海外旅行保険比較のポイントは何?持病があっても入れる?

ハワイデビューは47才!大人がときめくハワイ旅

海外旅行保険比較のポイントは何?持病があっても入れる?

2017-09-25

保険とは、そもそも万が一のトラブルのために加入するもので、海外旅行傷害保険もその1つ。

何も起きないことにこしたことはありませんが、万が一のためのものです。

実際に、海外旅行で急に体調が悪くなって意識を失い救急車で搬送された人や、緊急手術を受けることになった知人もいます。

「まさか、自分が海外で病院に行くことは無いだろう」と思うのが一般的な考え方ではありますが、自分だけは大丈夫などという保証はなにもありません。

今まで大丈夫だったから・・・ではなく、万が一に備えることは大事なことです。

スポンサーリンク

海外旅行保険は安心を買う

海外旅行保険

旅先でのアクシデントに対応するためのものです。

  1. 観光中にころんでケガをしてしまった。
  2. 車で移動中に事故に遭いしばらく入院に。家族を呼んで側でつきそって欲しい。
  3. 子どもが急に倒れてしまった。救急車を呼びたい!
  4. 発熱で薬を飲んでもちっとも熱が下がらない。
  5. 荷物を盗まれてしまった。
  6. ショッピング中、かばんが商品にぶつかって壊してしまった。
  7. 到着空港でスーツケースが出てこない!仕方無いので身の回りのものを購入した補償は?

このように、こんなアクシデントで発生する費用をカバーするのが海外旅行傷害保険です。

現地では、日本の健康保険証は使用できません。治療を受けた場合は、基本的に医療費を全額を支払うことになります。(※平成13年から帰国後、申請すると支払った医療費の一部の払い戻しを受けることができます。)

ここで注意しなければならないことは、ハワイの医療費はアメリカの中でも一番の高額であること!

日本の約10倍以上の金額です。



アメリカ合衆国(ホノルル)の医療事情

病院

救急車の料金:82,000円~
初診料:15,400円~
病院部屋代:330,000円(個室)、880,000円(ICU)
虫垂炎手術の治療費:3,000,000円(入院日数2日)
骨折時の治療費:50,000円
※ジェイアイ損害火災保険株式会社のサイトより

ハワイで虫垂炎(盲腸)になったら300万円かかるということです。

医療施設及び医療技術についても問題なく,日本語を解する医師も多くいますが,病院の治療費,入院費は極めて高額で救急車も有料です。
渡航の際は海外旅行者保険への加入を強くお勧めします。
常夏のハワイでは年間を通じ快適に過ごせますが,現地と日本の気候や時差の違いもあるので,持病のある方や幼児,高齢者の方は初日から無理をしないなど余裕を持った日程にすることが賢明です。
外務省海外安全ホームページ

海外旅行保険加入の必要性

米国国内で入院治療を受けたものの,保険に加入していなかったために,莫大な治療費の支払いに苦しむ邦人旅行者が後を絶ちません。
ハワイ州も病院の医療費は,極めて高額となっており,ICUに収容されると1日5千ドル以上かかる例も少なくありません。救急車も有料で状況に応じて数百ドル~千ドルを超える費用がかかります。
2週間程度の入院・加療により,病院側から総額30万ドル(約3,000万円)を超える請求があった例も報告されています。
海外で事件・事故に遭う可能性は滞在期間の長短には関係がありません。
海外を旅行する際は,海外旅行保険に加入されることを強くお勧めします。
なお,既往症のある方の場合や,危険を伴うスポーツやレジャーなどに参加される場合には保険が適用されないケースもあるので,保険会社に照会するなどした上,あらかじめ十分な保険に加入しておくことを強くお勧めします。
また,クレジットカード付帯の保険は,往々にして限度額が数百万円程度である等,重篤なケースでは十分に対応できないことに留意すべきです。
外務省海外安全ホームページ

医療費を現地でクレジットカードで支払うとしても、カードの限度額に達してカードで支払いができないなんてことになりかねません。

クレジットカード付帯の海外旅行保険

クレジットカード

海外旅行保険がクレジットカードに付帯している場合もありますが、旅行に関する費用をそのクレジットカードで支払わなければならないなど条件付や、保障内容が小さく、死亡や後遺症傷害のみで、携行品・賠償責任・救援者費用などの補償が無い場合があります。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険は上限が限られ、保障が小さい場合は自己負担が多くなります。

まず、ご自身のカード付帯の補償内容に具体的に何が補償されるのかご確認下さい。

具体的に何が補償されるのか考えた保険内容が不足の場合は、海外保険に加入されることをおすすめします。

海外旅行保険契約確認書を改めて良く見る

ご参考までに「ネットde保険@とらべる」に加入した海外旅行保険の補償内容および保険金額は以下の通りです(2016年時)

●傷害死亡:¥20,000,000
ケガが原因で死亡した場合に支払われる保険金 。

● 傷害後遺障害:¥20,000,000
ケガが原因で後遺障害が残った場合に支払われる保険金 。

治療・救助費用:¥20,000,000
ケガや疾病で治療を受けた場合に支払われる保険金。
旅行中にケガや病気で入院した場合、日本から親族などが現地に向かう際の交通費と現地での滞在費が補償される。

