ハワイスペシャリスト検定上級合格

ハワイスぺシャリスト検定(上級)に合格してから早3年。有効期限は3年間なので、資格をキープするには、3年毎に更新しなければなりません。

免許証更新とは違い、また上級の試験を受け直すのです。
もちろんまたチャレンジしますよ~。
選択式問題50問と作文。

ハワイスペシャリスト検定の上級は知らなければわからない問題ばかり。
逆に言えば知っていれば解ける。

「どうやって何から勉強したらいいのか?」と聞かれることもあるので、私の勉強方法について、ご参考までに紹介します。
参考になれば幸いです。



ハワイスペシャリスト上級の結果

今回は更新なので、2度目の上級試験ということもあり、ちょっと自信もあったので、筆記試験は満点を狙いました!(きっぱり)。

ハワイスペシャリスト検定受験結果

結果は、1問間違えてしまった (-_-;) 。
ハワイのミュージシャン関連の問題を間違えました・・・残念。

3年前に受験した時の結果はギリギリ合格でした。たいして勉強しなかったというか、ほんとに運が良かったとしかいいようがありません。

今回は自分で勉強したことが納得できるようにと、またハワイの理解を深めるためにも、勉強方法を工夫してみました。

勉強方法

ハワイについて、基本情報から、歴史、文化、自然、観光スポット、イベントとすべてを学ぼうと思ったら膨大な量になることは間違いありません。

ハワイスペシャリスト検定に、合格することだけにスポットをあてた勉強方法について、ご紹介します。

結果的にはハワイについて理解が深まりますよ。

ヒント

「ハワイスペシャリスト Hapuʻu(上級)ヒント集」のPDFファイルがアロハプログラムから提供されています。

» ハワイスペシャリスト Hapuʻu(上級)ヒント集

ここからメインで出題されますので、この内容をまず理解できること。完全に理解できていればまず合格でしょう。

ヒント集は、あまりにも端的にまとまっているので、この通りに文章を覚えるだけでは、表面だけの文字の理解になってしまいがち。これは前回受験の私の勉強法なので、ギリギリ合格レベル。

このヒント集の文章通りには出題されません。まるで本当に内容を理解しているかどうかを問うように、違う角度から(違う言い方で)出題されます。

・ヒント集に載っていない問題も出題されます。
・上級は「ひっかけ問題」も登場します。

なので「どうしてこうなったのか?」など、理解という点で、もう少し広げて関連事項などは、自分で調べてみることが大事です。

また、テキストもそうですが、「読み物」はわかった気になってしまうので要注意です。

わかっているかどうかを確認するには、問題を解いてみること!
そこで過去問なのです。

過去問

合格への最短コースは過去問を解きまくること。アロハスペシャリスト検定の過去問とは、サイトにある「トライアルテスト」です。

過去問といっても、過去とか関係なく今も出題されます。

WEB上から、一問一答クイズ形式で問題が解けるので、ゲーム感覚で楽しみながら問題にチャレンジできるので、非常に続けやすいですよね。

トライアルテストは1度に10問しか出題されません。2回、3回と続けてトライアルテストをしてみると、問題が変わります(※共通の問題もありますが)。

隙間時間を利用して、毎日最低でも1回はトライアルテストを受けていれば、1か月もすれば、ほぼ理解できるようになるはずです。

同じ問題を繰り返す「反復学習」が「記憶」になっていく様を、体感できました。
繰り返し学習ってホントすごい!

ただし、ここで大事なことは間違えた問題を放置せずにメモしておくこと。トライアルテストを受けたっぱなしにはしないでくださいね。

間違えた問題と解答こそが、自分にとっての一番大事な資料です。私も最初はかなりの数間違えましたよー。よくわからないことは、ググってその問題の範囲を少し広げて知識を入れるようにしました。

私はパソコンでevernoteを利用して、「間違えた問題集」として、間違えた問題と解答を入力していきました。wordでも手書きのメモ帳でもなんでもいいのです。

こんな感じに・・・私が作成した「間違えた問題集」の内容をいくつかご紹介します。

ノートの一部

文章だけではなく視覚からも理解が深まるように工夫しました。

ノートの一部

実際にどの位置なのか地図も張り付けておく。訪問したことがない場所の地名は覚えにくいので地図を張り付けて、その周辺の様子も一緒に覚えてしまう。

ノートの一部

どんな像でどこにあるのかも、ネットから情報を集めて張り付けておく。こうすることで具体的に理解できてきます。

ノートの一部

頭の中でとっちらかっていることは、整理するために「参照」として張り付けておく。上の例は「ジョージ・バンクーバー」と「ジョン・ヤング」が、なぜか私の頭の中でごっちゃになっていたので、どういう顔をしていて、何をした人かを張り付けておきました。

こうしてみると、バンクーバーは海軍の軍人で、ジョン・ヤングはエマ王妃の祖父と、ぜんぜん違うじゃん!

このように自分だけがわかるように、間違え問題と解答集を作成していきます。

トライアルテストを受けるたびに、間違えて増えていく「間違えた問題集」は、1か月間も続けると、かなりのボリュームにまとまり、これって販売できるんじゃない?とさえ思ってしまうのでした(笑)。

ハワイスペシャリスト検定の公式ガイドが販売されています。

この本での勉強が王道です。わからないことはこの本で調べることもよくありました。

この本をよく読んでアンダーラインを引いても、わかったつもりになりがちなので、最終的にはトライアルテストで確認してくださいね。

サイト

Aloha program

https://www.aloha-program.com/curriculum/

わからないことを調べる元として、アロハプログラムサイトのコンテンツは豊富で、詳細に載っています。

作文

作文は毎回テーマが違います。ハワイ好きの人には書きやすいテーマですので、感じたことをのびのびと書いちゃってくださいね。

合格するメリットと特典

Good♪

  • ますますハワイが楽しくなる
  • ウェブセミナーやリアルなハワイセミナーに参加できる
  • ハワイ現地での特別プログラムやツアーに参加できる
  • ハワイの特定のホテルが特別優待価格になる

どれもハワイ好きには嬉しいところ。

ハワイについて学べるセミナーは、ここしかない!それが私がスペシャリスト検定を受けた理由です。

ハワイ旅行ノート

今回、合格でいただいた「旅ノート」。ハワイ観光局オリジナルデザインのノートで、各島ごとのポケットページと方眼ページです。

まとめ

現地のオプショナルツアーに参加して、たまに、プロ意識が低いガイドさんにあたることがあります。ちょっと違うのではないか?と不確かな情報や、今は違うという古い情報を得意気に話しているのを聞くと、ちょっと悲しくなります。

スペシャリスト検定合格者など、ハワイについて教養を持っている日本人もどんどん増えてきているので、ガイドさんも常に勉強する必要があるのではないでしょうか。

そもそも「スペシャリスト」っていう呼び名がすごいな。名前負けしそう。

机上で勉強することよりも、一番学べるのは現地に行くこと。体験学習に勝るものはありません。

「マウイ島ラハイナで盛んであった産業で、現在もその面影が残るのは?」という問題でも、ラハイナに行ったことがある人ならば「捕鯨」とすぐにわかるでしょう。

知らなったことでも、問題を解いているだけでも、点と点がつながってきます。
なるほど、あのときこうだったから、こうなったのかと。歴史系の問題はすべてこうですよね。

ますますハワイが楽しくなるアロハスペシャリスト検定はいかがですか?

おすすめコンテンツ
おすすめの記事