ハワイに城がある?!高知城に似た全米最大の日系教会「マキキ教会」

え?ハワイにお城がある!と思ったら「教会」でした。

アラモアナセンターから徒歩13分の距離です。

どこからどう見てもお城。ハワイに何故お城のような教会があるのでしょうか?

全米最大の日系教会なのです。

マキキ教会とは

マキキ教会
マキキ教会

ハワイへ移民してきた高知県出身の日本人「奥村多喜衛(おくむらたきえ)」牧師によって、1904年に建てられたプロテスタント教会です。

故郷の高知城天守を模し、全米最大の日系教会。

奥村多喜衛牧師は高知県の武士の家系の長男として生まれ、同志社大学神学校卒業、キリスト教を邦人に伝道しました。

マキキ教会
マキキ教会

当時、クレーン車などはなくすべてが人力によって造られています。

マキキ・キリスト教会

130以上の全てが異なる花が描かれています。神が創造した多様性を現しているそうです。

マキキ教会内部
マキキ教会内部

天井画は日本のお寺そのもの。。

天井画

まるで日本のお寺のようです。

門

ここで時代劇の撮影ができるのでは?というくらい立派な門。

門
「顕栄」

奥村多喜衛さん

奥村牧師は「ハワイに高知城をたてた男」「侍牧師」と言われてます。

ハワイに来た当時は、日本からの移民たちの酒、博打、売春と荒んだ生活に愕然としました。

当時は3年契約でハワイに働きに来る若い独身男性ばかりで、「旅の恥はかきすて」と堕落する若者が多かったそうです。

奥村牧師はそんな彼らをささえようとします。

「日本人は裸で風呂に行く」「庭で魚を焼く」と日本人の悪い評判ばかり。

奥村牧師は「ここは日本じゃない、アメリカだ、アメリカの価値観がある」「郷に入ては郷に従へ」と握手やフォークとナイフを使っての食事のマナーなどを教えます。

それは、ハワイに残る日本人のため、アメリカ社会に溶け込めるよう50年後を見据えてのことでした。

日系の子供たちには、いかにもアメリカらしい「野球」を積極的にさせました。

複雑化する日米関係の中でハワイの日系移民社会を支え続け、ハワイの日系人社会の構築に多大な貢献をしました。

太平洋戦争で多くの日系移民が迫害を受けましたが、それでもマキキ教会は弾圧に負けませんでした。

それは、奥村牧師は明確なビションをもってハワイに城を築いたからです。

自分たちのルーツを知ること。

つまり、自分自身を知ること。

そのゆるぎない価値観を共有することで相手を尊重し、人と人とがつながり愛情の交換ができる。

奥村牧師は85才で生涯を閉じました。

同志社には布哇寮がありハワイ交流があります。

マキキ教会に行けるオプショナルツアーはこちら
ダイアモンドヘッドクラブ 神社仏閣ツアー

地図

マキキ教会