出発から帰国までのご案内

ハワイ島ではレンタカーが必要か?ドライブ事情

ハワイ島の広さは四国の約半分。

関東の人には大きさがピンとこないかもしれませんので、東京都の約5倍の広さといえば大きさが大体想像できるでしょうか。島というよりは大陸のように広いのです。

日本ではとても移動できない長距離でも、渋滞知らずのハワイ島では移動できたりするのです。

やっぱり、ハワイ島ではレンタカーがないとどこにも行けないか?というと、そんなことはありませんのでご紹介します。

ハワイ島でもレンタカー無しで楽しめます。

ハワイ島の交通

ハワイ島のHoppa-on Hoppa-off Bus
Hoppa-on Hoppa-off Bus

ハワイ島は、トロリーやバスが数珠つなぎに走っているオアフ島とは違い、公共の交通手段は乏しいです。

公共のシャトルバスも走ってはいるのですが、1時間に1本あるかないかなので、観光客が利用するのには実用的ではありません

空港からホテルまでの送迎方法は何がある?

ハワイ島のコナ空港、ヒロ空港からホテルまでの送迎は、旅行会社のツアーの場合は含まれていることがほとんどですが、ツアーでない場合は次の手段があります。

タクシーは“流し”はありませんので、ホテルや空港でタクシーを呼ぶことになります。ホテルから呼ぶと空港の近くから配車されて来るので、空港から遠い場合はタクシー待ちに時間がかかります。

ハワイ島でレンタカーは必要か?

ハワイ島を楽しむにはレンタカーがオススメ

レンタカーがあると便利であることは間違いありません。一部の地域で道幅が狭く坂道で注意を要しますが、ほとんどの道路はスイスイ走れて運転も楽しいです。

日本の街中の運転に比べたら、はるかに楽でストレスありません。

ハワイ島の道路
正面に見える山はマウナケア

レンタカーならば、好きな時に好きな場所に自由に行け、オプショナルツアーでは立ち寄らない口コミのローカルな場所や、地元スーパーなどショッピングにも行けますね。

ハワイ島の運転で、一番楽だと思ったことは駐車スペースに困らないこと。街から離れると車がいっぱいで止めるところが無い…ってことがまずありません。

ワイコロアビーチのパーキング
ビーチのパーキングはガラガラ

駐車スペースは、ほとんどのところで路上駐車、もしくは無料のパーキングスペースがあります。コナなど街中の場合は有料パーキングになります。

有料パーキング
おつりは出ないよ!パーキング・メーター

有料パーキングで駐車料金を機械に投入する際は、おつりが出てこないので注意してくださいね!

レンタカーじゃなくても大丈夫

「車の運転できないし…」と心配することはまったくありません。

観光で現地ツアーを利用することが多い場合など、レンタカーを借りてもあまり運転しないだろうという時は私は借りません。

せっかくレンタカーを借りても運転することが少ないと、なんだかもったいないですよね。

ハワイ島は現地ツアーに参加しないと、レンタカーでは行かれないところも多いので、現地ツアーに参加する機会も多いですし。

現地ツアーに参加すれば、ホテルまでお迎えに来てくれます。

また、ホテルから徒歩やシャトルバスで移動できる圏内にショッピングセンターがあれば、レンタカーがなくても不自由しないでしょう。

シャトルバス
ヒルトンワイコロアからキングスビレッジ方面を巡回するシャトルバス

ヒルトンワイコロアから、キングスビレッジ方面を1時間に数本シャトルバスはが巡回しています。実に時間に正確で毎回、時刻表ぴったりにシャトルバスが来ることに驚きました。

毎日シャトルバスを利用しました。すっごく便利!

余談

ヒルトンワイコロアホテルは、敷地内に移動用のゴンドラやトラムが走るほど、とても広いホテルとして有名です。ホテルからキングスビレッジ方面には、シャトルバスで5~10分で到着します。しかし、ホテルの敷地があまりにも広くて、ホテルの部屋からシャトルバス乗り場までが徒歩で10~15分かかってしまいました。ホテル内移動の方が時間がかかるのです。

