MENU
大人がときめく幸せハワイ

初めてのハワイ旅行で失敗しない現地オプショナルツアー会社の選び方

ビーチの少女

ハワイ旅行の楽しみ方の1つとして、オプショナルツアーはとても合理的。

オプショナルツアーは、観光スポット、グルメなど、ハワイに来たからには体験しといた方がいいよという王道的なおすすめポイントが効率的におさえられています。

オプショナルツアーに参加すること数十回の経験から、オプショナルツアーの選び方やポイントをお伝えします。

ハワイ旅行でオプショナルツアーをおすすめする理由

  • ハワイの王道的なおすすめポイントに行ける
  • 複数の箇所を一度にまわれる
  • 車に乗ってくつろぎながら効率良く移動できる
  • 現地ガイドさんから色々な話が聞けてお友達になれる
  • ガイドさんが一緒だと何より安心感がある

特に、私がオプショナルツアーに参加する一番の理由は、
「ガイドさんからハワイの色んな裏話が聞けること!」。

ガイドブックにはのっていない情報、観光局が公には出来ないであろう情報など、赤裸々に話してくれるので、生のハワイの理解が深まります。

おもしろおかしく話を盛っているわけではないし、いい加減なことを言っているわけでもなく、我々、観光客の安全のために正直な情報をおしえてくれます

いつ聞いても、ハワイはやっぱりアメリカ国家なんだって実感。

看板に銃のあと
パーキングの看板。銃の跡ではないか・・・やっぱりアメリカだ。

「ハワイは危なくないよー、大丈夫、大丈夫」という人もいますが、ハワイはアメリカ!日本とは違いますから、全ては自己責任で自分の身は自分で守ること!これに尽きます。

女性のハワイ一人旅で気をつけること・危険なこと

安全面の話だけではなく、ハワイでの生活、「HAWAII Five-O」の撮影秘話など、楽しい、おもしろいリアルなお話も。これこそがますますハワイが楽しくなるガイドブックにはのっていない貴重な情報です。

びっくり

オプショナルツアーに参加したら、是非ガイドさんとお話してみてくださいね。

オプショナルツアーの料金の違いは何?

同じような内容のツアーでも、ツアー会社によって料金が異なります。
それならば安い方がいい?いえいえ、そういうことではなく安いには理由があります。

1. 人件費を削減している分安い

・オプショナルツアーの申し込みは日本で出来るが、支払いはハワイ現地のオフィスまで行かなければならない。

・ガイドさんは、日本語が少しわかる程度のドライバー(兼ガイドらしい)で、お世辞にもガイドさんとは言えない。

2. オプショナルツアーに含まれていない料金があるので安い

オプショナルツアー中の、昼食代、入園料、ガイドさんへのチップなどが含まれているかどうか。

3. 代行会社が窓口になっているので高い

どのツアー会社から申し込んでも、ほとんど内容が同じ!
同じ時間に同じ場所をまわり、タイムスケジュールがこんなに類似しているのはなぜ?と感じたことはありませんか。

ツアーを催行しているのは1つのツアー会社で、申し込み窓口になっている代行会社が違うだけです。つまり、どこから申し込んでも、同じツアーに参加するということ。

代行会社ではマージンがのって料金は少し高く設定されていることがあります。

オプショナルツアーには、催行会社が明記されていますので、直接ツアー催行会社のホームページでツアーの内容や料金を確認するとサービスが付いたり、いくぶん安くなることもあります。

ガイドさんてドライバーさんのこと?

ハレアカラのオプショナルツアー

オプショナルツアーは10人くらい乗れるバンに乗って車でまわるツアーが多く、ドライバー兼ガイドさんが1名という感じです。

こういう場合は「ドライバー兼ガイド」さんの人間力というか力量でオプショナルツアーの良し悪しが決まるといっても過言ではないでしょう。

日本人観光客にとって、ここで一番のポイントは、

  • 日本人(日系人)のガイドさんなのか?(日本の環境に接している
  • 日本語が少しだけ話せるガイドさんなのか?(つまり日本人ではない

この違いはとても大きいですよー!!

