ハワイ好きなおとな女子へ

ハワイってどんなところ?初めてのハワイ旅行が何倍も楽しめる基本情報

ハワイ8島

初めてのハワイ旅行の時に、何も知らずに旅する方が新鮮な気持ちで発見ができるという考え方もありですが、ロングステイならまだしも、1週間以内の短期間の場合は下調べをしたほうが感動が大きく何倍もハワイを楽しむことができます

これは私が初めてハワイ旅行をしたときの実感です。

「あ~近くまで行ったのにここは知らなかったぁ」「この店で食べてみたかった~」と後でオススメスポットやグルメ情報を知り、同じところを二度訪問することがどれだけあることか。

下調べをした方が、よりハワイを楽しめることに間違いはありません。

必要最低限をまとめましたので、とくにはじめてハワイ観光をする方は、ぜひ旅行前にさっと目を通してみて下さいね。

ハワイはどこにある?

ハワイはどこ?

ハワイはアメリカ最南端の州で、太平洋のど真ん中!日本からの距離は約6400km。

どこの大陸とも地続きになったことがないので、本当に太平洋の孤島。島にやって来られるのは鳥のみ、人がやってくるまでは鳥の楽園でもあったのです。ハワイには至るところに鳥がいて、見たことがない鳥もたくさんいます。

子どものカージナルス

鳥の楽園なので、ハワイの山にいる四足の動物はイノシシぐらい、熊とか狼とかヘビなど人を襲ってくる動物はいません。イノシシも人間がやってきたときに家畜として連れてきました。

ハワイ諸島までの航海アウトリガー・ワイキキ・ビーチ・リゾートホテルのロビーに展示してある絵より

ハワイ州は全部で132の島、岩礁、砂州で形成されており、ミッドウェイ珊瑚などを含む「北西ハワイ諸島」と、オアフ島など8島からなる「ハワイ諸島」で構成され、全長は2,465kmに及びます。
※ミッドウェー環礁はハワイ州には属していません。

一般的に「ハワイ」と呼んでいるのは、東の端っこのオアフ島など8島の「ハワイ諸島」。

そのうち旅行者が訪れることができるのは6島で、ハワイ島マウイ島ラナイ島モロカイ島オアフ島カウアイ島、一般の人の上陸が制限されている島は、カホラヴェ島ニイハウ島の2島になります。
※各島の文字色は、その島のテーマカラーです。

ハワイ8島

公用語:英語とハワイ語
人口:142万人(2018年)
州都:ホノルル(オアフ島)で、政治・経済の中心地でありハワイ州全人口の80%が集中しています。

ホノルル

オアフ島の地図 ホノルルはオアフ島のどこにある?3分でわかるオアフ島地図
ハワイのガイドブックやサイトに載っている地図は、一部分がクローズアップされていることが多く、ワイキキマップを見ても、ワイキキってオアフ島のどの辺り? ホノルル空港からワイキキまではどれくらいの距離?と距離感もつかめない。 ...

日本からハワイへ行くには?

日本からハワイへの国際線はオアフ島のホノルルのダニエル・K・イノウエ空港か、ハワイ島のコナ空港から入国します。マウイ島、カウアイ島、ラナイ島への直行便は今はありません。

日本からホノルルまで往路の飛行時間は約7時間。復路の方が時間がかかり約8時間。秋から冬はジェット気流の影響で往路は約30分短く、復路は約9時間くらいかかります。(※飛行機の種類、天候によって、飛行時間は異なります。)

ホノルルから羽田へのフライトで、予定より1時間30分も早く到着することがありました。

ハワイ旅行の基本情報

天気・気候と服装

ワイキキビーチ

ハワイは亜熱帯気候に属します。一年中気温が安定しているので過ごしやすく気温が高くても、貿易風の影響で、カラッと気持ち良い暑さの日が多いです。

また、島やエリアによって天気は異なり、ハワイ島には亜熱帯気候だけではなく11もの気候区分が存在しています。複雑な地形のため、場所によって気候が違うのです。

カピオラニパーク ハワイの天気と気候情報|気温や降水量からおすすめ時期を検証
「ハワイの天気は?」「どんな服装を持っていけばいい?」「雨は降るの?」など、ハワイ(オアフ島)の気候についてご紹介致します。 天気予報やお天気アプリについてはこちらを参照ください。

