ホノルルクッキーはオアフ島代表クッキー!日本でも買える

パイナップル型のホノルル・クッキーは、今やハワイのお土産には外せないというくらい有名。

されど、1998年に創業したばかりの新しい企業なのです。

ハワイの人が食べるというよりも、観光客をターゲットに良質なお土産をと生まれたブランドなので、クッキーが1つずつ個別包装になっていて、シーズンごとに新しいパッケージが登場し、多種多様なんです。

個人的にはメインカラーのちょっとくすんだミントグリーンがギラギラ感がなくて和めて好きです。

ホノルルクッキーの特徴は

カウアイ、マウイ、ハワイ島に有名なクッキーがあるのに、オアフ島には無い・・・から生まれたオアフ島のクッキー。

ホノルルクッキーは、サクサクっとしたショートブレットタイプのクッキーで、人工添加物や着色料、保存料を一切使わず、天然の100%メイドインハワイ産の材料を厳選し、素材そのものの風味が味わえます。

焼きたての風味を損なわないように、毎日オアフ島の工場から作りたてを用意

ミントグリーンを基調にしたお店は、ワイキキを歩いていると自然とお店が目に入るのではないですか。
ワイキキやアラモアナなど全12店舗。

バターマカデミア、パイナップルマカデミア、マンゴーマカデミア、リリコイマンゴー、ココナッツ、コナコーヒー、チョコレートディップ、トリプルチョコレート、ダークチョコレートコナコーヒー、ダークチョコレートディップ、など、ほとんどのお店で、クッキーの試食ができますので、たくさんの味を試してみてね。

チョコレートにポチャッとつけたディップタイプは人気!

個別包装、セットが豊富、パッケージが豪華なのが、お土産に選びやすいです。

丈夫な箱のリッチ感がおみやげむきで、パッケージマニアの私は箱は捨てられずにとっておきます。

左側の箱は自分専用の「薬箱」なのですが、角がぼろぼろになりつつあって年季が入ってる。

右側の箱は「絵葉書入れ」に。

ホノルルクッキーの箱

最近いただいたプルメリア型の缶のホノルルクッキー。これも素敵!パッケージって大事なデザインですね。

ホノルルクッキーの缶

値段が違うの?

中身は同じでもビニール袋の詰め合わせと箱入りでは、パッケージによってお値段が違います。

DFSのショップよりも、路面店の方がリーズナブルなビニール袋詰め合わせセットがありました。
自分用ならばパッケージ無しの袋詰でもいいですよね(壊れないように持ち帰る方が大変かもしれないが)。

2枚入りなどのミニ袋入りもあります。

たくさん入った袋入りは、ばらまき土産にもいいですね。

ホノルルクッキーグッズ

ストラップを買いました。

ホノルルクッキーストラップ

たぶんガラケーの時代の名残り商品と思われますが、USBメモリーに付けアロハなUSBメモリーに。

ホノルルクッキーストラップ&USB

ツルンとしてさわり心地が良いです。

ホノルル・クッキーは日本でも買える

日本でもネットショップでホノルル・クッキーは購入できます。

ホノルル・クッキー