ハワイ旅行の各予約サイトの特徴を比較する

ハワイデビューは47才!大人がときめくハワイ旅

ハワイ旅行の各予約サイトの特徴を比較する

2016-02-18

タブレットを見る

公式サイトよりも予約サイトの方が安い価格のプランを見つけることがあります。
会員限定プラン曜日セールタイムセール直前割引価格や特典が用意されていたり、
価格の変動は頻繁にあります。

スポンサーリンク

予約のタイミングで料金は異なる

予約をするタイミングによってホテルの価格は変わり、
ホテルの空き室状況によってはさらに安いプランが出てきますので、
いつ安くなるのかを見極めるのはなかなか難しいです。

安くなるまで待っていたら「SOLD OUT!!」なんてことも。

例えば、こんなこともありました。

出発の2ヶ月前にホテルを予約サイトA社で予約しました。

ところが、数週間後に同じホテルをB社で見ると、予約した部屋よりもワンランク上の部屋が、セールによって予約した値段よりもお得な価格になっていた!!

そこでA社の予約をキャンセルして、
B社に予約し直しました(キャンセル料が発生する前だったから)。

このようにキャンセル料が発生しない間ならば、予約したから終わりではなく、時々、ホテルの価格をチェックしてみると、もっとお得に予約できることがあります。

ホテル予約サイトの特徴

JTB HAWAII TRAVEL.com

ハワイNo.1旅行会社のJTBハワイが運営する、ハワイに特化した新オンラインホテル予約サイト。
ハワイ各島(オアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島、モロカイ島)のホテルを網羅し、現地法人ならではの情報掲載と商品構成、そして安心感があるトラベラーも多いでしょう。

お客様一人ひとりのご要望に自信をもってお応えできるきめ細やかなサービスにこそ、JTBハワイが選ばれる理由があります。

特徴1 ご旅行の計画からホテル、ツアー、ご滞在中の移動の手配までサポート可能

特徴2 現地にJTBデスクが数カ所あり日本語対応OK。何かのときに安心!

Expedia(エクスペディア)

Expedia(エクスペディア)は、マイクロソフトの一部門から独立した世界最大の旅行予約サイトです。

世界3万都市、145,000軒の国内外人気ホテル、100社以上の航空会社と提携し、取り扱い数の規模は世界最大で、24時間いつでもオンラインからの空室検索と予約のほか、電話での相談(日本国内および世界主要都市からの通話無料)と予約も受け付けています。(ホテルは宿泊日当日まで予約が可能)

特徴1 他社より高かった場合は差額の2倍を返金

特徴2 出発日2週間を切った『直前割引』開催!

特徴3 Tポイントが貯まる

Agoda(アゴダ)

米Priceline.com(プライスラインドットコム) のグループ会社で、世界中のどの都市においても最低価格でホテルを提供することに焦点をあてているオンラインホテル予約サービス会社です。
トラベルモール・ウェブ・アワード・アジア(TravelMole Web Awards for Asia)で2008年アジアの「ベスト・アコモデーション・サイト」という賞を受賞。

アジア圏のホテルに強いサイトなので、ハワイのホテルの取り扱い数は他サイトよりも少ないかも。

特徴1 他社よりも高かった場合は、同等またはそれよりも安い価格で予約可能

特徴2 iPhoneアプリ、アンドロイドアプリ、ウィンドウズフォンアプリも提供

特徴3 キャンセル料が発生しない期間ならば予約時に課金されない

Hotels.com(ホテルズドットコム)

Hotels.com(ホテルズドットコム)は、Expedia(エクスペディア)の子会社で世界各国の言語や文化に合わせてローカライズした予約サービスサイトです。
独立系および大手ホテルチェーンからコンドミニアムまで、世界の 150,000 軒を超える施設を日本円での決済で予約することができます。日本国内通話無料の24時間電話サポートも安心です。
エクスペディアの子会社であることから、価格や取り扱い施設はエクスペディアとほとんど違いはありませんが、10泊分貯めればなんと1泊分の宿泊が無料になるサービスを実施しています。

特徴1 10泊すると1泊分の無料宿泊特典がある。

特徴2 他社より高かった場合は差額を返金

特徴3 最大40%OFFの直前割引、長期滞在の連泊割引開催!


スポンサーリンク

PAGE TOP

管理人プロフィールPROFILE

luna

管理人linakoです。ガイドブックだけではわからない「オトナ女子のためのハワイ旅」情報を。
詳しいプロフィール

ハワイ語を調べよう




MENU
HOME