JTB HAWAII のホテル予約サイトを見る

ESTA(エスタ)をネットから申請する

esta

ESTAとは、2009年1月12日以降にビザを持たずにアメリカに入国する渡航者は、事前登録が義務づけられらた「渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)」のことです。観光目的や短期のお仕事でアメリカ滞在が90日以下の人はビザなしでも渡米でき、その代わりにESTAの申請が必要になります。申請の際に入力項目がふえてここは何を入力する?と迷うことも。

ESTAはネットから申請

ネットで

ESTA申請はインターネットのみで受け付けていて、ESTAのホームページから申請ができます。2015年9月にESTA申請サイトが新しくなり、スマホ対応や、多言語の翻訳機能の改善されました。

旅行前ならいつでも申請は可能です。
出発の72時間前までに済ませなければならず、ESTAに未登録のままでは搭乗できません。

また、お使いのブラウザが古いヴァージョンだとセキュリティの問題から申請できないこともあるようです。

名前と滞在先、パスポートの番号、など基本的な項目を入力します。所要時間は早い人で10分、ゆっくり慎重に入力して20分程度でしょう。「両親の名前入力欄」などプライベートな項目が追加され、ちょっととまどうところも。

宿泊ホテル名に「&」(アンドマーク)が入っていた時に、半角にしても全角にしても、それがひっかかってエラーになるようなので「&」を抜かして入力したら、問題無し。

家族や友人の分のESTAを代理申請をしても問題ありません。1回の決済で複数人の申請ができる、グループ申請を使うと、まとめてお支払いできるので便利です。以前は、家族全員のESTAを取得する際に、一人ずつカード決済をするのが面倒でした^^;

ESTA申請料

申請料は14ドル(2016年4月現在)。インターネットからクレジットカードで支払います。もし、自分でするのが難しい、クレジットカードを持っていないという場合は自分のクレジットカードでなくても大丈夫ですし、旅行の手配を頼んだ旅行代理店が代行してくれるかもしれませんの確認してみましょう。

ESTA取得代行サイトで詐欺もどきのがあるので注意してください。自分で申請すれば、14ドルで取得できますが、1万円くらい請求されることがあります。

ESTAの申請は「渡航することができます」というだけで、入国が確約されるわけではありません。今まで通り入国審査も行われます。

ESTA有効期限

通常一度承認されれば、ESTAの有効期間は何度でも米国へ渡航が可能です。ESTAは2年間または申請者のパスポートの有効期限、結婚して姓が代わった場合など、再申請しなければならない状況が発生するまで有効です。

ハワイに行くことが決まったら、ゆとりをもって申請しておいた方が良いですね。出発前の準備でバタバタしてて、あっ!忘れてた!なんてことになったらもー大変(涙)。

ハワイに行く直前にESTAの有効期限が切れる場合

ハワイに行く直前にESTAの有効期限が切れるという場合は、現在のESTAの有効期限内に再申請しても全く問題ありません。申請画面で現在有効なESTAがあるとのメッセージが出ますが、そのまま申請を進んでください。

スポンサーリンク

ESTA申請サイト

ESTA申請サイトはこちら

日本語の画面に切り替えることができます。

申請後は、プリントアウトしたその用紙にESTAの有効期限が書いてありますから覚えておいて下さいね。私はプリントアウトしたものを念のためにハワイ旅行に持っていきます。

スポンサーリンク

ESTA入力間違えについて

在京アメリカ大使館ビザ課が、ビザ申請情報をツイートしています。
https://twitter.com/USVisaTokyo

よくある質問にも応えてくれています、その中から、抜粋します。

  • 入力間違い1:病気に関しての「はい」「いいえ」の質問を間違えてしまったら、少なくとも24時間待って再度ESTA申請をやり直してください。費用も再度支払う必要があります。
  • 入力間違い2:名前、生年月日、パスポート情報を間違えてしまったら、インターネット画面を一旦閉じてから、再度費用を支払ってESTA申請をやり直してください。24時間待つ必要はありません。
  • 入力間違い3:米国滞在期間に関しての「はい」「いいえ」の質問を間違えてしまったら、CBP Info CenterにEメールで問合せしてください。(英語のみ)
  • 入力間違い4: その他の「はい」「いいえ」の質問を間違えて答えてしまいESTAが拒否されたら、ビザ申請が必要です。

再申請について

「ESTAで入力を間違えてしまったかも?」とずっとドキドキしてハワイ旅行に集中できないくらいならば思い切って再申請!!