日本人のガイドさん

例えばドライバー兼ガイドさんが日本人か、長年日本育ちの人の場合は、言葉の問題は無いし、どんなことに興味があるだろうまでわかっているので、話がおもしろく、こちらのどんな質問にも的確に答えてくれます。

各撮影ポイントでは写真も撮ってくれたり、いわゆる「おもてなし」精神で、きめ細やかな対応をしてくれることが多く満足度が高いです。

現地のことも当然良く勉強しておわかりでガイドさんの役割も、ドライバーさんの役割も両方はたしてくれます。ハワイに住みはじめてから、ガイドさんをはじめたという日本人のドライバー兼ガイドさんには、たくさんお会いしました。

私が個人的に思うに、「」(ま)の取り方がちょうどいい。行動もあくせくとせずに、ダラダラもせず、調度良い間をとってくれる。

そして、うるさすぎない(おしゃべり過ぎない)ってのもポイントかと。

日本語が少し話せるガイドさん

一方、日本語が少し話せるレベルのドライバー兼ガイドさんの場合、ガイドとしの役目は、ほぼはたさずドライバーのみという印象がとても強いです。

最低必要限の伝達事項(集合時間と時間など)しか話しませんし、カタコトの日本語がちょっと聞き取りづらくて、聞き返してしまうことも。

ドライバーのみガイドさんだと、行き先のことは自分でしっかり下調べしていかないと、大事なポイントを逃してしまいます。

Bad

  • 質問をしても日本語の意味がわからずに、答えてもらえない、愛想がよくなくて”話しかけるなオーラ”全開のガイドさんもいました。

格安のオプショナルツアーでもOKというケースもある

では、オプショナルツアーは料金は高い方がいいのか?というとそうとも限りません。

ツアーに何を求めるかです。

私のようにガイドさんとのお話を楽しみにする人や、初めてのハワイ旅行の人は、日本人か外国人でも日本語堪能なガイドさんがいる方が何倍も楽しめます

ハワイに何回も行っている友達は、いつも格安オプショナルツアーを利用しています。
その理由は、ハワイのことはすでによく知っているので、ガイドさんの説明もいらないし、その場に連れて行ってくれるだけでいいとタクシー代わりだそうです。

好きな場所には、ハワイに来るたびにオプショナルツアーを利用して毎回行くとのこと。

ダイアモンドヘッドより
ダイアモンドヘッドツアー

初めてのハワイで、一番最初に参加したオプショナルツアー「日の出のダイアモンドヘッドツアー」でした。

現地の英語のみのドライバーさんで、「わっ!英語だ」と一瞬あせりましたが、バスでの移動がメインで距離も短く、集合時刻と場所さえ聞き取れれば、日本語がわからなくても問題ありませんでした。

まったく日本語が通じない英語だけのツアー

オアフ島以外の離島でのツアーは、英語だけのオプショナルツアーも多いです。
参加したいツアーが英語のみという場合もあります。英語に自信がない人は自分で対応できるかどうか確認してくださいね。

私の確認不足で無謀にも英語onlyツアーに入ってしまったことが(-_-;)
日本語がまったく通じずにえらい目に合ったオプショナルツアー体験記
ワイピオ渓谷ワイピオ渓谷を乗馬で川を歩く