服装は、一年を通して、日中はTシャツにショートパンツのような日本の夏の服装で大丈夫ですが、朝晩は涼しく、レストラン・ショッピングセンターやバスの中は冷房がとってもきいているため、ショールや羽織れる服があると便利です。

ハワイ旅行スタイル ハワイ旅行の服装は?40代50代大人女性のおすすめファッションを写真でご紹介
ハワイの気候に合わせて快適にすごすための服装は?荷物をできるだけ少なく着回しでき、ハワイ気分をもりあげるオシャレをと、ハワイ旅の経験の中で自分なりに工夫してきた服装を公開します。

また、外は日差しが強いので、帽子とサングラス、日焼け止めをお忘れなく。陽の角度が高いので、足の甲、肩、首まわりにも日焼け止めを塗る紫外線対策を忘れないようにしましょう。油断大敵です。

冬出発の服装 冬の時期に日本出発からハワイまでの服装は?
ハワイ旅行で日本を冬に出発する場合、家から着て行く服装はどうしましょう?空港まで車でならまだしも、電車やリムジンで行くときは?
洋服を書き出す ハワイでの服装を出発前に描き出して荷物をコンパクトに(11月編)
日中暑く風が吹くと涼しい11月のハワイでの服装は?荷物をできるだけ少なくしたいが、お洒落もしたい!滞在中のスタイルを簡単にイラストに描き出しもっと着回しできないかをチェック。

時差

エアライン

日本とハワイの時差は19時間。日付変更線を越えるため、ハワイは日本より1日遅れています。時差の計算方法は日本の時刻にプラス5時間し、それを前日の時刻とするとハワイ時刻になります。

例えば、日本が2日の午後12時ならば、午後12+5時間=午後5時で、ハワイは日本より1日遅れた1日の午後5時になります。

日本からハワイへ ハワイと日本の時差の計算方法は?時差ボケに悩まされない対策いろいろ
ハワイと日本の時差の計算方法や時差ボケ対策について。ハワイ旅行で時差ボケに悩まされないためにも。

ハワイ観光に必要なビザ

観光及び短期商用で90日以内の滞在の場合はビザは不要ですが、米国に渡航するすべての渡航者は、出発前までにESTA(電子渡航認証システム)での認証が義務づけられます。手数料は$14。手続きは下記ウェブサイトから行います。

ESTA登録手続き:国土安全保障省の公式ウェブサイト

ESTAは米国政府の公式サイトから申請をしますが、それらしき、よく似たサイトがいくつかありますのでご注意を。
自由の女神 ハワイ旅行にはエスタ(ESTA)は必要!申請方法と絶対に気をつけたい注意点
エスタの申請は公式のESTAのWEBサイトから行いますが「ここは何を入力したらいいのか?」「あっ!間違えて入力した」などなど迷うことが多く、その他にも注意点が色々ありますのでまとめました。

通貨と物価

通貨

米ドル

通貨は米ドルです。

支払いにはコンビニでもスターバックス、タクシーでもクレジットカードが使えるので、クレジットカードでほとんどの支払いができますが、屋外のファーマーズ・マーケットや、ネイバーアイランド(離島)ではクレジットカードが使えない、もしくは特定のブランドのカードしか使えないことがあります。

現地のオプショナルツアー会社さんを利用する場合は、クレジットカードでは手数料がかかってしまうので、現地でキャッシュで支払いというケースも多いです。

ハワイでの両替はオアフ島の場合は銀行や両替所で出来ますし、国際カード対応のATMでキャッシングも可能です。

両替所は空港やホテル、ショッピングセンター、ワイキキには路面店もあります。

クレジットカード ハワイ旅行をクレジットカード特典でお得に楽しむ!おすすめカード
ハワイ旅行に持っていくだけで便利でお得な特典付きのクレジットカードを探している。年会費無料のオススメのクレジットカードを知りたい。あと、クレジットカードを使うときの注意点やも知りたいという方へ。

楽園ハワイの物価は?

