壁がない空港?南国情緒たっぷりコナ国際空港

ハワイデビューは47才!大人がときめくハワイ旅

壁がない空港?南国情緒たっぷりコナ国際空港

2016-06-03

トラップを降りる

ハワイ島に向かうために、ホノルル空港で乗り換えてからコナ空港へ。 今まで降り立った空港で一番驚いたのがここコナ空港。え?ここが国際空港?

スポンサーリンク

ハワイ島の西の玄関口コナ空港

飛行機からはタラップを降りていきます。
飛行機が近い

タラップを降りてトコトコと歩きます。
コナ空港

この屋根の先に空港が構えているかと思ったら、 南国情緒あふれるこの屋根の下が空港です。壁が無い・・・。かろうじて屋根はある
ここが空港

空港コードは「koa」 国際空港です。といっても、今は国際線はカナダのバンクーバーからの便のみです。滑走路は1本!

搭乗ゲートは複数ありますが、どのゲートであっても待機場所はひとっ所なので、みんなこの辺りにのんびりと座っています。

ここは屋根も無い。空港内で日焼けします。
ALOHA

フラの像がありました。
中庭のフラ像

南国情緒た~っぷり!!このの~んびり感がなんともいいんです。余計なものがデトックスされる感じ。
南国ムード一杯

ターンテーブルの周りにも壁はありません。
ターンテーブル

え?!空港内をランニングしている人がいる!」空港職員なのでしょうか?それとも違うのか?誰でも侵入できそうで判断つかない・・・。

セキュリティーの並んでいる列と、空港の外の境目はロープ1本でした。しかし、セキュリティチェックはからだがスッケスケになって見える最新のシステムが導入されています。

考えようによっては、コナ空港は安全な空港と言えるかもしれませんね。

コナ国際空港MAP

kioskっぽい売店とちょっとしたおみやげ屋さん、カフェがあります。

コナ空港からワイコロアへ

コナ空港からワイコロアへ向かいます。レンタカーで30分くらい。真っ黒な溶岩の上に道路があることがわかります。

2年くらい前まではコーラル文字といって、どこから持ってきたのか白い珊瑚で文字のいたずら書きのような文字が道路の両サイドにたくさんあったのですが、今は撤去されているそうです。定期的にお掃除をしているので文字は壊してしまうそうだ。

その代わりにこのモアモアした植物がたくさん生えている。溶岩の上にも100年以上たつと植物が生息できるらしい。
車からの風景

コーラル文字
これがかつては道の両サイドに見られたコーラル文字(白珊瑚文字)。今はなくなってしまいました。

この開放的な雰囲気、見渡す限り溶岩大地。そして、4000m級の山、マウナケアが見えてきます。
コナ空港から車でワイコロアへ

マウナケア

羽田空港からコナ空港への直行便が!!

2016年、羽田空港からからハワイ島コナへのハワイアンエアラインの直行便の就航も決定しました。「コナ発の機内食はどこで作るのか?」というような課題も残っていたそうですが、2016年12月21日(コナ発20日)に羽田~コナ線を開設。

運航開始となる羽田~コナ線
HA852便:羽田(23:55)発~コナ(12:15)着(水・金・ 曜運航)
HA851便:コナ(17:05)発~羽田(翌日22:05)着(火・木・ 曜運航)

ハワイ島が近くなります!!待ってましたー♪ブラボー!!

やったー!

コナ国際空港(Kona International Airport)


スポンサーリンク

PAGE TOP

管理人プロフィールPROFILE

luna

管理人linakoです。ガイドブックだけではわからない「オトナ女子のためのハワイ旅」情報を。
詳しいプロフィール

ハワイ語を調べよう




MENU
HOME