ハワイで使う「単位」は日本と違う

ハワイでは日本とは、重さ、長さ、距離とも単位が異なるので、感覚がわからずにとまどうことも。

計算をすれば正確な答えは出せますが、大体このくらいかな~と、どんぶり勘定でもいいので、おおよその単位を覚えておくと便利です。

▼その他のハワイ基本情報について▼
初めてのハワイ旅行!ハワイの基本情報を知っていると何倍も楽しめる

長さ

距離

距離を現すのはマイル(ml)。

1マイル ≒ 約1.6キロメートル。

車の「速度メーター」や「道路標識の制限速度」もマイル表示です。

制限速度が25マイル・・・約40キロ

「SPEED LIMIT 25」の標識はよく目にしますので、「制限速度40Km」と覚えておくといいでしょう。

アメリカ大リーグで活躍している大谷翔平投手の球速が、「100マイル」と表示されることがありますが、160kmです。速い!

長さ

モノの長さを現すのがフィート(ft)とインチ(in)。

1フィート≒30cm 、1インチ≒2.5cm

日本でもGパンのサイズで使いますね。洋服を買うときに必要になる単位でしょう。

ハワイの洋服屋さんで、インチではサイズがわからなかったので、ウエスト「●●cm」のパンツが欲しいと伝えたら、センチ用のメジャーを持ってきてくれて、パンツのウエストを図ってくれました。

インチ用のメジャーとセンチ用のメジャーと2つあるようです。

重さ

重さも買い物で必要になる単位でしょう。

フルーツや野菜などは1個いくらよりも、量り売りが基本。

1ポンド(lb)≒454g( 500g弱 と覚えておくとよい)

この果物は「1個いくら」ではなく「1ポンドいくら」で売られていることも。価格表示に『lb』が記されている場合は、1個の値段ではありません。

日本でも、お肉やコーヒー豆などグラムで買いますよね、それと一緒です。

1ポンドで89セント
1ポンドで1ドル29セント

例えば、『LiLikoi lb$4.99』という表示は『リリコイが454gで$4.99」という意味。「リリコイが1個$4.99」ではありません。重さは売り場に秤りが置いてあるので確認してみてくださいね。

スーパーのデリでも「ポキ」や「サラダ」などのお惣菜は量り売りで、単位はポンド。たいてい売場に詰めてくれるプラスチックの容器のサンプルがあるので、何グラム(ポンド)なのかわからなくても、その容器を指差せばOKです。

日本でもお惣菜の量り売りって、どれくらいの量なのかわかりづらいですよね。

重さの単位には、「オンス」がありますが、郵便封筒の重さなど、とても軽いものを量るときです。

1オンス(oz)≒28g

温度

温度表示は華氏(°F)。「華氏って何?」というほど馴染みがない。

日本では摂氏(℃)です。摂氏が10度上がるごとに、華氏は18度上がります。ますますわからん。

0℃≒32°F 20℃≒68°F 26.7℃≒80°F 30℃≒86°F

概算として「華氏の温度から30を引いて、2で割る」 と、おおよその摂氏の温度になります。

例えば「華氏80度」の場合、80-30=50 50÷2=25 約25℃(正確には26.7℃です)

衣服のサイズ

洋服

ブランドによってサイズは異なるので、試着して確認して下さいね。

日本79111315
ハワイ4681012

お店のスタッフも日本人はセンチで現すことは知っているで、センチで伝えても合うサイズを見つけてくれます。

日本22.022.523.023.524.024.5
ハワイ5.05.56.06.57.07.5

体積

ガソリンはガロン(gal)、化粧水や香水などはfl oz(液量オンス)です。
1gal ≒3.8l 、1fl oz≒30ml

さいごに

単位に関しては、日本と同じものは無いでしょう。航空会社もマイルで現しますよね。

ハワイのスーパーで果物を買うときに、単位がわからずに「いったいこれはいくらなんだ?」と迷いました。ただ、単位はわかってしまえばどうってことなく、後は慣れるのみです。