいい~。頭からっぽ。

Nu'alolo Kai State Parkシュノーケリング

山も海も見える。

上陸~ランチ~Nu’alolo Kai State Park散策

ナ・パリ・コースト州立公園

古代ハワイアンが住んでいた村。現在は州の自然の植物保護区として、地元の非営利団体によって保護されています。この土地は許可されたボートしか上陸できません。

壁に刻まれたXの文字と石垣

溶岩の噴水口を横切ることで自然に形成された、高さ約120メートルの巨大「X」があり、幻想的な彫刻に。

壁に刻まれたXの文字

WAHI PANA

この地は、住居、農業、宗教的な建物などがあり、神聖な場所です。

探索中

ランチの後は、神聖なこの地の散策です。ニノの木、ココナツの木、野生のヤギがいます。

万能薬「ニノ」の実を一口食べてみましたが「まっずーーーーー!」。市販のニノジュースの味なんてもんじゃありません。陽にあたっていた生暖かい実は、納豆がさらに腐ったような超発酵の物体。この発酵物がからだに良い理由でしょう。

ビーチの景色

 

壁に刻まれたXの文字の風景

タイムスリップというよりも冒険です。

帰港

行きもかなりのスピードと感じましたが、帰りはそれよりもスピードアップ!まるで何かに追っかけられて逃げるかのように、一目散に走るという感じでした。

これまた爽快!

途中、ボートが急にUターンをしたので、何かと思ったら、大きな網が浮かんでいました。カメなど海の生き物がひっかかったら大変!網を拾って持ち帰りました。

船長さんは、海のパトロールもしているんです。

\ このスピード!! /

 

今回、参加したツアーは夏季(4~9月)限定の稀少ツアー!
日本語がOKなのは、カウアイ島人気ガイドのボビーさんのここだけ。
» コア・ツアーズの「ナパリ・コースト上陸ラフトツアー」