ハワイ好きなおとな女子へ

オアフ島ワイキキでのひったくりが増えている!

オアフ島ワイキキでのひったくりがふえています。

ホリデーシーズンになり、ひったくり、置き引き、車上狙い等の犯罪が増加しています。
在ホノルル日本国総領事館からも、次のような警告のインフォメーションがありました。

・グループで行動。特に夜間は一人では行動しない。
・メインの道路を歩き,路地裏は通らない。
・買った荷物を持ち歩かない。
・車中に荷物を放置しない。
・車は入り口の明るい場所に駐車する。等
常に周囲に注意を払うようにしてください。

ハワイでのひったくり被害

旅行中となると気もゆるみがちですが、ここはアメリカ!

命を守ること優先

もしも、ひったくりに遭ってしまった場合、もみ合いをしたり、追いかけたりしない。
相手は銃を持っているかもしれません。これが日本と大きく違うところ!
荷物は取られても命が無事なら何よりではないでしょうか。

ナイフを出されてお金を要求されたら抵抗してはいけません。
そのうような場合、抵抗せずに素直に$20も渡せば、その場から立ち去ってくれることが多いと、現地の友達は言ってました。
ポケットなど簡単に出せる場所に$20くらいしまって置くのも手です。決して財布は出さないように。

夜は出歩かない

夕食後など、ワイキキの夜間の外出でホテルに戻るのが遅くなってしまったら、レストランからホテルまでは、近くてもタクシーを利用しましょう。

窓側の席に注意

レストランやカフェなど、窓際の席に通された場合、お客さんの荷物を、窓の外から引ったくられる事件がありました。
窓際は風が通り抜けて気持ちいいのですが、荷物は窓際には置かず管理には気をつけて下さい。
お店側も窓際に座った観光客には注意を呼び掛けています。

原付バイクや車からのひったくり

人気の少ない歩道を歩いていたり、信号待ちのときに、原付きバイクや車が後ろからスーッと近づいて来て、いきなり観光客のバックを奪って逃走ということがあります。
このことからも道路すれすれのところではなく、道路から離れたところを歩いたほうが安全ですね。

ひったくり被害にあってしまったら

ハワイの公衆電話

被害にあってしまったら「911」に電話をするようにしてください。
公衆電話からは、日本と同じように無料でかけることができます。
英語が話せなくても「ジャパニーズオペレータープリーズ」といえば日本人に代わってもらえます。

 

防犯の意識を持っていることはとても大事なことですが、転ばぬ先の杖として、ハワイへ出発前に、海外旅行保険には加入されることをおすすめします。

ハワイ旅行におすすめの海外旅行保険は?選び方と各社比較