ハワイ好きな大人女子へ

ハワイ旅行にクレジットカードは必要?

クレジットカード

ハワイではほとんどのお店でクレジットカードが使えます。

数ドルの支払いでも、マクドナルドやスターバックスなどのファーストフード、コンビニやスーパーマーケット、自動販売機、公衆電話、ほとんどのタクシーでもクレジットカードで支払いが可能です。

クレジットカード払い

クレジットカードよりも現金の方が安心という方もいらっしゃると思いますが、少額ならまだしも、スリやひったくりなど防犯面から現金を持ち歩くことはリスクがあります。

クレジットカードが必要な場合、安全性やメリット、またハワイ旅行でクレジットカードを持っているだけで受けられるお得なサービスについてみていきましょう。

クレジットカードが必要な場合

ESTA申請はカード払いのみ

米国渡航前に必要なESTAを申請する場合もクレジットカード払いのみ。
ESTAは本人以外でも申請ができますので、本人がクレジットカードが無い場合は、家族のクレジットカードで支払い可能です。

estaESTA(エスタ)をネットから申請する

デポジット(保障)としての役割

サイン

デポジットとは将来の支払いへの保障のことで、ホテルの場合は部屋付けの食事代支払いや、備品を破損した場合の弁償のためです。何も使用しなければ支払った金額は戻ってきます。

ホテルを予約する時と現地でホテルにチェックインの時、レンタカーの申し込みや手続き、日本からのオプショナルツアーの申し込みなど、先にクレジットカードの提示が必要になることがほとんどです。

手続きがスムーズにいくためにも、クレジットカード1枚は用意しておくことをオススメします。現金で支払うこともできますが、クレジットカードよりも高い金額を支払うことがほとんどのようです。

デポジットにデビッドカードは使えません。

海外ではクレジットカードを所持していることは、支払い能力がある信用の証にもなります。

クレジットカードの利点は?

現金を持ち歩かなくていい

昼間のこんなに人通りが多い明るい場所で?というところでもスリやひったくりなど事件がおきます。クレジットカードがないと常に現金を持ち歩かなければいけませんのでリスクは大きいですよね。
支払いはクレジットカードをメインにしていれば、持ち歩く現金は最低限にすることができますね。

不正利用された場合の補償がある

盗難や紛失保険はすべてのクレジットカードに付帯されています。
万が一、クレジットカードを盗まれたり無くした場合は、クレジットカード会社に連絡をすればすぐに使用を停止できますし、不正利用が発覚した場合はクレジットカード会社から連絡があり支払いを停止してもらえます。
現金の場合は、そうはいきません。落としてしまったらそこまでです。

両替の手数料より為替交換手数料のほうが安い

クレジットカード会社の手数料は1.3~2.0%なので、現地で両替する際の手数料よりも安いことが多いです。

ATMからキャッシングができる

現地で両替をするにしても日本円を日本から持っていく必要がありますが、現地のATMでキャッシングをする場合は現金をもっていく必要がありません。
ただしキャッシングの機能が、クレジットカードについているか確認し、機能がついている場合も設定が必要になる場合が多いので、出発前に確認しておく必要があります。
キャッシングであれば世界中のどこの国や地域でも低い手数料で現地通貨を手に入れることが出来ますね。

クレジットカードを使う場合に気をつけること

PINとクレジットカード会社の緊急連絡先の確認

出発前にPIN(4桁の数字)を確認しておくことと、緊急時の連絡先は控えておきましょう。
支払いのときにサインでOKのお店もありますが、スーパーマーケットなどほとんどの店でPIN入力が必要になります。
クレジットカードを紛失した場合、パニクる前にカード利用の停止をするために、カードのカード会社の連絡先は控えておきましょう。

パスポートの提示が必要な場合も

クレジットカードで支払いをする場合、金額にかかわらずパスポートの提示が必要なお店もあります。商品代金は$20~$30と高額ではありませんが、アラモアナセンター内のショップ、カハラモール内のショップでは写真付の身分証明書の提示が必要でした。写真付の身分証明書というとパスポートか国際免許証になります。
クレジットカードでの支払いのためにパスポートを持ち歩くか、ちょっとした買い物ができる程度の現金を持ち歩くかということになります。

クレジットカードが使えない場所や状況もある

離島や屋外の店ではクレジットカードが利用できないお店もあります。

また利用できたとしても、信用度が低そうなお店ではクレジットのカードの情報をどのように利用されるかわからいません。スキミングなど悪用される可能性もありますのでカードは使用しないほうが賢明です。

PINを聞かれた?!