ハンバーガー

ハワイの州税は4.166%です。オアフ島だけは、さらにホノルル郡付加税が加算されて4.712%となります。

また、ハワイ州税法の変更に伴い、2018年1月1日(月)以降、オアフ島のホテル利用税が10.25%となりました。

オアフ島でホテルやコンドミニアム等に宿泊する場合は、ハワイ州消費税4.712%と、ホテル利用税が10.25%が室料に加算され、合計14.962%の税金が加算されることになります。

日本の物価に比べると、ハワイの物価は高いと感じることでしょう。太平洋の真ん中にポツンと浮かぶハワイは、物資をアメリカ本土から運搬するにも空路か海路で運搬。それだけでも運搬コストが付加されていることがわかりますね。

電気代の高騰など、ここ数年でハワイの物価はじりじりと上がり、ハワイに来る度に物価が高くなっていると実感してしまいます。

ワイキキの物価は特に高く、ランチなど食事をすると日本よりも割高であることがわかるでしょう。

チップもお忘れなく。レストランのウエイターさんやタクシーの運転手さんには15%程度、空港やホテルのポーターには荷物1個につき$1〜2程度が目安です。

電圧

ハワイは100〜120V/60Hz(日本は100V/50〜Hz)で、プラグは2本または3本式。
短期間であれば日本の電化製品も使用できますが、故障や破損の原因にもなる可能性があるため、電圧変換アダプターを持参される事をおすすめします。なお、モジュラージャックは日本と同じRJ11です。

電源プラグ ハワイの電圧は?電源プラグやコンセントは日本と同じ?それとも変圧器は必要?
日本から持って行くスマートフォンの充電器やヘアアイロンなど電化製品はそのままハワイで使える?ハワイではコンセントの形状が日本と同じタイプで、ほとんどの電化製品はそのままハワイで使うことができますが、注意点も!

日本語が通じる?

フラダンス

公用語は英語です(ハワイ州は英語に加えハワイ語がハワイ州の公用語としても制定されています)。

歴史的背景として、明治時代からはじまる日本からハワイへの移民により、大正時代にはハワイの人口の42.7%が日本人ということもあり、日系3世、4世の方では日本語が流暢に話せる人が多いです。

日本人観光客がとても多いので、ワイキキなどはホテルやショップと日本語の話せるスタッフさんがいます。お店の方は仕事用に簡単な日本語は覚えるようです。

お店の看板やレストランのメニューには日本語が目立ち、なんだかホッとして、他外国の観光地とは随分違うと感じます。

オアフ島は日本語が通じることが多いですが、ネイバーアイランド(離島)に行くと通じる確率が一気に下がります。ホテルのフロントでも英語が必要になります。

ハワイ観光で知っておきたいきまり

ところかわれば文化も変わる。日本では当たり前のことでもハワイでは違法行為であることも!
事前に確認しておきましょう。

» 注意事項とマナー

ハワイアンフード

現在のハワイでは厳密に「ハワイ料理」と呼べるものはそう多くありません。

ハワイの地元食材を使い、移民文化に基づき各国流に料理されたものが、現在の「ハワイアン・グルメ」といえるでしょう。

ハワイアンフードが食べられる店「ハイウェイ・イン

滞在中に1度は食べるであろうものが、プレートランチです。サトウキビ農園で働く労働者がおべんとうを持ち寄り、皆でわけあって交換して食べたところから1皿の上に何種類ものおかずが入っています。幕の内弁当のような感じですね。

プレートランチ プレートランチはハワイの文化
ハワイ旅行中に最低でも1回は食べる料理がプレートランチ。プレートランチとは、一枚の皿に一食分の食事を盛りつけたもので、ハワイでは定番の食事スタイル。 プレートランチはチャイニーズ、コーリアン、ベトナム料理、フィリピン料理 ...