ハワイ島で、徒歩圏内にスーパーやショッピングモールがあるところは限られます。

レンタカーを借りない場合は、次のエリアに滞在すると便利です。

カイルア・コナ

コナの町の路上駐車

ヒロ

ヒロの街

カイルア・コナやヒロの町には、徒歩圏内にレストランもショップもスーパーマーケットもたくさんあります。レンタカーがなくても食事や買い物には不自由しません。

ショッピングだけではなく観光スポットもあります。

両街とも空港に近いのもポイントですね。

ワイコロア

クインズマーケットのパーキング
クインズマーケットのパーキング

ワイコロア地域は、そのエリア一帯がリゾートエリアで、観光客向けのショッピングやレストランがあり、このエリアでずっとのんびりと滞在することもできます。

ただし、観光客用のお店がほとんどですので、地元の人が利用するリーズナブルなスーパーマーケットはありません。「地元のスーパーマーケットものぞいてみたいな」という場合は、レンタカーが必要になりますね。

ハワイ島のホテルを見てみる

ハワイ島のレンタカーと道路事情

交差点

ハワイ島の道路は、道幅は広く車も少なく、郊外は渋滞しませんので、ハワイでの運転デビューには適してはいます。

右折や左折で間違って反対レーンに入ってしまいそうなら、曲がるときは「右!右!右!」と唱えていれば、右側通行も慣れてきます。

道路標識はマイル表示です。キロメーターではありませんので、「え~25キロなんてノロノロ」と勘違いしませんように。

マイル表示!
これはマイル表示!25マイルは約40キロです。

1マイル=時速約1.6キロメートルですから、目安としては、25マイル=40キロと覚えておくと良いと思います。

スピードに注意

まっすぐで広い道路はスピードが知らないうちに出てしまいがちですが、覆面パトカーやバイクが隠れて取り締まっていることもしばしばあります。スピードの出しすぎには気をつけて安全運転を。

スピード違反で捕まってしまった友人は、罰金を支払うためにワイメアまで行くことになってしまったと。

ハワイ島は海岸線をぐるっとまわる道路がメイン道路で、抜け道などほとんどなく1本道が基本です。

朝夕の通勤・通学時はコナ界隈など渋滞する箇所もあります。また、学校の周りはスクールゾーンで学校が終わるお昼まで通行止めというところもありますのでスクールゾーンにもご注意を。

すべて自己責任!保険適用外の道路

危険な道路
ワイメア渓谷へ降りる急坂

ハワイ島にはレンタカーで運転する場合は、すべては自己責任で運転してくださいという、保険適用外のエリアがあります。運転に危険が伴うエリアだからです。

保険適用外エリア
  • ワイピオ渓谷の傾斜がかなりきつい谷
  • サウスポイントの舗装されていない火山岩ゴツゴツエリア
  • サドルロード(夜間)の真っ暗闇
  • 標高4000m以上のマウナケア山頂

このような場所では、運転技術を要するのはもちろん、事故が起きたらアウト!保険が効かないエリアに出かける場合は、レンタカーではなく現地ツアーの利用をオススメします。

ハワイ島にはこのように自力で行かれない場所があるのです。

ハワイ島のドライブにおすすめのガイドブック

ホテル内にレンタカーの営業所がある場合も

レンタカーを借りるのは、空港の営業所か、特定のホテル内のレンタカー営業所になります。

滞在ホテルにレンタカーのカウンターがある場合は、1日だけレンタカーを使うというのも有りです。

カウンターで頼んでも、車は空港の営業所から配車されることがほとんどですので、すぐには乗れないでしょう。利用する場合は事前予約が必要です。

旅行会社のツアーだけどレンタカーを空港から使いたい場合

旅行会社のツアーに空港・ホテル間の送迎が含まれているが、空港からレンタカーを借りて滞在中は自由に行動したいという場合もありますね。

その場合は、空港からはツアーから離団しますという「離団届け」を、出発前の日本にいる間に旅行会社へ提出すれば大丈夫でした。

日本へ帰国の日は、ハワイ島の空港からツアーに戻ることになります。

さいごに

レンタカーがあればとても便利ですが、空港の送迎はツアーの送迎かシャトルバス、観光の時は現地ツアーを利用すればレンタカーがなくても大丈夫です。

運転にも慣れているし、自由度、便利度を追求する方は、レンタカーを借りた方がよりハワイ島を楽しめることでしょう。

KTA
ハワイ島のスーパーマーケット「KTA」

ハワイの楽しみのひとつがスーパーマーケット探索で、何かを買う用事が無くてもフラフラと入ってしまいます。

現地のプライベートツアーを予約したときは、スーパーにも寄ってもらいおすすめのお土産を教えてもらいました。プライベートツアーにすれば融通が効きますのでおすすめです。