英語力試しにあえて英語ツアーに参加したこともありますが撃沈。ツアー自体は楽しめるのですが、ポイントポイントの説明は半分も理解できなかったかと。

英語のツアーは本当に色々な国からの観光客が集まりますので、賑やか過ぎることも。国民性がはっきり現れます。

オプショナルツアーの申し込みは出発前に日本でする

オプショナルツアーはネットで申し込みができますので、出発前に日本で予約しておきましょう

現地でも空きがある場合は申し込みはできます。

オプショナルツアー料金の支払い方法は日本でクレジットカード払いか、ハワイで現金支払いがほとんどです。

ハワイで支払いの場合は、現金のみの会社も多いので、クレジットカードが使えるかどうか確認しておきましょう。

また、現地でクレジットカード支払いができる場合は、クレジットカード手数料も加算されることがほとんどでした。

離島オプショナルツアーに注意

ハワイ島ボルケーノ
ハワイ島 ボルケーノツアー

オアフ島から日帰り離島観光オプショナルツアーは、航空券の手配が必要になりますから、最大人数と催行人数が決まっています。

とくにハワイ島の火山ヴォルケーノツアーは人気がとっても高いツアーなので、早目に予約をしないとすぐにキャンセル待ちになります。

カウアイ島観光オプショナルツアーを家族3名で申し込んでいたのですが、催行人員の4名に足らず、ついに前日にツアー欠航になってしまいました(ガーーーン)。

ハワイ島、マウイ島は人気ですが、オプショナルツアーではカウアイ島はいまひとつマイナーなようです。

オプショナルツアー会社さんのお話だと、まずはハワイ島、そして次にマウイ島へ、両島とも行ったことがある人がカウアイ島へという順番のようで、カウアイ島まで行く人は少ないそうで、この順番、私の場合もあてはまってます。

オアフ島からの離島ツアーは出発が早い

早朝のワイキキ

朝の道路の交通渋滞を避けるために、フライト時刻よりもかなり前にワイキキ地区を出発します。
ワイキキ地区を5時とかそれより前のこともありました。

ツアー参加者に寝坊がいたらそりゃ大変!
寝坊してしまった参加者がいたことがあり、ワイキキ出発をバスの中でしばらく待たされました。最初はなぜホテルの前で何十分も待たされるのかわからなかったのですが。
フライトには間に合いましたが、遅れてきた人はみんなに大謝りでツアー中、肩身が狭かったことでしょう。

早朝は、カラカウア通りでも人気が少ないですから、通りを歩くときは十分気をつけてくださいね。

オプショナルツアーにチップは必要?

移動する車の中に「オプショナルツアー料金にはチップは含まれていません。」と日本語で書いてあることがあります。

また、「ツアーにご満足いただけたらボックスの中にチップをお願いします。mahalo!」と書いた箱がおいてあったこともありました。

ということで、強制ではありませんがチップは必要です。

申し込み時に、ツアー代金の中に「チップ含む」と明記されている場合は不要ですよ。

英語のツアーに参加した時は、チップはあたりまえのように、みなさん最後にドライバーさんと握手をして別れるときに、握手の手の中に紙幣のチップを持って渡してました。ファミリーの場合はお父さんが全員分をまとめて。

チップはいくらかというと、オプショナルツアー代金の10~15%というところです。
あくまでも、感謝とお礼を込めた満足度ですので金額に決まりはありません。

おすすめのオプショナルツアー会社

全て実際に参加したツアー会社です。

Good

  • 日本人オーナーのオプショナルツアー会社さんがあまりにも時間に正確なことは、本当に驚きでした。集合時間ピッタリ!もしくは、遅れたとして5分位内にあらわれます。オアフ島だけではなく、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島も、時間に正確でした。

オアフ島のおすすめツアー会社

ダイアモンドヘッドクラブ ハワイ
ガイドのJUNさんは日本よりもアメリカ生活の方が長い、日本生まれの日本人。TV「ハワイに恋して」にも出演している有名なコーディネーター&ガイドさん。よそには無い個性的なオリジナルツアーが揃っています。「神社仏閣ツアー」がオススメ。

ハワイ平等院
オアフ島神社仏閣ツアーの平等院
ツアー参加したときの記事
平等院がハワイにもあった!静かで幻想的な平等院

アロハアイナエコツアーズ
トレッキングやハイキング、山や自然の中に入りたいという方にはここ!ハワイというとビーチと思われがちですが、エネルギー高く巨大に成長した植物の山もかなり魅力的。多数のメディアに紹介されています。私は「マノア滝ハイキングツアー」はお気に入りでリピーターです。

マノア滝
海外ドラマ「LOST」の舞台にもなったマノア滝
ツアー参加したときの記事
マノア渓谷はワイキキからすぐ傍にあるジャングル

さゆり ロバーツさんのワイキキ・ダウンタウン歴史街道ツアー
徒歩でまわるツアーです。ガイドのさゆりさんはハワイ州観光局公式のラーニングポータル「アロハプログラム」キュレーター&文化アドバイザー。歴史好き、もっとハワイのことを知りたい、トレビア大好き!という方にはピッタリ。ツアーの後はハワイの風景がちょっと違ってみえるかもしれません。

パワーストーン
ワイキキ歴史街道ツアー
ツアー参加したときの記事
知られざるワイキキの秘密を知りたい人にオススメ!ワイキキ歴史街道ツアー

ハワイ島のおすすめツアー会社

MAKOA(マコア)
ガイドの昌平さんはロコに見えるほど見た目も中身もハワイっぽい人。ハワイの歴史、文化、神話と、本当のハワイのことなら誰よりも知っている本物のガイドさん。マコアさんは色々なメディアでもとりあげられています。オリジナルツアーなのでわがままにも対応していただき助かります。

ワイピオ
ワイピオ渓谷を徒歩でまわりました。最後の上り坂が超いい運動!