パスポート番号、有効期限、氏名、性別、誕生日などパスポートに記載されてる項目を間違えると再度費用を払って申請になりますが、住所のスペル間違えは問題ないようです。但し、絶対絶対大丈夫という保証はありませんのであくまでも自己責任で。気になる人は再度費用を支払ってESTA申請をした方が精神的に良いでしょう。

再申請の操作をするとパスポート情報から「有効なESTAがあるので上書きしますか?それとも今入力しているものをキャンセルしますか」というようなメッセージが最後に表示されますので、上書きの方を選びます。

そういう私も主人と子どものESTAを申請して、入力間違えをしたことがあります。2015年から追加項目となった「出生地(Place of Birth)」という項目。何も迷うことなく出生届を提出した市区町村だろうと入力したら、生まれた病院の住所の市区町村でした。たしかに戸籍を確認してみると、生まれた病院の市区町村が載っていました。。。しかーし、戸籍まで辿らなければ出生地はわからないので、「FBI(?)がここまで調べるのぉ?修正しなくても大丈夫でしょ~!」と気楽でいたら、旅行会社さんより「まず大丈夫とは思いますが、念のため万全を尽くして下さい」と言われ、費用をもう一度かけて再申請し、戸籍と同じ「出生地」を入力し直しました。ESTA申請に2倍料金をかけてしまったぁ(-_-;)。これで万全だ!文句無いよね。

日本国以外のパスポートには「出生地」という項目があるそうです。外国人の場合は、国籍と出生地の国が異なる人が多いからです。

こんなこともあります・・・

渡航認証保留

ESTAを申請したときに「渡航認証保留」になることもあります。

あなたの申請について即座に決定を下すことができないため、あなたの渡航認証は審査中です。この回答は良くない事実が見つかったことを示すものではありません。判定は72時間以内に受け取ることが可能です。」とのメッセージ。

過去をさかのぼってもブラックなことに携わった経歴はありませんし、入力間違えも無いし、なんで???

このように、申請時に何度か保留になったことがありますが、早い時は数分後、遅い時は5,6時間後には、無事に承認されました。

このような状況になったとしても、時間を置いて確認すれば大丈夫ですので、怖がる必要はありません。

万が一、72時間以上たって、認証不可になった場合は、大使館・領事館での査証申請が必要です。ですので、早めの申請をおすすめします。

ESTAの期限切れをおしえてくれるメール

ESTAの期限切れ30日前になると、ご丁寧に期限が切れる旨のメールが届きます。

パスポートと同じく、番号を引き継いで更新はできません。毎回申請になります。「期限が切れちゃう前に更新しなきゃ」と焦る必要はありません。

全文英文のメールですので、SPAMメールと間違えてしまいそう。
件名が「ESTA Expiration Warning」と「ESTA」で始まっていますので、注意していて下さいね。

ATTENTION! The travel authorization submitted on March 3, 2013 via ESTA will expire within the next 30 days. It is not possible to extend or renew a current ESTA travel authorization. You will need to apply for a new ESTA travel authorization. Please reapply at https://esta.cbp.dhs.gov if travel to the United States is intended in the near future. If there are 30 or more days left on the old authorization you will receive a warning message during the application and be asked if you wish to proceed.

【訳】
注意! ESTAを経て2013年3月3日に提出された渡航認証は、30日以内に期限切れになります。現在のESTAの渡航認証を拡張したり、更新することはできません。新しいESTAの渡航認証を申請する必要があります。米国への旅行が、近い将来に意図されている場合は。古い認可に残された30日以上ある場合はhttps://esta.cbp.dhs.govへ再申請してください。期限が残っている場合は、アプリケーション中に警告メッセージが表示され、続行する場合尋ねられます。

【補足】I-94W

ESTAが導入される前は、ビザなし渡航者は「I-94W」という書類を機内で書き込み、入国審査時に提出する必要がありましたが、ESTA登録にになりましたので、I-94Wは必要ありません。