大人がときめく幸せハワイ

25セント硬貨コレクター「50州25セント硬貨プログラム 」

記念硬貨の25セント

25セント硬貨はクォーター(四分の一)とも呼びます。おつりでもらう25セント硬貨のデザインをよく観察してください。

通常は表がジョージ・ワシントン、裏がワシです。

通常のクォーターデザイン

その中には裏面のワシの代わりに、年号と州のデザインがされている25セント硬貨があります。1999年〜2008年にかけて、50州それぞれの特徴が裏面に描かれた25セント硬貨が発行されました。

記念硬貨

それぞれのデザインは、その州独特の歴史、伝統、シンボルになっており、通常、その州の住民がデザインしたものを州政府が選んだそうです。一般の人のデザインが記念コインデザインになるなんてすごい!大コンペ。

ハワイ好きなら、ハワイ州の25セント硬貨を手に入れたい。いや、ひと目見たい!
ジャーン!!これです。

ハワイ州の記念硬貨

カメハメハ1世の彫像と州の輪郭
「Ua Mau ke Ea o ka ʻĀina i ka Pono 」という文字も彫られています。
意味は「治世は正義によって永久に続く」です。

ハワイで買い物をして、何度おつりをもらえども、通常の25セント硬貨か他の州のデザインばかり。せっかくなので、他の州のデザインも1枚ずつキープ。硬貨によって発行枚数が異なるので頻繁に手元にやってくるデザインもあります。

あー3回目のハワイ旅行でもカメハメハ1世は私の手元にやってこなかったか・・・。

そして、ホノルル空港出発直前、空港内の航空会社専門のギフトショップで「ハワイアンエアライン」のステッカーを買いおつりを手にとって搭乗口に向かって歩きます。おつりを財布にしまおうとしたら、いらっしゃいました~カメハメハ1世様。ハワイ出発最後の最後にいらっしゃるなんて、素敵です。

これらのコインを全て揃える収集家のための、コレクターグッズ『US25セント硬貨(クォーターコイン)コレクションブック』があります。
ハワイに行ったら買ってこうと思って、日本に帰ってくるとまた忘れた~となるのですが、amazonでこんなに簡単に手に入るなんて。しかもお手頃価格。もっと早くネットで探せばよかった。

MAP

ページ数が倍のコレクションブックもあるので、なんのため?と思ったら、デンバーとフィラデルフィアの2つの造幣局で製造されており、デンバーは「D」フィラデルフィアは「P」と表面の刻印されており、収集家は2種類を集めているそうです。「P」も「D」も形が似ていて老眼には見分けづらーい。

造幣局マーク

さっそく届いて、1枚ずつはめこみ・・・楽しいけど以外と時間がかかるので、毎日少しずつセットしていくことにします。手元の硬貨には、州の硬貨ではない記念硬貨もありました。

MAPの中

プエルトリコなどの自治領のコインもあります。

ハワイでは本屋さん、大きな文具店で手に入るそうです。
【参考】バーンズ・アンド・ノーブル アラモアナショッピングセンターの1F

amazonで簡単に買えることがわかればまず安心。

いや~まだ始まったばかり!全ての州を集めるには結構時間がかかりそう。

他にも25セント硬貨プログラムがありますよ。
25セント硬貨コレクター「国立公園25セント硬貨プログラム」始動!