ハワイ好きな大人女子へ

羽田からハワイ島ヒロへ!ホノルル空港で国際線から国内線への乗り継ぎは?

ヒロ空港

日本からハワイ島へのアクセスは、ハワイ島の西側のコナ空港への直行便はありますが、東側ヒロ空港への直行便はありません。

今回の旅行はヒロ空港行きのため、ホノルル空港乗り換えです。

ホノルル空港は2017年4月27日に「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に改名されましたが、今まで通り、みなさんホノルル空港と呼んでます。航空券もフライト情報案内も「HONOLULU」と印字されていました。

ハワイアンエアラインでの羽田空港からはハワイ島ヒロ空港へのフライトを乗り換えについて備忘録として記しておきます。

ホノルル空港入国審査(イミグレーション)

ホノルル空港到着

ホノルル空港に到着してから、まず入国審査!

空いているレーンを女性職員に誘導されるので、指示されたレーンから並びます。はぁ・・・、100人以上は並んでますね(-_-;)

私が案内された列は、自動入国審査機の順番待ちです。意外にもサクサクと列は動き、すぐ順番になりました。

家族は一緒に1台の機会になりますが、友達同士は別々の機会になります。

自動入国審査機からの質問通りに機会を操作をして、最後にレシートが出力されますので、それを持って立っている職員に見せると「◯」レーンか「☓」レーンのどちらかへ行くように指示されます。

私は「◯」レーンに行くように指示され、このレーンには私の前には、わずか2人しかいなかったので、すぐに入国審査官のところへ。友達は「☓」レーンで何十人も並んでいる列に案内されました。「◯」と「☓」の区別は何でしょう?

ハワイ島コナ空港での入国

そういえば、コナ空港での入国の際にもレーンに「◯」「☓」がありましたっけ。

コナ空港着陸ハワイ島への直行便!ハワイアン航空の羽田ーコナ直行便でハワイ島に行った

「◯」でも「☓」でも、どちらにせよ入国審査官のチェックを通らなければならないので、自動入国審査機を導入しても混雑度は導入前とそれほど変わらないようにも感じますが。

おなじみの質問を聞かれます。
「食べ物はもっているか?」
「仕事ですか?それともホリデー?」(ん?「旅行の目的は?」ではなかった)
「何日間の滞在か?」
「どこのホテルに泊まるのか?」

滞在先が、今回はホテルではなくバケーションレンタルだったので、名前を伝えてもわからないだろうから、地図と住所を見せました。

滞在先は「ヒルトン・ワイコロア」とか適当に言っても、本当にそのホテルに泊まるのか整合性はとれないから大丈夫だよと聞いたことはありますが、わざわざ嘘を言う必要はないのでバカ正直に答えました。

もしも、今回の旅行がハワイ島だけではなくオアフ島にも滞在する場合は、オアフ島で滞在するホテル名を伝えれば大丈夫です。

入国審査は何度体験しても、毎回ドキドキしてしまいますね。ここを通過するといっきにハワイモードが高まってしまいます。

「◯」レーンだった私はすぐに入国審査が終わり、友達が入国審査が終わるのをしばらく待っていたのですが、さっさと下へ降りなさいと係員に注意され、階下の手荷物受け取りのターンテーブルの階へ降ります。

手荷物の受け取り

手荷物受け取りターンテーブルで入国審査を終えた友達と合流。

トランプ大統領になってから入国審査で時間がかかるようになったので、既にスーツケースがターンテーブルから降ろされて床に並んでいることがほとんどです。

床に並べられているスーツケースの中から、自分のスーツケースを探し税関審査ゲートを通ります。

手荷物の預け

ホノルル空港乗り換え

税関検査ゲートを抜けてすぐ左前方(税関の紙を渡す手前の右側)に「島内乗り継ぎ」Inter Island Flight のカウンターがあります(0番カウンター)。ここでスーツケースの行き先タグを見せると荷物を預かってくれます。

スーツケースの行き先には最終到着空港「ヒロ空港」のコード「ITO」と書いてあります。ヒロ空港なのになぜ「ITO」なのかは諸説あり。

MEMO1
スーツケースを預かってくれないときもあるので、その場合には、一度、団体用出口から外に出ます。外に出ると正面にHIS、JTBなどのツアー受付があり、ハワイアンエアラインのスタッフがいますので、そこで荷物を預かってもらえます。
MEMO2
乗り継ぎの時間がギリギリだったりすると、0番カウンターで荷物を預かってもらえず、自分で持っていけと言われます。その場合には荷物を持って国内線ターミナル内のハワイアン航空のカウンターでチェックインして荷物をあずけてからセキュリティーに行きます。

出口

税関申告書を出口の直前で職員に渡します。やっと出口です。

国内線ターミナル(インターアイランド・ターミナル)への移動

ホノルル空港外

出口を出てから、右手にある外のエスカレーターで2階にあがって、エスカレーターで降りた方向とは反対方向へ進みます。

1階で建物の外に出てきた方向からすると同じ方向に向かって100メートルぐらい歩くと国内線ターミナルです。

チェックイン(搭乗手続き)とセキュリティチェック(保安検査)

チェックインは羽田空港で済ませ搭乗券はすでに発行してもらったので、「セキュリティC」からセキュリティーチェックに。

国内線のチェックインはいつも混雑しています。100人くらい並んでいるときもありました。乗り換え時間にはゆとりを持っておいたほうが精神的に良さそうです。

サンダル

このように金具がついたサンダルはセキュリティーチェックの際は脱いでX線検査装置に備え付けのトレーに乗せてチェックを受けましょう。羽田空港でも同じです。

トランジット(乗り継ぎ)

ホノルル空港国内線のスタバ

セキュリティーを通って搭乗ゲートの方に行きます。ここの待合室は、いつも非常に寒いので上着を用意しておいた方がいいです。

ここでサンドイッチとかハンバーガーとか食べながら待っている人が多いので、そのおこぼれを狙ってスズメがいます。空港内にスズメがいることに一番最初は驚きました。

搭乗ゲートに丁度スターバックスがあるので、いつも、ここで「空港価格ではないか?」と思われるスターバックスでコーヒーを。

待ち時間の間、空港内をプラプラと歩いて楽しむのもいいです。

乗り継ぎの時間

以前、友達がホノルル空港乗り換えヒロ行きで、乗り継ぎ時間に2時間をみておいたのですが、8月の混雑期ということもあり、乗り継ぎに間に合わず、さらにホノルル空港からヒロ空港へのフライトもなかなか空席がなく、ホノルル空港で8時間待ってしまったそうです。

私も入国審査の後、ランダムなぬきうち検査に引っかかってしまいそこで15分くらい時間をとられたことがあります。(ちなみに何もやばいものは持っておりません)

国内線搭乗 ヒロ空港へ

国内線に搭乗です。

カウアイ島へ

 

このハワイアンエアラインの「POG」を見ると「ハワイに来た~」という実感が。

POG

「POG」とはPassion Orange Guavaの略で、それぞれのミックスジュースです。さらっとして自然の甘さ。

POG

ヒロ空港

ヒロ湾が見えてきました。雨が多いので窓が汚れています。

ヒロ湾

 

なんて静かな空港なんでしょう。ヒロ空港にも壁がありません。

ヒロ空港静か~

 

エスカレーターを降りて左手側に・・・

ヒロ空港出口

 

ターンテーブルがあります。スーツケースを拾って・・・

ヒロ空港ターンテーブル

 

スーツケースを車に積んで、いよいよヒロからのハワイ島旅が始まります!

ヒロ空港