● 緊急歯科治療費用(縮小割合50%):補償
緊急歯科治療を開始された場合、支出した費用で社会通念上妥当な金額の50%にあたる額が支払われる。

● 疾病死亡:¥20,000,000
病気が原因で死亡した場合に支払われる保険金 。

● 賠償責任:¥100,000,000
誤って人にケガをさせたり、物品に損害を与えた場合に支払われる保険金 。

● 携行品損害:¥300,000
身の回りのものが盗難に遭ったり、破損などの損害を受けたりした場合に損害額が補償される。
例:観光中に石につまずき手に持っていたカメラを落として破損
ショッピング中スリにあい財布とスマホが盗まれた(現金・クレジットカードは保険の補償対象外)

● 航空機委託手荷物遅延等費用:¥100,000
航空機に預けた手荷物の到着が遅れ、身の回り品等を購入した場合、その費用が補償される。

● 弁護士費用等:¥1,000,000
旅行中の被害事故により弁護士費用を負担したとき。

● テロ等対応費用:¥100,000
テロにより交通規制がひかれて帰国できなくなったとき。

そして、合計保険料は ¥3,170です。(※リピーター割引適用)

海外旅行保険で重視するポイントは?

保険というと、死亡時の保険金がいくらなのかに目が行きがちですが、自分で支払わなければならなくなった費用の負担ということを考え、治療・救助費用がどれだけ手厚くなっているかがポイントでしょう。

個人的には、この保証が¥20,000,000あれば、なんとかなるかなと思います。

持病がある場合

治療中の病気や、持病で薬を服用していると加入できない保険会社もありますので、健康に関する事項の確認が必要です。

三井住友海上(ネットde保険@とらべる)

・現在、病気またはケガなど健康に異常がある方は被保険者とする契約はできません。

エイチ・エス
ネット申し込みの「スマートネッとU」では契約できません。エイチ・エス損保取扱代理店頭契約の海外旅行保険の加入を検討になります。

AIU海外旅行保険

保険期間31日以内の場合:健康に関する告知は不要です。
保険期間32日以上の場合:下記に該当しない場合にはご加入が可能です。
・現在、ケガや病気で医師の治療・投薬を受けておられるか、または医師から精密検査、定期的な診察、治療、投薬などのいずれかをすすめられていますか?
・これまで継続して1か月以上入院されたこと、または脳疾患、心疾患、ガンなどの重傷病を患われたことがありますか?

ジェイアイ障害火災(t@biho)

どのようなご病気かにかかわらず、加入可能。
※ ただし、現在治療中の病気、旅行出発前に発病した病気による治療費等はお支払いの対象とはなりません

入院期間や回数にかかわらず、既に完治されていれば加入可能。
※ 既往症:今は治癒しているが、以前にかかったことのある病気

また、他の海外保険会社では、一般的に始期日時点で70才以上の方を被保険者とする契約はネットではできませんが、t@bihoは99歳まで加入可能。

このように、補償の対象となる方の年齢別の保険料を採用しているので、年齢により保険料が異なります。50代以降は保険料金が少し高くなります。

海外旅行保険各社比較

50代・一人・4泊6日のハワイ旅行という前提で、損害死亡が3000万円の場合に合わせて各社を比較しました。(2017年9月時点)

詳細はこちらから ジェイアイ
T@biho(タビホ)
三井住友海上
ネットde保険@とらべる
AIU エイチ・エス
損害死亡 3000万円 3000万円 3000万円 3000万円
損害後遺症害 3000万円 3000万円 90~3000万円 3000万円
疾病死亡 1000万円 3000万円 1000万円 3000万円
治療・救援費用 5000万円 3000万円 無制限 治療:無制限
救援者:3000万円
緊急歯科治療 10万円 補償あり 10万円
個人賠償責任
(自己負担額なし)
1億円 1億円 1億円 1億円
携行品損害
(自己負担額なし)
30万円 50万円 30万円 30万円
航空機寄託手荷物遅延
(定額払型)
1万円 10万円 5万円 10万円
弁護士費用等 100万円 100万円
テロ等対応
(日額)
1万円 10万円
基本保険料
(合計保険料)
3,840円 3,800円 7,400円 3,650円

歯の治療はどうなるか?
交通機関へのテロ行為等の事由により帰国が遅延した場合?
など詳細は保険会社によって異なりますので、各会社でご確認ください。

保険会社の情報は定期的に変わりますので、加入時は内容をよくご確認ください。

私が毎回加入する保険料は3,000~4,000円です。このお金があればお土産が買えますが、安心を買うことにしています。


スポンサーリンク

コメントを残す

*

PAGE TOP

管理人プロフィールPROFILE

luna

管理人linakoです。ガイドブックだけではわからない「オトナ女子のためのハワイ旅」情報を。
詳しいプロフィール

ハワイ語を調べよう




MENU
HOME