今ではあちこちの地元のレストランが健康やエコを考えて、味を競いあい、パンケーキ店をはじめ日本にもOPENしたお店がいくつもあります。「ハワイの食事はまずい」というのは一昔前の話かもしれませんね。

ガーリックシュリンプ ハワイの名物グルメ|ハワイで人気の絶対に食べておきたいもの10選
ハワイでおいしいものは何?地元の食材を活かしたリーズナブルなB級グルメです。地産地消、健康やエコを考え、各レストランが腕をふるっているのですから「ハワイの食事はまずい」というのは一昔前の話。

日系人が多いので、醤油の文化が根付いています。魚は近海でとれるので冷凍しておらず、刺し身はとくに美味しいです。

水は豊富なので日本よりも安く買えます。

ハワイ島のコナでとれるコナ・コーヒーや、フレーバーのライオンコーヒーもすっかり日本で有名になりました。コーヒーが癖のない味でハワイでコーヒーを飲んでからコーヒーの好みがガラッと変わりました。

ライオンコーヒー ハワイのお土産「コーヒー&紅茶&飲み物」編
コーヒーベルト地帯に位置しているハワイは、地元ハワイ産のコーヒーがフレッシュで美味しい!えぐみの無いコナ・コーヒーを飲んでからコーヒーの好みがガラッと変わりました。お土産にも喜ばれます。

歴史

プリンセスカイウラニ像

州旗に英国のユニオン・ジャックなのは?

ハワイ州はアメリカなのに、星条旗ではなく英国のユニオン・ジャックがあしらわれているハワイ州旗はなぜ?
一時期大英帝国の強い影響下にあった歴史の名残りです。

ハワイ州旗

ハワイ州旗の、白、赤、青の8本の横島は8つの島を現しています。

太平洋の離れ小島ハワイは何百年もの間、外界との交流はありませんでした。

しかし、18世紀後半にイギリスの探検家「ジェームズ・クック」がハワイ諸島を発見することで、ハワイの激動の歴史がはじまります。彼はまずカウアイ島に立ち寄り、ここから西洋人とハワイアンの交流がはじまりました。

西洋文化の流入はハワイにさまざまな恵みをもたらすと同時に、伝染病や武器なども持ち込みました。

伝染病によりハワイの人口は激減し、サトウキビ産業で働く労働者を海外からの移民として受け入れてまかなうしかありませんでした。

また、ハワイ王朝が誕生したのもこの時期です。
ハワイ王朝はカメハメハ大王のハワイ諸島の統一から、その後、リリウオカラニ女王まで、約80年続きました。

ホノルルには、今でも王朝ゆかりの建物や、街のあちこちに王朝ゆかりの人々の銅像が数多く残っています。

ハワイ州の誕生

1959年、アメリカ大統領のアイゼンハワーによりハワイ州がアメリカ合衆国の50番目の州として署名されました。そんなに昔ではないんですね。

ハワイを舞台にした人気海外ドラマ『HAWAII FIVE-0』の「FIVE-0」はアメリカの50番目の州だからです。

» ハワイの歴史を学ぶとますますハワイが好きになる

ハワイの意味

ハワイ (正式にはHawai’i ) の
「Ha(ハ)」 は、息、呼吸、生命の流れ、神聖なものとのつながり、
「Wai(ヴァイ)」 は 「水」、
「‘i(イ) 」 は 「スピリット、高次元の力」 の意味です。

すなわち、「ハワイ」は 「息と水と神聖な力」 のことで、「ハワイ」という言葉自体が、お清めのプロセスになっているそうです。

さて、この「ハワイ」という発音。日本では「ハワイ」と呼んでいますが、現地では [həˈwaɪ.i] と発音し、「ハワイ」と「ヘワイ」の中間の音です。

たしかに、英語のスペルも「Hawaii」と最後は「i」が2つです。

 

ハワイ州の主な産業は観光業です。観光客がハワイを楽しめるように、ホテル、レストラン、ショップ、アクティビティと本当に充実しています。

ハワイというとビーチにリゾートのイメージが強いのですが、地理や歴史をたどってみると、目の前に広がるハワイが理解でき、もっとハワイを好きになることでしょう。