ハワイ島のある飲食店のカウンターで、クレジットカードで支払いをしようとしたら「PINナンバーは?」とお店の人からPIN番号を求められました。

なんで???

その店は、クレジットカードの支払い機がお店のカウンターの中にあり、お客さんはPIN番号入力の操作ができません。
なので、お店の人がPIN番号をお客さんから聞いてPIN番号まで入力しようとするのですが、PIN番号は暗証番号です!知らせるわけにはいきません。すぐに現金での支払いに替えました。

ここで「まぁ、大丈夫だろう」と性善説でPINを知らせてしまってはいけません、異国で何があるかわかりませんから自己責任です。

クレジットカード支払い機が壊れている

タクシーでもクレジットカードでの支払いができますが、クレジットカードの機械が壊れて今使えないというケースが何度かありました。その場合は現金でしか支払いができません。

このように、クレジットカードが使えない状況に遭遇することも多々ありますので、クレジットカード支払いに100%頼らずに、多少の現金はもっていることをオススメします。

使えない国際ブランドも

クレジットカードのブランドによっては取り扱っていないお店もあります。
JCBカードは、ワイキキではほとんどのお店で利用ができますが、離島では扱っていないお店もありますので、VISAやMastercard、AmericanExpressなど、クレジットカードのブランドは2種類もっていくことをオススメです。

支払い時には必ず金額を確認する

支払いの際には金額を確認し、OKならばPINの入力やサインをします。サインの場合は漢字で大丈夫です。

クレジットカードの明細書は保管

怪しい請求書

レストランの支払いではテーブルですることがほとんどですので、クレジットカードを渡すと一度奥にもっていかれてしまうので、不安に感じる方もいるのではないでしょうか。
この対策としても、クレジットカードからの引き落としがあったときに、支払明細で金額に間違いはないか確認しましょう。
いままでレストランで不正利用にあったことがありませんが、念の為、約3ヶ月間明細書は保管しておきます。

利用限度額について

ショッピングなどで大きな買い物を予定している場合などは、限度額が上限一杯になってしまう心配があります。

ハワイ旅行の月だけ一時的に限度額を引き上げてくれるサービスが、カード会社によってはありますので、限度額が心配な方は限度額をアップしておくと安心です。

万が一、何かのアクシデントで帰国できなくなった、病気や怪我をしたなどの場合に、ホテル代や医療代など一時的に支払いが必要になります。
医療費関連の支払いは日本と比較にならないほど高額ですのでカードの限度額に余裕があると安心です。(海外旅行保険に加入していても、その場で保険会社からすぐに支払いがあるわけではありません。)

持っているだけでお得!クレジットカードの特典

クレジットカードは支払いに使用しなくても、もっているだけで受けられるサービスがあります。

・海外旅行保険が自動的に適用される。
・ワイキキのクレジット会社のラウンジや空港のラウンジが利用できる。
・トロリーが無料で乗れる。
・お店で特典がもらえる。
・かけこみ寺的にも旅をサポートしてもらえる

年会費無料のクレジットカードでも、上記の特典を無料でうけられるクレジットカードがありますので、もっておいても損はないでしょう。

クレジットカードハワイ旅行に持っていくだけでお得なクレジットカードは?年会費無料のオススメ3選はこれ!

まとめ

チップや屋外の店は現金支払い、信用がありそうな店ではクレジットカード払いなど、ケースバイケースで使い分けておくとよいですね。

クレジットカードで支払えない状況もありますので、数十ドルの現金は持ち歩くようにしています。

クレジットカードはもっているだけでお得なサービスがありますので、ハワイ旅行にはぜひお得に活用しましょう。私はワイキキのクレジットカード会社のラウンジを休憩用によく利用します。お店に入って休むとちょっとの休憩でも何かとお金がかかってしまいますが、ラウンジならば色々な飲み物も無料ですし、安全な空間です。年会費が無料ならば何もリスクはありませんね。

クレジットカードハワイ旅行に持っていくだけでお得なクレジットカードは?年会費無料のオススメ3選はこれ!