アサイーボウルを食べてみる

ハワイデビューは47才!大人がときめくハワイ旅

アサイーボウルを食べてみる

2016-01-23

ブラジル国旗

ハワイのスイーツとして「アサイーボウル」のイメージがとっても強いのですが、
アサイーはハワイではなくブラジル・アマゾンが原産の果物。

とは言っても、ハワイにはアサイーボウルのお店がたくさん。
やっぱり食べとかなきゃって思ってしまう。

スポンサーリンク

1回目のアサイーボウル

ハレイワで偶然入ったお店で食べた「ラニカイジュース」のアサイーボウル。

ラニカイのアサイーボウル

有名なお店だったとはそのときは知らなかった。
1ボウル、とっても1人では食べきれない。3人でいただきました。

2回目のアサイーボウル

ワイキキで、家族が食べてみたいと言ったので、通りがかりのお店で、アサイーボウルのテイクアウト。

アサイーボウル

こちらのお店はパイナップルで有名なお店「パイナップルクラウン」でした。

地図

オアフ島では家族経営の最後のパイナップル農園だそうです。
由緒正しいお店だったのだ、こちらのお店のパイナップルは現地の人がおすすめするほど美味しいそうです。

パイナップルの味が効いていて、メリハリがあって「パイナップルクラウン」のアサイーボウルはいけてる!美味しい!

私たちの前のお客さんがパイナップルを誰かに贈るのだろうなぁ?というくらい慎重に、あれこれ試食もして、店員さんに質問して、なかなか定員さんを解放してくれない。

私たちは、Waiting・・・。お店出ようかなぁと思ったときに
店員さんから「こちらのお客様が終わったらすぐ対応しますから、ちょっと待っててね」的なアイコンタクト。
ほぼ、テレパシー。

はーい、お店の中を色々見ながら、気長に待っていました。

前のお客さんは、あれだけ時間を使って、なんと、買わずに帰られましたー。何が決め手にならなかったのか?

アサイーのパワーって

その抗酸化性の高さから「スーパーフルーツ」と言われています。
抗酸化作用のある栄養素であるポリフェノールがブルーベルーの18倍!

香りがほとんどなく、甘味やすっぱさやは無いのですが、独特のドロっとした触感。
なーんとなく、さといもっぽい。この味は、苦手って人もいますよ。

抗酸化物質(ポリフェノールの一種であるアントシアニン)や、必須脂肪酸(オメガ6、オメガ9)などの栄養素を豊富に含み、糖分は一切含まないってところが素敵!

アサイーだけ食べると味が単調なので、おそらく飽きるので、フルーツやグラノーラをミックスして、アサイーボウルとしているのでしょう。癖がないぶん、どんな食材にも合うので、アサイーボウルはお店によってバラエティ豊かです。

サンバゾンのアサイードリンク

ABCストアーやスーパーでサンバゾンのアサイードリンクが売られてます。
ドロドロしたネクターのようなジュース。

アサイーは、からだに良いって聞いちゃうと、左脳が先行して積極的にとりいれようと、ハワイに行くとサンバゾンのアサイードリンクを何本かホテルの冷蔵庫にキープしてしまうのでした。毎朝いただきます。
ちょっとお値段高めなんですけどね、ハワイにいるときは気にしない。


スポンサーリンク

PAGE TOP

管理人プロフィールPROFILE

luna

管理人linakoです。ガイドブックだけではわからない「オトナ女子のためのハワイ旅」情報を。
詳しいプロフィール

ハワイ語を調べよう




MENU
HOME