カウアイ島のおすすめツアー会社

アオラニ カウアイ
カウアイ島のヒンズー教寺院に行きたくて唯一見つけたツアーがこちらの会社です。タクシー会社が母体なのでツアー以外にも空港の送迎などもOKです。ガイドのラーヤさんは帰国子女の日本人。カウアイ島のようにゆっくりのんびりできました。

カウアイ島ヒンズー教寺院
ヒンズー教寺院をはじめ古代ハワイアンの聖地をおとずれました。

その他おすすめのオプショナルツアー会社

 JTB Hawaii安心のJTB
 VELTRA ハワイ現地オプショナルツアーツアーの種類が豊富
 Blue Wave Tour現地のオプショナルツアー会社

ハワイに到着したらコンファーム(確認電話)を入れる

日本からハワイに到着したらツアー会社さんによってはコンファーム(予約確認)を入れることになります。予定通りハワイに到着しているか確認するためのもので、ホテルの部屋番号も伝えることも。

電話は日本語OKのところも多いので心配することはありません。。。。。が、英語onlyツアーはコンファームも英語でした(汗)。

私のオプショナルツアーの失敗談

オプショナルツアーを詰め込みすぎた

初めてのハワイ旅行のときは、欲張って、ハワイをあっちこっちたくさん周りたいと、オプショナルツアーを午前はここ、午後はここと、スケジュールにびっしり詰め込み過ぎました。
楽しいながらも、さすがにからだが疲れます。

ハワイに来てまでも時間に追われるのは避けたい。
半日はフリーにしておくくらいの方が、ハワイを楽しめるでしょう。

ショッピングやビーチに出かけたり、景色を観てのんびりしたり、美味しいものを食べたり、ぷらぷらとお散歩など、ハワイだからこそできる貴重な楽しみ方もお忘れなく。

偶然見つけるものの楽しさ、そして、どこにいってもすっばらしい絵になる景色も堪能して下さいね。

お得感重視で失敗

この値段で、こんなにたくさんの場所を周ってくれるなんてお得~!」とばかりに、安いオプショナルツアーに参加したことありますが、駆け足でたくさんの箇所をまわるため、車に乗ったり降りたりで、ただただ、慌ただしくて、その場を味わうことができずに、逆にもったいなかったなという印象です。

ドライバー兼ガイドさんも日本語がほとんど話せない方で、ガイドさんとしての役割は「ここは○○です」と地名でこたえるレベル。それはわかってますよ^^;
オプショナルツアーだからガイドさんの説明があるだろうと、下調べもおろそかに参加してしまったので、行く先々「ここは何だろう?」でした。

行った先々で消化不良だったので、日本に帰ってきてからオプショナルツアーで周ったポイントをガイドブックで調べ直し、「あー、そうだったのね、ここは」とますます勿体無いことをしたもんだと痛感しました。

しかも、このツアーは、集合場所にツアー車が25分遅れて来ました
20分経過した時点でさすがに心配になり、ツアー会社に電話を入れました。

「今、向かってます」っぽいタドタドしい日本語で蕎麦屋の出前対応。
ホテルの前に25分間つったったまま待ちぼうけってのもね、正確には集合時刻前から来ていたので30分以上待ちましたわ。

まとめ

ハワイに着いたらどうやって過ごそうかとノープランの人は、オプショナルツアーの中から興味があるものを選んでみるのはいかがでしょうか。

自分では知り得なかった場所やお店、お土産にも出会えます。

長期滞在ならともかく数日の滞在の場合は、時間が貴重。
効率よくハワイを知るにはオプショナルツアーに参加することがおすすめです。

SHARE