大人がときめく幸せハワイ

ソウル・サーファー「soul surfer」

ソウル・サーファー

ソウル・サーファー

この映画はサーファー・ストーリーではありません。実在のサーファーの奇跡の復活を描いた勇気と感動の物語です。

STORY

ハワイのカウアイ島で暮らす13歳の少女ベサニー・ハミルトンは、プロサーファーを目指して、毎日海で練習をしていた。ある日、サーフィンの練習中にサメに襲われ、一命は取り留めたものの肩の下から左腕を奪われるという悲惨な事故に遭遇する。事故から1ヶ月、真っ先に海へ行き、サーフィンを再開。しかし、復帰後初の競技大会で思うような結果が出せず、もうサーフィンを諦めようとしていた・・・。

人々を勇気づける存在に

主人公役のアナソフィアは、サーフィンは未経験でしたが、この作品のために1日4時間、サーフィン、水泳、ウェイトトレーニング、ストレッチなど徹底的なトレーニングを1カ月間続け、サーフィンの技術をマスターしたという、まるで本作と重なるような努力の賜物。

本作の実在の主人公であり、プロサーファーとして活躍するベサニー・ハミルトン本人が彼女を指導したそうです。

心配しながらも温かく見守る家族や友人。片腕を失うという悲劇を乗り越え、再びトーナメントへと挑戦するベサニーの諦めない気持ちに惹かれ、やがて世界中の人々を勇気づける存在になっていきます。

どんな辛いことにも何か意味があると信じること。

ハワイのオアフ島のノースショア、カウアイ島の美しい映像もお見逃しなく。

ソウル・サーファー

ベサニー・ハミルトン

『ソウル・サーファー』の実在の主人公であるベサニー・ハミルトンさんの公式サイトはこちら
http://bethanyhamilton.com/